• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

ヒラリー圧勝ムードに変化。世論調査平均ヒラリー支持47.1 %、トランプ支持42.5%、FBIヒラリーの私用メイル不正使用の再調査発表。逆転の可能性あるか。きわどい状況。22-28日調査でLATIMESはT2%リード。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ヒラリー圧勝ムードに変化。世論調査平均ヒラリー支持47.1 %、トランプ支持42.5%、FBIヒラリーの私用メイル不正使用の再調査発表。逆転の可能性あるか。きわどい状況。22-28日調査でLATIMESはT2%リード。

2016-10-30 08:29
  • 6

 2:

米大統領選の投開票が11日後に迫る中、激震が走った。民主党候補ヒラリー・クリントン前国務長官の私用メール問題で、連邦捜査局(FBI)が捜査の再開を議会に伝えたためだ。

 これがどれ位の影響を与えるか。

 直近の世論調査平均 ヒラリー支持47.1 %、トランプ支持42.5%である。

 ただ個別の直近調査では差が一段と緊迫している。

LA Times 10/22 - 10/28 はヒラリー44%対トランプ46

ABC News 10/24 - 10/27 はヒラリー 49%、 46%である。

「見るべき5つの数字」という記事があったが、逆転可能を示す数字である。

最終局面、極めて微妙な状況になってきた。

 クリントン対トランプの支持率はヒラリー47.1%、トランプ 42.5%。ヒラリーの支持率は簡単に2%位は十分にダウンする可能性があり微妙な状況である。

見るべき5つの数字
 1:

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
米国の政治が不信のどん底にあり、強奪経済が弱者を増やし続け、体制を本来支持する中産階級が貧困層に下落し続けている現実が、大統領選を混とんとさせている。

ヒラリー氏は資本家、大企業、マスコミの支持を受け安泰かと思っていたが、サンダース現象で見られるように、中産階級の貧困層下落が、資本家の思惑を超えており、お金では動かせない米国民の怒りが根底に流れているように思える。体制を支える中間層を貧困層におとしめるような略奪は通用しないということ、節度なき資本の強奪は、己自身の破滅につながることを意識し考える良い機会ではないか。

このような破滅に向かっている強奪経済の極致がTPPであり、米国では見直しが進行しているのに、TPPによって強奪経済を目指す安倍政権は、誤った選択をしていることに気が付かないのであろうか。気が付かないのであれば、即退陣すべきであり、気が付いているとすれば、日本を破滅に向かわせる国賊者ともいえる。
35ヶ月前
×
反戦の立場の私はトランプに勝って欲しい願っている。

FBIはCIAと違って少しは正義感を持っていそうで今後の動きに期待したい。あの9.11の犯人とされているオサマ・ビン・ラデインにはその証拠がないと言明しているのもFBIだし、ジョン・ケネデイーの暗殺がCIAも絡んだ政府関係諸機関の仕業だと結論を出したのもFBIだと言われている。

ただ、そういう正しい指摘があっても主流のメデイアが取り上げないので米国では事実が事実になり得ない。米国の政治は暗い闇に包まれたままで政治学者の中にはこういう米国の権力の存在ぶりを米国型ファシズムと呼ぶものがいる。

大統領選に向けて16州が採用する投票機械がインチキだと言われている。それを指摘したトランプに「泣き言を言うな」と聞捨てならない罵言を吐いたオバマ大統領はヒラリーと同様自らのアウトロー性を隠そうとしない。

狂人や狂犬が支配する民主党では本来のリベラル精神が希薄化し、狂人や狂犬が跋扈しても可笑しくない共和党に比較的にまともと言えるが女性好きで滑稽な大統領候補が現れ、そんな奇妙なコントラストが大統領選をすこぶる賑わしているが、果して結果がどうなるか?
35ヶ月前
userPhoto
p_f
×
そ、そ、漱石か周五郎か
ディ、ディ、ディランかサルトルか
みんな権威に逆らった~
と歌ってバカを見ましたが、ひょとして当初の「ディランにノーベル賞!」はヒラリーを勝たせるための目くらまし だったのでしょうか。そして、目くらまし失敗~ヒラリー御用の世論盛り上がり なのか...
いずれにせよ、ジュリアン・アサンジ氏が早くから「ヒラリーは感情的に人を殺す。絶対に投票してはならない!」と警鐘鳴らしていたこと、日本のマスコミからは中身がまるで見えてこないが副島隆彦氏がズバリ明かしている「EMAIL事件」、昨夜の生放送でバックに軍産複合体がいるヒラリーが勝てば米イラン間に緊張が走るとの予測...それだけでもトランプ云々より、とにかくヒラリーは武力、暴力に反対する側にとって危険極まりないとの印象です。
35ヶ月前
×
ヒラリーは感情的に人を殺すかもしれないが、
計算ずくでも殺す。

夫ビルが大統領のとき下半身スキャンダルで
窮地に立った。
全米のメディアはそれ一色。

その時、スーダンの薬品工場に、化学兵器を
生産していると難癖をつけミサイル攻撃。
多くの市民を殺した。
マスコミの目をそらすために。

何の証拠もないが、当時から私はヒラリーの
悪魔の入れ知恵と思ってきた。
35ヶ月前
×
だいたい、下半身スキャンダルの時、離婚はおろか
家庭争議も一切表に出なかった。

米国女の行動様式に大きく反することだった。
これだけでもヒラリーがどんな女かよくわかる。

何としてでもあの女を米国大統領にしてはならない。
その1点のみでトランプにエールを送る。
35ヶ月前
×
副島 隆彦の学問道場の、今日のぼやき・から29日付け、重たい掲示板の、副島氏ご自信の文面をコピーしました。
35ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。