• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

世界のコロナ騒動の謎。何故日本に感染者・死者が少ないか。検査・隔離・医療態勢国際比較で恐ろしく不十分。一つの可能性は検査不十分で、実際コロナ感染・死者を正確に記載せず。だが「日本の1-3月死亡者数は減少-新型コロナ拡大も超過死亡確認されず」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

世界のコロナ騒動の謎。何故日本に感染者・死者が少ないか。検査・隔離・医療態勢国際比較で恐ろしく不十分。一つの可能性は検査不十分で、実際コロナ感染・死者を正確に記載せず。だが「日本の1-3月死亡者数は減少-新型コロナ拡大も超過死亡確認されず」

2020-05-29 08:00
  • 11

A1 事実関係 ブルムバーグ「日本の1-3月死亡者数は減少-新型コロナ拡大も超過死亡確認されず

日本で新型コロナウイルスの感染が本格化した今年1-3月の全国の死亡者数が例年に比べて減少していたことが厚生労働省が発表した最新統計で分かった。

26日公表の人口動態統計速報によると、1ー3月の累計死亡者数は368793人で過去5年の同期間の平均を0.7%下回り、過去の統計などから予想される死亡者数を実際の死亡者数が上回る超過死亡は確認されなかった。高齢化が進む日本の死亡者数は毎年増加傾向にあり、過去10年で1ー3月期の死亡者数が前年同期比で増えた年は7回あった。3月単月では過去5年の同月平均を0.3%上回ったものの、前年比では0.14%減少した。

厚労省によると、国内の新型コロナによる死亡者数は867人(5月27日時点)と、主要7カ国(G7)の中では最も低い水準に抑えられている。欧州諸国の死亡

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他1件のコメントを表示
×
ご存じかどうか知りませんが、感染研のデータは最近大きく変更されていますが、問題がありそうです。下記をご覧ください。
「超過死亡グラフ改竄」疑惑に、国立感染研は誠実に答えよ!
https://webronza.asahi.com/politics/articles/2020052600001.html?page=1
1ヶ月前
userPhoto
p_f
×
私にとっては件の謎に対する孫崎さんの反応の方が遥かに不可解だ。
これではまるで皆既日食に慄く野生動物だ。
自他ともに認める情報のプロ、プロ中のプロである孫崎さんが まるで「情弱」のような反応をされる━あり得ない!
即ち、BCGについて「ビ」の字も言及されないのは余りに不自然ではありませんか。治療薬、アビガンについてもまた然り。
「専門外」と仰るかもしれませんが、それなら例えば先達て5Gについて積極的に発信されることも無かったと思う。
日本のコロナ罹患者の致死率が感染爆発国より著しく低い支配的要因は、やはり1951年?から続けている日本株BCGの接種だと思う。似たタイプの?ソ連株BCGも有効そうなのは係るロシアの致死率を見れば歴然だ。こうして各国BCG-コロナ事情の考察から、「BCGとコロナ感染率/重症化率に相関アリ」、更に「BCGタイプによって係る効果に相違アリ」との論が色々出ている。
日本株BCGが本当にコロナに有効なら、こんな有難いことはないわけで、それを見極める調査/研究が活発化するのかと思いきや、「相関関係アリでも、因果関係アリとは限らない、その確たる証拠はない。以上」でお終い。まるで「日本に原発は不可欠だ、米軍基地も不可欠だ。以上」みたいだ。つまり、BCG否定は非常に胡散臭い。
「調査なくして、発言なし!」の孫崎さんがBCGやアビガンについて発言されないのは、未調査だから━だとすれば、そこに立ち入るわけにはいかない何らかの ご事情があるとしか思えない。
1ヶ月前
userPhoto
p_f
×
>>2
記事のご紹介を有難うございます。
「インフルエンザ以外による超過死亡の原因は何だったのか。今のところ、コロナウイルスによる肺炎以外には考えられない。」
従って-

仮説A:
日本のコロナによる死亡数は、実際には公表数より 遥かに多い。→ それがバレそうになった為、超過死亡グラフを改竄した。

仮説B:
ある期間、本当の死因はコロナでないのに、コロナで死亡したことにした。→ それがバレることを恐れて超過死亡グラフを改竄した。

このいずれかが考えられます。記事は「常識的に」A説であると疑っており、B説などは「そんなバカな」と一笑に付されそうですが...
しかし、例えば かつてラテンアメリカ圏で林立した左派政権の指導者が軒並みガンを発症する事態に見舞われましたが、偶然とは思えません。
今回のコロナにしても、その「パンデミックがほぼ完全なかたちでシミュレートされていた」昨秋の「イベント201」(@米国)
https://bit.ly/2WiMpHh
を「先入観を排して考察することが必要である」と植草一秀氏が説いておられます。
1ヶ月前
×
マスク着用を嫌がらない国民性を筆頭にした日本人の生活慣習がそういった慣習に馴染まない欧米との差に現れていると私も思いますね。それにもう一つ、ロンドン、パリ、ニューヨークに例外なくある広大なスラム街如きが日本の都市に無いことも挙げていいのじゃないかと思います。日本の住宅環境は欧米の都市とは比べ物にならないくらい高い水準にあるのではないでしょうか。従って、外国からの入国制限が続く限り、自粛に訴えなくとも、つまり、今のままでも第二波の到来なく感染者極小で推移すると見通せます。ただ、無症状のキャリアがいる限り、不安感は拭えず、経済は不定愁訴から抜け出せないであろう。

