• このエントリーをはてなブックマークに追加
夏休み男性学祭り(最終回:『見えない男性差別 ~生きづらさの理由~』)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

夏休み男性学祭り(最終回:『見えない男性差別 ~生きづらさの理由~』)

2015-08-28 18:34
  • 6

9d71a0266d1e2885a856138c4e37aafe7a4bbfae

 何だかすっかり涼しくなって来ましたね。
 ローソンとセブンイレブンがおでんの安売りの予告なんかしてましたが、毎年こんな早くから売り始めるモノでしたっけ? それとも冷夏だから特別?
 さて、そんなわけでこの夏を通して行われた「男性学祭り」も今回が最終回。
 そもそも「男性学」「マスキュリニズム」復活のきっかけになったのはこの御仁の活動がきっかけではないか……とぼくが睨んでいる、久米泰介師匠。その『日経ビジネスONLINE』での連載を、祭ってみましょう。
 なお、この連載の前フリとも言える記事についてのぼくの所見は、「「女は「ガラスの天井」、男は「ガラスの地下室」男性の「生きにくさ」は性差別ゆえかもしれない」を読む」を参照してください。
 また、それぞれの記事に「第○回」と付しましたが、これは元の連載にはなく、こちらが便宜上につけたものであることをお断りしておきます。

第一回 タイタニックから逃げられない男たち 「男性は強者である」という神話

 まずはこの表題、そして

 男性差別を可視化するには、まず「男性=強者、女性=弱者・マイノリティ」という構図が「神話」であるということを解明しなくてはならない。


 といった箇所が象徴するように、スタート地点ではぼくと久米師匠は全くの同意見、師匠のおっしゃることに100%賛成です。
 しかし記事後半、「フェミニズムもマスキュリズムもゴールは同じ」という節タイトルを見るに、脳裏にふと不安が過ぎり……そして大変に悲しいことなのですが、その予感は的中することになってしまいます
 師匠は「欧米の軍隊においても女性は守られている」というご自分の訳書には書かれていた*1事実を伏せ、

 例えば兵役が男性だけに強制されていることを、マスキュリズムは「男性の命を犠牲にする男性差別だ」と批判するし、フェミニズムは「女性が指導的地位に就けないから兵役が男性だけなのは女性差別だ」と言ったとしても(後者は男性への差別を見て見ぬふりをする言い分のようにも取れるが)、いずれにせよゴールは一緒で、兵役を男女平等にするということだろう。


 と書きます。上野千鶴子師匠が兵役について問われた時、答えをはぐらかしたことなど、彼はご存じないのでしょうか。

*1 男性権力の神話 《男性差別》の可視化と撤廃のための学問

第二回 男性のレイプ被害者「ゼロ」の日本 口に出せず、ケアも受けられない

 ここでも師匠は

男性差別撤廃のゴールは、政治家の男女比、管理職の男女比、自殺者における男女の割合、片親家庭の父母の割合、離婚後に親権を取る父母の割合、これらがすべて等しく5:5になることだろう。


 と飛ばしまくります。
 ぼくはそんなことは目指すべきではないし、「ジェンダーフリー」の失敗を見るに、目指してもムダだと考えるのですが(しかし「自殺の男女比も平等にせよ」などとぎょっとすることを平然と口にする蛮勇ぶりは、ちょっとステキです)。
 彼のスタンスは徹底的なジェンダーフリーであり、

 もし男性差別を感じたり、その当事者になったりしても、「復古主義者たち」にはならないでほしい。フェミニズムを批判すると復古主義者に吸収されたり、同調してしまったりする人が結構いる。しかしそれでは男性差別はなくならないし、解決しない。時計の針を元に戻すことなど不可能だし、性差別の根本的な解決にはまるでならない。


 と腐します。
 しかしぼくには、彼らのような特殊な偏向を持った人々が口にしたがる「復古主義者」というのがどこにいるのか、全く見えてきません
 恐らくですが、久米師匠には兵頭新児が「復古主義者」に見えていることでしょう。
 しかしぼくは殊更にかつての日本が素晴らしかったとのヴィジョンに取り憑かれているわけではなく、彼らの脳内では「あったこと」になっているジェンダーフリーの無効性を鑑み、ひとまずそのイデオロギーには退場していただく他ない、との考えを持っているだけなのです(或いは、彼らにとっては「さすがに共産主義はないだろう」というスタンスの人も復古主義者に見えているのかも知れません)。

