• このエントリーをはてなブックマークに追加
システマチックベタオリ講座 6
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

システマチックベタオリ講座 6

2016-12-26 15:00
  • 6
15008a69b40b71ffa90ae1c838a96a52ea2a80fc
牌譜

残りツモ番1回で安全牌が尽きました。何を基準に選択しますか?

・ワンチャンス

この場合は8p5mがワンチャンスです。でもこれは推奨できません。
こんなド終盤に現物(7p5m)のワンチャンス、他の無筋と危険度は変わりません。

・筋

2m・・・ ドラかぁ・・・

・端牌

白:麻雀王国一筒:麻雀王国一筒:麻雀王国中:麻雀王国中横:麻雀王国 

例えばあのリーチが3pのトイツ落としではなくのトイツだとしたら?
その場合手役がタンヤオである可能性が高まるので端牌を通すこともあると思います。

安全牌に困ったら端牌! って耳にしたことはないですか? 
ではなぜ「困ったら端牌」なのでしょうか? その理由を考えてみてください。

87dee3ba14caaed372d3e6fac196e5d9928a55ab

「困ったら端牌」というのは、2~8の牌比べて放銃パターンが少ないからです。

九索:麻雀王国の場合  七索:麻雀王国八索:麻雀王国  
八索:麻雀王国の場合  六索:麻雀王国七索:麻雀王国 七索:麻雀王国九索:麻雀王国  
七索:麻雀王国の場合  五索:麻雀王国六索:麻雀王国 六索:麻雀王国八索:麻雀王国 八索:麻雀王国九索:麻雀王国

シャンポンや単騎待ちは変わらないにせよ
内に寄れば寄るほどカンチャン待ち、ペンチャン待ちと放銃パターンが増えるのです。

今回はそれを利用して6pにしてみ
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
いつも楽しく勉強させていただいてます。

最後の牌図の7mは放銃率すればかなりの確率でシャンポン待ち、打点は満貫〜で裏1でハネマンも十分考えられそうです。

対して7sでの放銃は打点不明なうえに、鳳凰卓なら点棒状況的に愚形の7s待ち、特に7s単騎の可能性は低そうにも思えます。
迷わず7mを選べるほどの明確な優劣があるのでしょうか…
また、多分無いと思いますが形テンとれるのも判断要素の1つなのでしょうか?


32ヶ月前
userPhoto
木原 浩一
×
いつもありがとうございます

確かに7s単騎はなさそうですね。しかし鳳凰卓なら愚形待ちが低いという認識は間違ってます。むしろ先制リーチの優位性を理解しているため特上卓よりも先制愚形のリーチが多いのではないかと思ってます。

7s放銃と7m放銃では7mの方がドラの分失点リスクは高いですが、ハイテイということであれば倍以上高いことにはならないでしょう。あとは文中に書いたとおりシャンポンしか当たらない7mとペンチャン、カンチャン、シャンポンに当たる7sとの差をどう見るか?ということです。

ハイテイですのでテンパイに取れば100%加点、ノーテンですと100%失点です。仮に放銃確率が10%で12000点だとしてもテンパイ取りの選択は局収支的に互角です。7sが放銃確率0%だとしたら優劣は微妙ですが、7sで放銃する可能性も7m以上にあるため形式テンパイ取りの方が有利な選択ではないでしょうか?
32ヶ月前
×
丁寧な説明ありがとうございます。
感覚だけで打7sのほうが安全で有利な選択だと勘違いしていました。
純粋な局収支だけなら7sが完全安牌の場合でさえ互角、という前提の感覚も無かったので、普段からケーテンの価値を正確に捉えられていなかったことにも気づきました。
非常に納得できました!
32ヶ月前
×
先日は楽しい放送をありがとうございました。
他にもご指導いただいた個所を復習をしたいのですが、
もし宜しければ、牌譜をいただけたりできますでしょうか?
よろしくお願いします。
32ヶ月前
userPhoto
木原 浩一
×
いつもありがとうございます

記事中に貼り付けてみました~
32ヶ月前
×
ありがとうございます、復習に努めたいと思います。
32ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。