• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

もやっとした1年だった(2,100字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

もやっとした1年だった(2,100字)

2013-12-30 06:00
  • 2
「2013年」は「もやっ」とした1年だった。
個人的にももやっとしていたが、ぼくは、ぼく自身が「世間というフィルターを感知するアンテナ」たらんとしているので、その論でいうと、おそらく世間ももやっとしていたということになるだろう。
そして世間がもやっとしていたということは、それを形作っている多くの人々も、やっぱりもやっとした1年ではなかったかと想像する。

もやっとした原因の一つに、「日本の右傾化」というのがあるだろう。ぼくは、政治的には基本的にノンポリの立場を貫いているが、それでも、日本の右傾化が促進したことは大いに気がかりだ。
いわゆる世論というやつは、これはもうはっきりと右傾化していて、静かに、しかし確実にその勢力を増している。そのことを、少し、いや、かなり心配しているのである。

それに対して、左翼的な人々は抵抗を試みているが、ぼくは、そうした試みは全て失敗に終わるだろうと予想している。なぜかとい
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
波が反転するまでと反転した後のことを考えて、右翼左翼という仮想世界とはまともに付き合わずに、統治や経済システムのような別の仮想世界の枠組みを利用して「バカに見られる」ようにふるまうということでしょうか。
73ヶ月前
userPhoto
岩崎夏海
×
>>1
まさにその通りです。
ただ、「まともに付き合わず」というふうだとちょっとうえから目線で恨まれてしまうので、「そんな難しいことは分からない」という下から目線で、リスペクトの心でもってそこに近づかないようにするというのが、「バカに見られる」ということの極意かと思います。
73ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。