 さて、この回は表題が示す通り、少年の性被害の多さについて嘆く箇所がメインです。その志自体は賞賛するにやぶさかではありません。ですが、しかし、それならば、フェミニストたちが少年への性被害を必死になって隠蔽し続けていることに対して、少しは憤ってほしいのですが……。

第三回 「女も戦場へ」は何をもたらすか 兵役という男性差別

 女性が戦場に行くべきかという問いについて、実のところぼくは理念としては賛成です。
 恐らく軍隊においても男性がやることが望ましい力仕事以外の作業はいくらもあるでしょうし、今時、女性の生命ばかりを優先して守ることはない。
(その意味で、やはりぼくは「復古主義者」ではないはずなのですが、師匠はそう言っても納得しないだろうなあ……
 南北戦争で起こったエピソードを、師匠は挙げています。

 南部の男性たちの徴兵反対運動は、南部の女性たちの「戦争に行かない男とは私たちは結婚しない」キャンペーンにより、強力なダメージを受けた。その後、南部の徴兵反対運動は挫けてしまう。


「女性は平和的な生物だ」などという神話を打ち砕くこの指摘は、非常に重要です。またそうした南北戦争で戦った男たちを、フェミニストが後年「男たちの暴力」と糾弾したこと、そのダブルスタンダードの卑劣さをも、師匠は指摘します。
 ノルウェーの徴兵制の男女平等化に諸手を挙げて賛成する師匠。
 その勇気は賞賛に値するとも、アカデミズムというバックボーンがあるだけで、ここまでの「危険思想」の表明が許されるのかとため息が漏れたりもします。だってぼくが言ったらきっとこれ、袋叩きですよね
 もっとも、欧米のフェミニストが軍隊に進出しようとしている様を採り挙げ、無批判で賞賛するのはどうかと思いますが(実態は先にも挙げた通りであると、師匠も知っているハズですから)。

第四回 「恋愛をリードできない男は逸脱者」という男性差別 性役割の不平等が生む「デートレイプ」と「草食男子」

 今回、久米師匠は真っ先に「デートレイプ」の問題を持ってきます。
 それはまるで、『女災社会』の一章が性犯罪冤罪について、に割かれていたのと同様に。
 以降も「「加害者」は必ず「男性」」という節タイトルが象徴するように、久米師匠の筆致は男性の「加害者扱いされることの被害者性」をラディカルに論じていきます。もっともそこまでラディカルに「真実に気づいて」しまった人であれば、フェミニズムが完全なる妄論だと気づくはずなのですが。ちなみに「妄論」という言葉は今、ぼくが作りました

 実は今回、正直なところ表題を見た時点できな臭いものを感じとってしまいました。
 結局、ここへ来て久米師匠、ジェンダーフリー論者の言説はその「無効性」を露呈せざるを得なくなるわけです。
 要は、「ジェンフリ論者」は「モテない」からです。
 いえ、「女災」論を学んでもぼくたちは「モテ」るようにはなりません。しかし「ジェンフリ」をフォーマットとする「マスキュリニズム」は(商売の都合上)あり得ない未来のヴィジョンを提示し「こうすればモテるよ、何となればもうすぐジェンダーフリー社会が到来するのだから」とのウソを垂れ流す「来る来る詐欺」に、どうしてもなってしまうベクトルを持っているのです。
 その結果何が生まれるのか。
 泣きながら「女性のみなさん、ぼくたち草食系男子です、つきあってください!」と哀願する森岡師匠*2、そして「女性のみなさん、『スラダン』の木暮君のファンになってください!」とストーカーのようにつきまとう田中師匠*3が生まれてくるだけです。

 結局、そこに気づけなかった師匠は以下のように結論します。

 だから恋愛における性役割でも、そのコストやリスクについて男女が等しく引き受け、恋愛において男女のどちらも、アプローチをかけたり受け身でいたりすることが共に許される社会にすべきだろう。


