• このエントリーをはてなブックマークに追加
恋愛氷河期
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

恋愛氷河期

2015-09-12 00:00
  • 12
35ed05788c6c12ce3ea71eed00e6ef3cf0374a02

「この世は神様が作ったんだから、ちゃんとした法則性があるに違いないンゴ」
「よし、その法則性調べるため、“自然科学”というツールを考えたンゴ」
「それによって神様がいないことがわかったンゴ」

 以上、三行でわかる科学の歴史でした。
「自然科学」は「キリスト教」の子供です。
「キリスト教」を殺した、親殺しの息子です。
 そして「フェミニズムの息子」たる勝部元気師匠もまた……というのが今回のお話です。もっとも勝部師匠が、ご自分のおっしゃっていることと聖書との徹底的齟齬に自覚的であるかどうかは、いささか心許ないのですが……。

 さてこの勝部元気師匠、「KTB」との愛称で親しまれる、twitter芸人としても著名な方です。チャラいホスト風のルックスで古拙なフェミニズムのロジックを振り回す、というのが芸風で、
LUMINE(ルミネ)が女性蔑視のセクハラCMを作って炎上中
いい加減ナンパを禁止にしてくれませんか?キャッチより怖いんです。
 といった珍論奇論を展開しては、まあ、はっきり言って男性女性問わず広範囲の人たちからブーイングを受けています。
 笑ってしまうのは本書の帯。

ナンパ禁止論や「反・不倫」論で話題を呼んでいるコラムニストが断言


 とあります。むろん、ブーイングであろうが何であろうが商売に利用できるものはする、という態度は正しいとは思うのですが。
 そんなわけで処女作である本書を、手に取ってみたわけですが……。
 とにもかくにも本書は、女に対して「恋愛、結婚ができないのは貴女のせいじゃない」、と繰り返します。帯にもまえがきにも本文でも最初の1p目から、そうした主旨の文章がとにかく何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も繰り返されます。
 では、何が悪いのか。
「貴女が結婚できないのは社会が悪い、結婚というシステムが社会の変化に対するアップデートができていないのだ」というのが師匠の主張です。
 師匠はプロローグから、「恋愛文化の終焉」との節タイトルを掲げます。おわコン化したのは結婚だけでなく、恋愛もまたそうだ、というわけです。
 師匠はまるで本田透の本でもパクッたかのごとく、ヴェルナー・ゾンバルトを引用し、資本主義、恋愛至上主義を糾弾します。

お金儲けを企む企業や人が、「モテないと負け組だぞ? 異性に選ばれたければ努力しろ! お金を使え! オシャレしろ! プレゼントしろ! ダイエットしろ! キラキラしろ! アイテムそろえろ! 女子力・男子力を磨け!」という圧力をかけます。それによって、恋愛・結婚のハードルがみるみる高くなってしまったのです。
(20p)


 なるほどなるほど。
 或いはKTB師匠は「電波男」の後を継ぎ、この世に「真の愛」を求めようという愛の戦士なのか?
 更に読み進めると、師匠は「なんと、一人暮らしの若者は女性のほうが、可分所得が高いのです。(57p)」と指摘。
 おぉ!
 いいぞ、KTB、もっと言え!!
 第1章では現代の恋愛が長期化し、仮に交際した時も「別れ」が念頭にあるために、結婚の困難さがあると指摘していますが、これは全くの正論でしょう。また婚活などの場でも「代わりがいくらでもいる」気安さから関係が安易になりがちであり、また打算で相手を見てしまいがちだと批判。その意味で、「打算」の部分を親や上司が引き受けてくれたかつての見合いを、彼は評価します。
 時代の流れであり、不可逆的なこととはいえ(例えばぼくも自分ではあまり見合いをしたいとは思いません)、これはこれで正しい指摘でしょう。
 第2章「恋愛のステップアップ術」では、出会い系サイトなどで「よい出会いを期待します」などの定型句があるが、受け身で期待していてはいけない、関係は作っていくものだとバッサリ。
 おぉ! いいぞKTBアニキ!!!
 また「男らしいタイプ」「尊敬できるタイプ」が好きという女性は相手のお金、権力、地位が目当てなのだから危険だと、いちいち大仰に頷かずにはおれない正論の嵐。
 輝いてます、アニキ!!
 第5章のタイトルは「ホテル代を割り勘する女性が幸せなわけ」。
 ホテル代を割り勘にする女性、男性に支払わせる女性、どちらがいいかと男性に聞いたところ、全員が「割り勘女子」の方を選ぶと言っていたぞ、とアニキ。「(男にばかり支払わせていては)ステキ男子の支持を失う」との節タイトルもステキな、アニキの正論!