かかる不定愁訴打破の為には、早急にアビガンを承認すること。もう一つ、トランプが日本に買うなと命令しているインターフェロンアルファも併せて安倍氏が導入決定すれば、私は安倍氏を高く評価するのにやぶさかではない。

トランプは、義理の息子を使って、ビルゲイツを巻き込み、新型コロナ・ワクチン早期完成を視野に動き始めた。恐るべきは動物実験無しで人体実験を直接行い完成させるのだという。それに携わる研究者には副作用で問題が起きても訴訟を免れる特権を付与しているのだという。完成は12月末。来年一月には全米国民に接種するとのこと。トランプはヒットラーを遥かに超越する独裁者ということになろう。安倍氏はその動きに賛同しているに違いない。彼はこのところアビガンから離れているみたいで益々臭く感じるね。
1ヶ月前
×
>>1
「やみくもに感染者を探し出し、抗体を作る、、、」が、前にも尋ねたが、適正な返答がありませんでした。従って、もう一度、尋ねたいのです。どうも貴殿の言いたい肝みたいに見えますから。

因みに、抗体というのは「病原菌の侵入に対し生態が造る物質」と辞書にあるのですが、感染者を探す目的はあくまで「隔離」です。欧米も日本も同じです。いくら欧米人が「あほ」でも抗体を作るために感染者を探し出すことはないと思いますよ。

貴殿に何か勘違いがあるんじゃないですか?
1ヶ月前
×
>>2
私もびっくりしました。こんな姑息なことをやるんですね。

米国のコロナ死者数はコロナ由来ではないものも含まれると言われてますが、超過死亡数はそれを上回っているので順当ということみたいですが、日本の数字の狙いがわかりませんね。忖度だとすれば、そこまでやるかと唖然とならざるを得ません。

CHANGEさんの感想をお聞きしたいです。
1ヶ月前
×
>>8
以前お答えした記憶があります。あなたが見ていないのでしょう。

一言いえば、70%程度の信頼度のPCR検査で人間を隔離する差別化優性思想に同意できない。あくまでも治療を要する患者かどうか判断する検査なのです。欧米は検査を増やし隔離完治すれば抗体者が増えるという発想のもと検査数を増やしていることは、ドイツ、イギリス首脳の発言で明らかです。ただし、抗体の効果は、WHOでは実証されていない。

中国も同じであるが、欧米は、検査を治療判断でなく、人権無視の隔離差別化思想があるから、多くの死亡者を積み上げるのです。そのぐらいの道理、いい加減分かってください。事実数字が物語っています。日本は、医療が治療を重点に行っているから、国民が信用し、諸外国のように外出禁止・罰金をしなくても皆が従うのです。従うから、感染爆発することが避けられてきたのです。米国のマスクをする,しないで、警察官に投げ飛ばされている姿を見ると、精度だけでなく、医療に対する信頼感が不足していることがよくわかります。
1ヶ月前
×
>>10
相変わらず面白いですね。貴殿の傾向がよくわかりました。ありがとうございます。

ところで抗体とは免疫ということですか?

それともう一つ。安倍さんとか、トランプさんにはワクチン信仰みたいなものがありますが、コロナ抗体が免疫を保証しないとなれば、このコロナにはワクチンの概念が成立しないと思うのですが、安部氏に肯定的な貴殿はどういう受け止めしているのか、教えて下さいな。日本の主流の一角を占める貴殿の内部を知りたいのです。
1ヶ月前
×
コロナ致死率、欧米諸国に比べれば低いが東アジアではワースト2です。日本だけが低いという虚言はやめてほしいです!
1ヶ月前
×
>>11
感染症学者でなく、私の見方・考え方に過ぎないことをお断りしておく。

コロナが中国発生といわれることを極度に嫌っているというより否定しようとしている。次のような理由をよく認識しているのでしょう。他の国は、武漢発が重要であり、この対立は根が深くなりそうだ。

感染学者の中では、「猫ウイルス」というのがあり、抗体介在性感染増強(ADE)がみられるのです。通常は抗体が迎え撃つ働きをするのであるが、抗体がウイルスと人間の細胞との間に入って「中和抗体」の働きに変質してしまい、効果が無効、あるいは感染を増強することになる。
ワクチンと言っても武漢から発生したウイルスが変異を繰り返し、抗体を限定することができない。日本は日本、中国は中国に有効なワクチンを開発しなければならず、臨床に十分時間を掛けなければ、民族の滅亡につながりかねない。トランプ大統領は、感染症の怖さを再認識すべきでしょう。

何代もかけて作られたBCGは、どなたかが言われているように、多様性抗体であり、コロナに有効性があるのかもしれない。また、民族が単一民族か、多国籍民族かによってコロナ抗体の強弱が関係しているかもしれない。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。