 それは「反原発」同様に、理念としては大変に結構なのですが、どのようにすればそのような夢の社会が来るのかが、全く見えてきません(また、いつも指摘する通りにこうした男女ジェンダーが消失した社会では「萌え」も「BL」も消え果てていることでしょう)。
 久米師匠はスタートラインでは「女災」理論に辿り着いた。しかしどこをどう間違ったか、結局は「ジェンダーフリー」を持ち出してお茶を濁さざるを得なかった、「復古主義者」なのです。

*2 最後の恋は草食系男子が持ってくる
*3 男がつらいよ

最終回 母系社会がはらむ、語られない男性差別 日本が抱える社会の不思議な二重構造

 要は「日本は母系社会なのでそもそも男尊女卑ではない」との主張なのですが、正直、ぼくにとってはあまり興味の持てる話ではありませんでした。父系社会であるらしい欧米も当然、男尊女卑社会などではないのですから。
 とは言え、これについては以前も一読し、当ブログのコメント欄で好意的に評しました。
 というのも師匠が

要するにフェミニストには、男女平等を目指す者と、女性優位をどこまでも求める者の2タイプがいるのだ。後者に対しては学問上で徹底した批判が必要だろう。


 と断言しているからです。

 そろそろ結論をまとめることにします。
 上の師匠の発言、大変に賛成できる、頼もしいモノです。
 しかし同時に思うのです。少なくともこの師匠の言に添った文脈で言うのであれば、この世に「男女平等」を目指すフェミニストなど、どこにもいないのではないか、と。
 フェミニズムとは「男性が根源的絶対的徹底的に女性を搾取し、利を得ているのだ」という世界観を前提とするガクモンです。ぼくはこれを全く認めませんが、いささかなりともフェミニズムを認めるのであれば、フェミニズムが「女性優位をどこまでも求める」ことは当たり前であり、正当であるとしか言いようがないのです。
 ぼくが最近よく言う、「ツイフェミ」を、「ラディフェミ」を批判する「表現の自由」クラスタも同じような過ちを犯しているように思います。
 彼らはグルに頭にはめられた緊箍児(孫悟空の頭のアレね)のせいか、フェミニズムは正しいのだ、ツイフェミは、ラディフェミは悪だが、真の、正しい、善なるフェミニストがどこかにいるのだと言い続けます(が、そのフェミニストの具体例が挙がったことは一度もありません)。
 しかし彼らの(それ自体は大変に正当で鋭い)フェミ批判自体、そもそもフェミニズムを理解していれば出てくるはずのないモノ。
 フェミニズムを適切に批判し、フェミニズムを盲目的に擁護し、フェミニズムを全く知らない。
 それが、彼らの摩訶不思議な実態です。
 ぼくはついつい彼らを攻撃してしまいますが、彼らは「悪の洗脳を抜け出そうと葛藤を続けているライダーマン」なのかも知れない、もう少し優しく接してやるべきなのかも知れない、とも思います*4
 久米師匠にも全く同じことが言えましょう。
 本連載がきっかけで始まった「男性学祭り」ですが、伊藤公雄師匠、田中俊之師匠などといった「男性学」を称する人々の筆致からは、いずれもフェミニズムへの無制限無批判無限大の忠誠心、男性への無条件無軌道無反省の憎悪が溢れていました。
 それに比べ、久米師匠の筆致からは男性への愛情を、フェミニズムへの懐疑を、何より「女災」理論に一歩近づく先進性を感じ取ることができました。
「後、もう一歩」と感じると共に、ジェンダーフリーへの無思慮無勘定無定見の信仰心は危うくも感じます。
 最終回での頼もしい宣言のごとく、久米師匠はこれからフェミニズムに対して知見を深め、堂々と批判をしていくのか、それとも大人の事情で、それはしないのか。
 ぼくたちは温かい目で、それを見守っていくべきかも知れません。

*4 『仮面ジェンダーV3』第44話「ツイフェミ対弱者男性」参照。

×
はじめまして。
兵頭様の記事を今まで拝見させていただいて、自分の中に湧き上がってきたものがこらえ切れずにコメントさせていただきました。
私事ですが、中学生の頃、スティーヴ ジョーンズ著「Yの真実-危うい男たちの進化論」をたまたま読みました。といっても流し読みですが・・・・
子供ながらに自分の性である、「男性」を否定されたことは分かり、文字どうり打ちのめされたことを記憶しています。
自分も好きで男として生まれたわけはないのに、なんでここまで否定されなければいけないのか。
これが自分の「性」について考察していく入り口となりました。
今現在、私の、「フェミニスト」の印象を申し上げれば、端的に言えば、「男のすることは何が何でも否定し、女のすることは何が何でも肯定する。」これに尽きると思います。
この世で起こる不幸な出来事は全て「できそこないのY染色体」に全て還元されてしまう。