 1つは、「お姫様願望を満たすためにお金は払ってほしいけれど、発言権はしっかり確保したい」というご都合主義に陥ること。これでは自立した魅力ある女性とは言えないですし、都合よく女性の体を消費しようと考えている男性から狙われても致し方ないと言わざるを得ません。
(148p)


 ステキです、アニキ!!
 感激に打ち震えながら、もう一度パラパラと目次をめくると――目に留まるのは節タイトル。

スマート女子とガラパゴス男子
マトモな男はいなくなった
女性の成長を邪魔するお荷物男子たち
男のプライドはどんどん傷付けよう


 ん……?
 何だかきな臭いものを感じつつ「スマート女子とガラパゴス男子」を眺めてみると、

 ファッション、食生活、趣味、キャリアコースなど、女性の価値観や生活行動は、時代の変化とともに急激に変化しています。一方で多くの男性がその変化に追いついていません。
(24p)


 う~ん……以前も採り挙げましたが、この種の「女は変化している」論ってバブルの遺物なんですよね。「女はファッション/食生活/趣味が豊かだが男は貧しい」とドヤ顔の師匠ですが、それ、女がカネ持ってるってだけやん。若年層では女性の方が可分所得が高いことを指摘したページでも、女性のコミュニケーション能力の高さを掲げ、これからもその傾向が強まるだろうと得意げですが、女の方がカネを持っているのは、女が男を養うことがないからでしょう(ちなみに本書には「主夫」という概念は登場しません)。
 また、ファンタジーであるコンテンツが日常に溢れる現代にはファンタジーリテラシーが必要となるが、男性はそれに乏しく、異性に対する歪んだ認識を持ちがちだ、との主張も。むろん、その主張を裏付ける根拠はどこにも記されていません
ロクでもない男の親はだいたい毒親」の節では、恋愛のハードルが上がったのはモラルの低い男性が増えたからだ、とご高説。そして、そうした男性の親は毒親だそうです。
 なるほど、母親が悪いのだな。また、当然女性のモラルも低下しているのだな……と思っていると、もちろんそうではなく、社会が女性を主婦に追い込んだから悪いのだそうです。う~む、均等法が施行されて三十年近く経つ今は、素晴らしい男女が増えていそうなものですが……。
 そうした男性は人格が未成熟なため、被害者意識で自らを武装し、攻撃性を発露させるとのことですが……それみんなフェミのことやん!!
 さて、ここで師匠は「モラル、モラル」と繰り返しています。また、「DV」「ストーカー」「リベンジポルノ」などといった性犯罪を例に持ち出してきています。
「レイプ」などを持ち出さず、「モラル」というどうとでも言えるモノや、近年の概念ばかりを例示するのは、「レイプ」などでは「減った」という数字が出るため、指摘されないための用心ではありましょう。師匠も満更、バカではありません。
 こうした男性の未成熟さの原因を、師匠は核家族化など現代社会の状況に求めていますが、しかし昔の方がDVやストーカーなど(そうした言葉がなかっただけで)非道かったはずだと思うのですけれどもね。
女性の成長を邪魔するお荷物男子たち」では「家庭的な女性がいい」との男性の恋愛観に従うと、女性の成長が止まる、婚活本などもそうした男性側の女性観を女性に押しつけている、男が悪い、と主張。
 いや……婚活本などを書いているのは大体女性でしょうし、そうした本が売れている以上、そうした女性観は男性が押しつけたものとばかりは言えないのでは……。
 男が「家庭的な女性がいい」と言うことをマザコン的甘えで、それが女性を傷つけていると主張するページでは、驚くべきことに「東南アジアの屋台文化に学べ」と提案しています。貧しい東南アジアを天国のように偽り、「日本よりも女性の社会進出が進んでいる、家事のアウトソーシングが進んでいるからだ」とするお馴染みの主張ですが、そんなモノに学ばなくても日本にはコンビニがあるでしょうに。それとも師匠、その存在をご存じないのでしょうか……?
 ひょっとすると師匠は大富豪で毎日ステーキの生活をなさっているのかも知れません。羨ましいですね
 補足しておけば、「ホテル代を割り勘する女性が幸せなわけ」の節においても、「割り勘を好む男ばかり」ではあるものの(それならば理論上、「男の方が女より先進的である」と言わざるを得ないと思うのですが、そうではなく)「そうした男子の中にも女性の人格を認めるが故に割り勘を選ぶPC的に正しい男子と、単に安くやりたいPC的に悪い男子がいるぞ」と「ワルモノ作り」の心を忘れない辺り、さすがの腕前です。
 とにもかくにも本書では「結婚できないのは貴女のせいではない」と「自己責任論」悪い主義を振りかざすその返す刀で「男が悪い、男が悪い」と繰り返しており、このダブルスタンダードぶりはいっそ潔いほど。

