• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

競争考:その18「夕陽的とは何か?(前編)」(1,901字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

競争考:その18「夕陽的とは何か?(前編)」(1,901字)

2014-08-26 06:00
    自然と怒れるようになるためには、物事の正誤の判断が必要だ。
    しかし、正誤の判断を誤ると、重大な禍を招く危険性がある。
    そこで、正しく正誤を判断しなければならないのだが、このとき、物差しとなるのは「絶対的な価値」だ。

    では、「絶対的な価値」とは何か?――といえば、いくつかあるが、そのうちの重大な一つが「夕陽」である。夕陽の美しさは絶対的な価値なのだ。
    だから、夕陽の美しさに鑑みて正誤の正しさを判断すれば、誤りが少なくなる。ある事象を見て「夕陽的か否か」が分かれば、その判断がつくのである。

    では、「夕陽的」とは何か?
    今回は、そのことについて考えてみたい。


    「夕陽的」とは何か?
    それは、言い換えれば「夕陽はなぜ美しいのか?」ということになる。
    では、なぜ夕陽は美しいのか?
    なぜ、誰も夕陽の美しさを否定できないのか?
    その答えの一つは、夕陽が「昼」と「夜」の両方をはらんでいる――ということだろう。

    夕陽は、昼と夜の両方
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。