あと、今まで様々なフェミニストの主張を読んでいて感じるのは、『「男は、女をモノとして支配したがっているという願望を持っている」という願望 』を持っている、という事でした。
「出来損ないの男」は、「支配したい」「モノにしたい」と思うくらい「生物として完璧である女」を求めてほしい、欲してほしい。だが、それを「私達」は毅然として拒否する。「私たちは支配されない、モノではない。」そして男を「成敗」する。こうしてフェミニストのオナニーは完結するわけです。

駄文失礼いたしました。分かりにくい文章ですいません。
私も男という性をもって生まれたからには少しでも自分の「性」を肯定して生きていきたいと思います。



52ヶ月前
userPhoto
兵頭新児
×
はじめまして!
本当にフェミニストたちの男性への憎悪は病的ですが、それに乗っかる男性たちも、見ていて卑劣極まりありません。
彼らは「男という強きをくじき、女という弱きを助ける正義の味方なり」との自意識を強固に抱いていますが、実際には安全地帯から存分に叩くことを許されている存在を叩く、単なる弱い者いじめが大好きなだけの連中です。

実は『Yの真実』、全く知らなかったのですが、おっしゃっていること、そしてAmazonをざっと見て、「あぁ、『できそこないの男たち』の元ネタか、と思い至りました。
『できそこないの男たち』は新書でベストセラーとなった、「男は女という完全生物の出来損ないだ」と論じる本ですが、恐らく『Yの真実』も同主旨かと思われます。
『できそこない――』については以前、レビューしたこともあります。
(http://blog.goo.ne.jp/hyodoshinji/e/fe4db1891956f35456723310a3548de8)
この本こそがいかに出来損ないか、こんな本を持ち上げるインテリ連中の脳みそがいかに出来損ないか、お読みになればご理解いただけると思います。

>私も男という性をもって生まれたからには少しでも自分の「性」を肯定して生きていきたいと思います。

そうですね。
ぼくもまず、こうしたことを書いている目的の第一はそれです。
フェミニストたちのご機嫌を取るため、プライドを捨て、弱い者いじめに勤しむインテリ連中は本当に、卑劣で最高に格好が悪いと思います。
52ヶ月前
×
>>2
返信ありがとうございます。
『できそこないー』のレビューを拝見させていただきました。「女」という強者に媚を売り、立場の弱い男性を貶める「女々しい者たち」は許せないと思います。

「できそこない」いやな言葉です。
「できそこないの○○」
身体障碍者、少数民族etc....。もし○○に以上のような言葉が入っていたら、(内容にかかわらず)発禁処分になっていたのではないでしょうか。それが「男」になると発禁どころかベストセラーになる・・・・。
こういう人たちにとって、「男」というモノは本当に便利なんでしょうね。
胸糞が悪くなります。


52ヶ月前
userPhoto
兵頭新児
×
ホントそれです。「お前たちは欠落があるんだから威張るな!」というならば障害者も威張れないことになってしまう。
そこは不問にしてあげるにしても、相手を下品に罵ることが「批判」だと思っているどうしようもない頭の悪さですが、男性が「そこまで貶めなければならないほどの悪であり、権力である」という彼らの前提が、ぼくにはどうしても理解できない。

彼らも無意識の中では「女の味方をした方が得」とわかっていて、男(の中でも、弱い者たち)を叩いているのでしょう。
52ヶ月前
×
お久しぶりです、今年の夏祭りを久米シショーで締めくくって頂いた事には
私も少なからずの責任を感じておりますorz