 第7章のタイトルは「結婚できないのは、あなたが悪いんじゃなくて結婚が悪い」(またかよ!)。
 ここでは「結婚は2億7645万円の損失」だとされます。これは女性がずっと働いた時の生涯賃金らしく、結婚はそれを諦めると言うこと。それ故、非婚化が進んでいるのだそうです。何と言いますか、「男にとって結婚は1億円の無駄遣い」というコピペを思い出します。
 ちなみに「女性はその全員が社会進出を望んでいる」は師匠にとっての大前提であり、専業主婦志望の女性という概念は、本書には存在しません
 この章でも、またまえがきでも、師匠は日本生命の調査を持ち出し「結婚したくない女性が男性の2倍になった」「結婚にプラスのイメージが持てないからと回答する女性が男性の2倍になった」と吹聴します。
 これはネットでも結構あちこちに書かれ、師匠自身もtogetterでまとめているのですが(「結婚したくない」女性が男性の2倍!増える結婚ボイコット)、これは実は70代、80代といった高齢の女性の答えをも含めたデータであり、20代に絞ると男性の方が結婚したがっていないんですね。これは加齢と共に葡萄が酸っぱくなっているだけで、むしろ結婚願望の高さの表れでしょう。ちなみにそうしたデタラメさはtogetterでも指摘されているのですが、それを改めないどころか著書にも引用する辺りに師匠の不誠実さが見て取れます
 また、「個の時代だからみな結婚しない」と現状を(古市師匠の本をも持ち出して)肯定。少子化は「仕事と家庭の両立という無理ゲー」を強いる社会のせいだと続けます。いえ、それを女性に強制しているのはあなたのボスだと思うのですが。
 終盤に入ると、「なぜ、日本人男性はフランス人男性の10倍以上浮気をするのか?」という節が登場します。十倍という数値に驚いてよく読めば、師匠がこう主張する根拠は、買春のデータだけです。つまりここでは先と同様、「買春=浮気」という詐術でこうした主張がなされているのです。
 フランス人男性/女性と日本人男性/女性の比較は図にもなっており、要するに「日本の男はセックスをアウトソーシング、家庭機能を伴侶に求めるが、フランスの男は逆」。また、そこから導き出される必然として日本の女は母親役を強いられ、フランスの女は「母親である前に女性」であるともしています。
 ぼくは日本人男性の方がまだマシな気がするのですが、これ、女性には魅力的に映りそうですよね(大体、フランスって国を出された時点で女性はメロメロって気がしちゃいますし)。
 ところが、そこまで言っておきながら、フランスやスウェーデンでは結婚しない女が増えていることを称揚するので、こっちはひっくり返りそうになります。本書も最後の最後になって登場するこれが、どうも師匠の本音と言えそうです。
 それはつまり、「結婚も恋愛もおわコン、みなさん、一生"個"として生きていきましょう」というものですね。

