• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

米国大統領選は基本的に共和党、民主党候補が拮抗。直前の経済・社会・政治環境に大きく左右される。その中現時点での世論支持率トランプ40%、バイデンバイデン 49%。掛け率T38%、B56%。獲得代議員必要,270、現状T125、B222、不明191
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

米国大統領選は基本的に共和党、民主党候補が拮抗。直前の経済・社会・政治環境に大きく左右される。その中現時点での世論支持率トランプ40%、バイデンバイデン 49%。掛け率T38%、B56%。獲得代議員必要,270、現状T125、B222、不明191

2020-07-07 07:17
  • 6

1:米国大統領選の動向―その特色

 米国の大統領選挙は、共和党、民主党が基本的に拮抗し、時々の情勢により大きくぶれる。 したがって、長期的視点に立ち、どちらが勝つかを述べることは困難である。 特に現在コロナが全米を多い、経済の停滞を招いているが、この動向も極めて不安定である。

 こうした中、参考になるのは、①現時点でのトランプ、バイデンの支持率、②掛け率(一般の世論調査と異なり、情勢をより厳しく分析)。③現時点での選挙区ごと(州毎)の勝敗の動向が、参考になるデータとなる。

2:現時点でのトランプ、バイデンの世論支持率、

  トランプ 40・9% 

  バイデン 49.6%

3:掛け率(支持%)
  トランプT38%、
  バイデン56%。

(注。この変動は大きい。一時、トランプが大きくリード)  

4:選挙区別代議員獲得数(予測)必要なのは270

  トランプ  125

  バイデン  222

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
中立的見方と個人的見方とある。個人的見方では、「言論行動の自由」、「格差是正」、「AI・ロボットとの棲み分け」、「高度医療の自己負担」が重要である。

米国の場合、どちらが大統領になっても、保険制度の見直しがあっても、「言論の自由」と「高度医療の自己負担」は踏襲されていくのでしょう。「格差是正」と「AI・ロボットとの棲み分け」が根本的に語られていないので、選択の基準にはならない。

言論の自由を含めた政治的外交姿勢と中国との経済競合を見ていくと、トランプ大統領は表向きの言葉とは違って、経済的にはウイン・ウインの姿勢である。言論の自由は重要と考えていない。どちらかというと中国的強権的政治姿勢がみられる。
バイデン氏は、言論の自由は重視していくのではないか。問題は、言論の自由がないあいてとの経済関係の在り方をどのように考えているかわからない。自由主義圏と共産圏の区分けを明確化すれば、バイデン氏に期待したい。経済競合圏の区分けがなければ、トランプ氏でもバイデン氏でもどちらでも構わない。

4週間前
×
それにしても孫崎さんは米国の大統領選挙の話題が
お好きだなあ。

わたしはもちろん米国の大統領がなにをするかについては
大きな関心があるが、次の大統領が誰になるかなんてことには
関心はない。

それくらいの諦観は、なんども大統領選挙を見て、選ばれた大統領が
なにをやってきたかを見れば当然生まれると思うのだけれど。
4週間前
×
わたはトランプなんて愚鈍で単細胞な男は大嫌いだけど、
「中国」にめちゃくちゃな言いがかりをつけてケンカを
ふっかけたことは結構高く評価している。

中国の指導者はこれまで楽をして国を発展させすぎてきた。
トランプみたいなデタラメな男にどう対処するか見てみたい
気持ちも少しはある。

話は変わるが、それにしても今日の朝日新聞はひどいねえ。
ちょっぴり上品な3K新聞というところだ。
反中キャンペーンにこれほど入れあげて日本の将来をどうする
つもりだろう。
4週間前
×
もうひとつ、
米国の共和党と民主党だが、決して二大「政党」ではない。

両党は大統領選挙を他の勢力を締め出したうえで独占する
ための便宜的組織であって、議会制民主主義国でいう
政党には当たらない。

イギリスの保守党と労働党とは根本的に違う。
もっともイギリスの場合にも問題は大ありで、他の勢力を
締め出すという点では米国と同じだが。

移り変わりの激しい現代社会でとっくに賞味期限が切れても
制度に守られてのさばっている点では一党独裁国家と
変わるところがない点も。
4週間前
×
トランプが劣性ですか。

彼は二期務めるのを何よりも重要視している。トランプは中国嫌いを表に出して大統領になった。当然、その線でバイデンに勝つ戦術を選択するだろう。あのルーズベルトでさえ、米国民を全体的に第二次大戦に参加さえる為にパールハーバーを日本に攻撃させるようにもっていって、まんまと成功させた。彼はそれだけでは終わらせなかった。日系米人の財産を収奪し、アリゾナ奥の収容所にぶちこんだ。結果、STUPIDな米人は日本人をジャップと呼び、蔑視し、狂喜した。いくらSTUPIDなトランプでもそのことを脳に刷り込まれていよう。

トランプは白人の投票率を極端に上げることに専念しよう。勿論、アジア人嫌いの有色人種の支持率アップも視野に入れる。その為に「中国人排斥」を打ち出す。激した言葉だけでも、STUPIDな米人はその言葉に狂気する。

前にも触れたが、小池氏も似たような手法を都知事選で採用している。「新宿の夜の街」をコロナの主犯と言わんばかりにテレビに向かって連呼した。STUPIDな都民は清廉な小池を感じ取って投票場に向かった。

中国系米人、韓国系米人、日系米人はこれから鬱陶しい季節が訪れよう。我慢して貰いたい。大統領の選挙が終われば、コロナはシツコク米国に居座ろうが、狂喜は過ぎていく。
4週間前
×
>>1
言葉が自由自在で奔放なCHANGEさん。でも、貴殿は日本の主流を理解するのに不可欠なデータだと思っています。

お手数とは思いますが、貴殿の次の言葉の意味を出来るだけ具体的に教えてくれませんか。

1.自由主義圏と共産圏の区分けの明確化

2、経済競合圏の区分け
4週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。