一言に今の日本社会は「男の器」を都合の良い「廃棄物処理場」にしているのだと考えています。
先のナオさんのご意見とも関連して、兵頭さんが赤木智弘さんの著書を紹介した記事の
ちょうど2週間前にこんなものがありました。
http://www.j-cast.com/2014/01/10193930.html?p=all
「迷子に「どうしたの」と声かけるべきか 「不審者」扱い怖く、「110番」した実例巡り議論」
これこそ正に証左ではないでしょうか?
以前と被ることを承知で申し上げると、「男性が社会で弱者を護り抜く役割」を主張する一方で
男性の権利や推定無罪の原則はなし崩しに吹き飛んでいきます。
その上で、「男らしさ」だ「勇敢さ」だの、はたまた「地域の絆」等と述べられる。
そして、アカデミズムを後ろ楯とした似非インテリ共は「できそこないの男たち」や
「絶望の国の幸福な若者たち(古市憲寿著)」の様なものがベストセラーになる…
これをマッチポンプでないとなら何だというのか!?
大体、「Y染色体」とは人間が進化の過程で「適応化」して雄という性別を生み出したという
行動生物学上の事実に過ぎない。それを社会学の領域に持ち込んで論じるとはKKKも真っ青だな。
一度でいいからリチャード・ドーキンスでも読んでみろ!
連中にはフランシス・ゴールトン(優生学の提唱者)の方が相応しいでしょうが(笑)
「女性は完全生物である為に何があっても護らなければならない、
辛く汚らしいことは男共にでもやらせておきなさい」
「え、嫌だって?そんな事でどうする!?
男子の本懐はないのか、ヘタレ草食系の女々しいクソ共が!」
「不完全な生物」である男性が自殺者・3K労働や原発事故の労働者・作業員の大半を占めている現実は何なのか。
飛躍を承知で申し上げますが、ナチズムやスターリニズムと新自由主義(ネオリベラリズム)が
最悪の形で融合した結果だ。
これも被りますが、しかもそれに乗ずるインテリ共にはTPPとか新自由主義に賛成反対以前に
体制側、即ち保守層・右派が我が物顔でふんぞり返っている。
彼らの口癖も「嘗ての日本男児は死んだ、これからは女性の活躍だ!」
(リベラル層・左派の偽善性についてはもうあからさまな上に飽きたので割愛します、
考えるだけでも胸糞悪…)
勘違いで無能な馬鹿マッチョイズム・マスキュリズムはフェミニズムとの共同謀議者である。
その点に於いて「フェミニズムもマスキュリズムもゴールは同じ」という久米シショーの言葉は
ニュアンスにのみ、やや強引ですが正当性を保持し得るでしょうなぁ(苦笑)

福島にゴジラがやってきても変わらない世の中ならば、徹底的に無視して差し上げましょう。
彼らが惨たらしい死に様を魅せつけて下さるように祈り、冷笑と哄笑を振りまきましょう。
私はもうそこまで行き着いてしまいましたよ…

「自分の罪でがんじがらめになった売春婦と政治屋どもは終いには天に向かって叫ぶだろう。
"助けてくれ!"とな・・・そしたら俺はこう答えてやる。"いやだね"」
-ロールシャッハ(本名:ウォルター・ジョセフ・コバックス) 
アラン・ムーア原作 DCコミックス「ウォッチメン」より
51ヶ月前
userPhoto
兵頭新児
×
お久し振りです。
久米師匠については、ついついからかい口調になりますが、評価しているところはしてるんですけれどね。
もし彼がマニフェスト通りにフェミニズム批判をなさったら賞賛を惜しみませんし、ジェンダーフリーに懐疑的な視点を持ったとしたら、全面的に応援したいと思います(まあ、逆に言うと見込みは少ないと思っているのですが、それでも現時点でも評価すべき点は大いにあると思っています)。

>飛躍を承知で申し上げますが、ナチズムやスターリニズムと新自由主義(ネオリベラリズム)が
>最悪の形で融合した結果だ。

時々例に挙げる『正しいオトコのやり方』には、フェミニストが女性の徴兵を拒み、精子銀行を使えば子供が減らずに済むと主張するのを、「フェミニズムをナチスに準えるなど、ナチスへの冒涜だ」と怒る下りがあります(コント形式ではありますが、あちらのフェミニストも近い発言をしているのでしょう)。
かなりの比率の女性が、男を「死なないスーパーマン」だと思っているのではないでしょうか。
しかしそれは、男が「レイプされて、女だって本当は嬉しいんだろう」と言うのの一億倍くらい、非道いことなんですよね。
51ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。