 ――さてみなさん、いかがお感じだったでしょうか。
 勝部師匠が男の敵である、という事実は十全に伝わったかと思います。
 が、重要なのはネット上で、師匠は必ずしも女性に受けてはいない、ということです。
 この、ホスト面が。
 上にもある通り、師匠は「ナンパを法で禁止せよ」と署名運動を展開していらっしゃる面白い方です。また、「サニタリーボックスを汚物入れと呼ぶのは女性蔑視の現れ」とのまとめを作り、女性にどっ退かれたという経験もおありです。後者は発言をあっさり削除してしまったのですが、何と言いますか……「ジェンダーフリーを真に受けたガリ勉君の暴走」という微笑ましい感じが、どうしてもしてしまいます。師匠はきっと、「ジェンダーフリーなフェミニストの女性たちは、ボクの主張を冷静に理論的に受け止め、誉めてくれるはずだ」との思いがあったのではないでしょうか。
 本稿の冒頭、ぼくは師匠を誉め殺しました。例えば「デートの時に割り勘にせよ」的な主張はそれこそ「男性学」「マスキュリニズム」と称する先生方も時おりなさり、ぼくもそれ自体は賛成です。しかし同時にぼくは、「だが、とは言え、そうした主張をしながらもフェミニズムのダブルスタンダードに気づけない彼らは信頼できない」といった主旨のことをずっと言い続けてきたはずです。
 勝部師匠の言もそれと同様なのですが、それに加え、上のサニタリーボックスの件のような「女性の機微を理解しないマジメ君の失態」的な振る舞いがどうにも多く、ぼくは何だか師匠を憎めません。
 師匠の主張のうち、ぼくが誉めたモノも上の「サニタリーボックス云々」も、実はフェミニズムやジェンダーフリーに則れば、正しいこと、のハズなのですから。
 ひるがえって見合いを称揚したり、不倫を否定したりはフェミニズムに反しますが(フェミニズムは家族制を否定するので不倫はむしろ正義のはずです)、しかし「女性のため」を思えば決して間違った主張ではない。彼が持続的な愛情を重要視し、「腰や肩を抱えながら一緒にホームパーティーで来客を出迎えている海外の中年夫婦(123p)」を称揚しているのもそれで、これは欧米の強烈なカップル文化、ロマンチック・ラブ・イデオロギーのタマモノであり、フェミニストにとっては気の狂うほど憎らしいモノのはずです(あ、俺もここだけはフェミに同意だわ)。

 ぼくも勝部師匠のファンの一人として、ネット上でついつい彼をいじってきました。
 そんな中、ぼくは彼にはプロデューサー的なフェミニストがいると想像してきました。今時、バックアップがなければ無名の作家が本などなかなか出せませんし。だから権力を持つフェミニストが一般層にアピールする戦略として、こうしたチャラ男に本を出させたが、彼自身はフェミを超えたビッグさで、一般層もフェミ自身もどっ退き、といった図を想像していたのですが、こうして見るとその想像は当たっていないように思います。
 恐らく、彼は独学です。
 そのため、先の「ロマンティック・ラブ・イデオロギー」といった概念はご存じではない。コンビニをご存じでないように。
 ただただマジメなガリ勉君であるがため、フェミニズムの主張を鵜呑みにし、フェミニストの見ている方が気恥ずかしくなるような輝かしい自己像を真に受けてしまった。そのため、一方ではフェミニズムに則った(一般の女性からは総スカンを食う)高邁な主張をする。
 一方では「常識的女性」の感覚に則った反フェミ的な主張をする。
 彼の珍論奇論はそれぞれ一つ一つは「フェミニズム、或いは女性の利」に敵っており、奇しくもフェミニストたちのダブルスタンダードぶりを明らかにする破壊力を持つに至ってしまった。
 それが、実態なのではないでしょうか。
 ぼくが先に挙げた比喩の意味も、もはやおわかりでしょう。
 我らがKTB師匠は神殺しの兵器、ロンギヌスの槍だったのです。

他2件のコメントを表示
userPhoto
兵頭新児
×
ナオさん>

中村淳彦師匠と言えば「ネトウヨは中年童貞」「オタは中年童貞」と「中年童貞自己責任論」を唱えた愉快なおじさんじゃないですかw
女性に対して「貴女のせいじゃない」と絶叫する人と、男性に対して「貴男のせいです」と絶叫する人のステキなコラボですねw

実は今回、絡めようとしてどうも絡められなかったのが『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い』です。
これはモテない女子の毎日が描かれた漫画なのですが、タイトルに反し、「いや、それは自業自得だろ」と突っ込まざるを得ないような内容で、しかも「オタク男子である読者がその主人公の女子を見て身につまされつつ笑う」という非常に込み入った構造を持っています。
取りようによっては「人のせいにし続ける女子/自分のことは全部わかっている男子」という図式が、そこには成立しているのだ、とも言えます。

しかし、やはり、ぼくには「結婚のおわコン化はどう考えても社会が悪い」というところまでは勝部師匠に同意なのですが、控え目に言っても、やはり女子の側にこそその要因が多いように思われます。一言で言えば女性が男性を養いもせずにカネを握っているのが悪いわけなのですから。
55ヶ月前
userPhoto
兵頭新児
×
GUY FAWKESさん>

前にもちょっと言ったかも知れませんが、男女共同参画局の何とかさんは、「これからはキブツ共同体に学べ」と言ったそうです。つまり家族というモノを否定して子供は「共同体の子」として育てるのがいいと言うんですね。
フェミニストたちがものすごく共産主義が好きかというと、そうではなく別にどうでもいいと思っている気がするのですが、彼女らの子育て論を見ていると、何かヤバい「アーミッシュ」みたいな共産主義コミュニティの理念に、どうしても近づいていく。
「女子力」がないがため、美人を疎みジェンダーフリーを目論むのと同様、「母力」がないため、よき母を憎み家族解体を目指しているとしか、ぼくには思えません。
古市師匠は何も考えない、完全なフェミロボットなのでしょうが。
55ヶ月前
×
勝部センセー、どうにも徹底しきれていないところが面白いですね。
ちょくちょく本人はリベラル的意見のつもりでも女性(フェミ)の神経を逆なでするようなツイートしてますから。
最近だと「フェミニストは女性側の問題を指摘しない人ではない」かな?
この界隈では「弱者と強者を同じ力で殴ったらダメージ違うに決まってるだろ」という理屈で内部批判しないことは常識なのにそこの空気を読まないこのツイート。
これからも勝部センセーの活躍を期待してます。
55ヶ月前
userPhoto
兵頭新児
×
crazylab.さん>

コメントありがとうございます!
本当、フェミニズムを独学して、彼女らの仲間になろうとしつつ失敗している人、という印象です。
おっしゃっている件は知らなかったのですが、

https://twitter.com/ktb_genki/status/634336063855529984

これでしょうか?
今一流れが読めないんですが、「フェミニストだって女性が悪い場合は、女性を批判する! むろんその女性が悪いのは、男性優位社会のせいだが(キリッ」ってことでしょうかね。
頭がクラクラしますが、「フェミニズムの本質を冷静に理解している」とも言えます。

ある意味、「女王様は裸だ」と邪気なく言い続ける純朴な少年ですよね。
55ヶ月前
×
http://news.nicovideo.jp/watch/nw1799432?news_ref=top_latest
野党の女性議員が集結し女の壁を作り「セクハラだ」と叫ぶ行動 「痴漢冤罪戦術」との批判も

すんません、安保法制の攻防でも「それらしい」代物を見たんで
念の為に貼っておきます。
55ヶ月前
userPhoto
兵頭新児
×
この件については弁護側もステキでしたね。
http://lite-ra.com/2015/09/post-1501.html
いや、もうさすがLITERAさんです。言うことが全て正論で、いちいち頷くしか!!(白目)
55ヶ月前
×
>しかし、考えてみてほしい。自分たちの意志で集まった女性議員たちと、議長からの命令で強制的に投入された女性職員。これはまったく意味がちがう。職員たちは命令には従わざるを得ないわけで、文字通り「女性を利用」したのである。セクハラどころかパワハラと言ってもいい悪質な行為だ。このパワハラ行為に女性議員たちがもっともヒートアップしたというのは、当然の話だろう。
>しかし、メディアは自主的に集まった女性議員たちの抗議を“野党の姑息な手口”だと誘導しても、一方の与党が命令して女性職員を強制的に投入したことを“女性を利用している”とは決して指摘しない。

勝算がないから議論を放棄し、物理的妨害を行うことは「自主的に集まった」という
「自分の意志」であるから「女性を利用している」のではないという訳ですか。
どうやら彼女たちには「主体性」という概念を根本から理解していないご様子。
あーやだやだ、夜中にLITERAなんぞ読んだら気分悪くなってきましたわ。
下に上野大女史の「家父長制と資本制―マルクス主義フェミニズムの地平」
(岩波現代文庫) が化石のような関連書籍として紹介されていたのも草不可避
55ヶ月前
userPhoto
兵頭新児
×
>下に上野大女史の「家父長制と資本制―マルクス主義フェミニズムの地平」
(岩波現代文庫) が化石のような関連書籍として紹介されていたのも草不可避

うわ、ホントだw
上野師匠も何らかの声明をすればいいのに。
フェミニズムとは、女性ジェンダーの「損な部分」のみを恣意的にすくい上げ、そこに「これは男のせいだ!」と無理矢理な意味づけをする思想です(これは小浜逸郎さんの『男はどこにいるのか』という本に書かれていたことをぼくなりに噛み砕いた表現ですが、恐らくこの世で一番適切なフェミニズム批評です)。
彼女らのリクツの中に「女の方が得」「女の加害者性」はまず、「最初っからない」のですから、本件においても一般的な女性からブーイングを受けつつ、何が悪いのかホンキでさっぱりわからないまま、だと思います。だから反省もゼロでしょう。羨ましいことです。
55ヶ月前
×
勝部元気気持ち悪いという感想しか出てきません。
日本男性disも気持ち悪いです。勝部元気自身も日本男性の一人なのに···
あと、家庭機能は伴侶に求めるのって普通としか思えません。
29ヶ月前
userPhoto
兵頭新児
×
コメントありがとうございます!
KTBアニキは本当、ぶれないというか「自分以外の日本男性のdis」だけが目的の方ですね。

>あと、家庭機能は伴侶に求めるのって普通としか思えません。

ホント、そうです。
フェミニズムは家庭や結婚を何よりも深く憎む思想で、KTBアニキはそれを自分がモテるためだけに利用しようとしている。
だから、こんな矛盾だらけの本ができあがってしまうんですね。
29ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。