• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

欧州各地でコロナ急増。一日当たり感染者米国を抜く。こうした中各国外出制限措置とる。仏は一日当たり4万1622人過去最多、パリ等9都市、夜間外出禁止措置。この中日刊ゲンダイ「IOCは「東京大会中止」を日本政府や電通等関係者に連絡」と報道
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

欧州各地でコロナ急増。一日当たり感染者米国を抜く。こうした中各国外出制限措置とる。仏は一日当たり4万1622人過去最多、パリ等9都市、夜間外出禁止措置。この中日刊ゲンダイ「IOCは「東京大会中止」を日本政府や電通等関係者に連絡」と報道

2020-10-24 08:51
  • 13

現在欧州ではコロナ感染が第一波以上に急増し、仏、英国などは夜間外出禁止措置を採用。これらは最低二週間から4週間継続予定。本年春、東京オリンピック延期を決めた時とは比べ物にならない大量。かかる中、東京オリンピック実施の決定は10月、11月に決定できない。IOCはこれまで10月、11月に東京オリンピックの実施を決めるとしてきた。
A-1 事実関係1「IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天
日刊ゲンダイ2020/10/23
「本間龍氏が清水有高氏が運営するユーチューブチャンネル「一月万冊」で21日、動画で情報発信。今月に入ってから新型コロナ第2波が欧州を襲い、感染者が急増。動画によると、IOCは「東京大会中止」について、日本政府や運営に関わる広告代理店「電通」など関係者に連絡したという。本間氏は政府や電通など複数の関係者から情報を得たとしている。本人に改めて聞いた。「IOCから

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他3件のコメントを表示
×
>>3
隠ぺいが問題です。何故、世界への発信が遅れたか。
1ヶ月前
×
>>4
原因究明ではなく隠ぺい?すぐ論題を変える。いけないですね。隠ぺい、別にないですよ。トランプとかポンペオが喚いているだけですよ。この二人はならずものですから、反社会集団の構成員みたいに因縁をつける。米国政界ではフェイクは常識。それくらいは弁えて欲しいな。

今、思い出した。貴殿は、政治には善は無い、とか言ってましたね。お忘れですか。
1ヶ月前
×
このコメント欄で、たったひとり、チャイナ肺炎は中国の生物兵器だと断言し、その後、恐怖心からか精神的な「旅路」に出たヒトがいるわけだが、かわればかわるものだ。

今回注目しているのは、ドイツでも感染爆発をおこしている点だ。もう忘れているヒトビトもいるとおもうが、6月、7月ごろには、ドイツはPCR検査をじゅうぶんおこなっているから感染制御に成功しているのだ、日本でももっと検査を拡充しろと、わめきながら踊っているヒトビトがメディアで目立っていた。

しかし、ドイツの現状を受けて、ドイツでもPCR検査する「だけ」では感染制御できなかったことがほぼ結論されたといっていいと考えている。感染爆発制御についてキモの部分は、いかにして国民の行動を制御するかであり、(医療ではなく)予防衛生的なPCR(あるいは広く検査)をしたとしてもそれは行動制御のきっかけにすぎない。何をきっかけにし、その後どうするかは、まさに各国の国情や国民性によってちがってくることだろう。

一方、もう少しすれば詳細なデータがでるとおもうが、欧州の重症化率は以前よりも減っているようで、ほんとうなら喜ばしい。

海外から日本にやってくる渡航者についていえば、確定した事実として、2月初めの春節で中国人が多数日本にわたってきたのちに日本でもチャイナ肺炎が流行しはじめ、最初の死者群が出たこと、春節の旅行者を(中国側が、あるいは日本側が)止めていれば、その流行はなかったこと、中国では遅くとも2019年12月にはチャイナ肺炎流行を把握し警鐘を鳴らした人々がいたのに、当局によって隠蔽されたことがある。繰り返すが、これらは確定した事実だ。

そして、今現在、各国のジャーナリストは中国国内でくわしい取材は出来ず、(それはチャイナ肺炎流行のせいで仕方ない面はあるが)、ほんとうのことなどわからない。
1ヶ月前
×
>>6
わたしのことか。「断言」?わたしは断言を避けましたよ。

確かに、当時、米中合弁のウイルス研究所があって色んな仮説があった。その一つに興味があって紹介したことはあったね。

その後、ウイルスの形態から、人工的でないことが科学的に証明されておりますね。従って、私の紹介した仮説は間違いでした。ただそれだけのことですよ。
4週間前
×
>>興味があって紹介した


じっさいは、
>>私は今回のエピデミックに関して次のような結論を出している

ですね。紹介したなんてものではなく、自分の意見として、結論を出している。
https://sp.ch.nicovideo.jp/magosaki/blomaga/ar1865849/2

フレデイさんが断言をさけているのは、中国の責任にならないように注意深く表現している点についてであり、全体の趣旨は、中国の生物兵器だといっているとおもいますがね。
4週間前
×
ま、フレデイさんは、ごじぶんは、

ウイルスの遺伝子組み換えを行い、生物兵器に転用することを視野に入れていることは否定出来ないだろう、
つまり、
ウイルスの遺伝子組み換えを行い、生物兵器に転用することを視野に入れていることを肯定する
と言っただけで、まだ生物兵器は完成していなかったのだ、
それがもれだしたところで、生物兵器ではない、

などというかもしれませんね。

いえいえ、世間では、そういうのを生物兵器というのですよ。
4週間前
×
フレデイさんは、上掲の引用の最後に、

中国は今回の苦い経験を土台にして、まず大いなる反省は当然行うことだが、核兵器、生物兵器の全面的禁止に世界が向かうよう尽力すべきだ。

と書いている。つまり、ごじぶんでも生物兵器だと意識しているということです。

ただね、この最後の文章は、立派だとおもいますよ。いまのフレデイさんには書けないでしょう。
やはり、フレデイさんは「旅路」に出てたんだね。
4週間前
×
まあそれでも、
>>わたしは断言を避けましたよ
と言うのかもね。

断言でないのだったら、こういうのをなんというのか、フレデイさんがご自分で決めたらいいでしょう。読者は、それぞれに判断するでしょうけれどね。
ただそれだけのことです。
4週間前
×
>>5
見ていなかったが、くだらないことを言う人だ。
政治に「善悪」はないが、具体的事実は、事実として認めなければ、話し合いは通用しないことになる。
中国は、まさに、虚偽・隠ぺいの国であり、その限りでは、言っていることに正当性を認めます。
4週間前
×
あらためてまとめよう。

フレデイさんの主張について、わたしは実際にフレデイさんが、2020年2月14日15時48分にこのコメント欄に投稿した文章を引用したうえで、それにもとづいて検討した。

その結果、次の2点が明らかになった。
1、フレデイさんが当時おこなったのは、今回のNo.7で主張なさっているような、いろんな仮説のひとつを紹介したという程度のことではなく、主体的に自分の意見として、その仮説のひとつに賛成したのだということ。
>>上記を踏まえて、私は今回のエピデミックに関して次のような結論を出している。
と明示的に記しておられますからね。

2、(たしかに、端的な断定表現はないが、しかし)文章全体の趣旨は、今回のウイルスが中国の生物兵器だと断言した論調だということ。だからこそ、
>>今回の苦い経験を土台にして、まず大いなる反省は当然行う
べきだ、
中国は、
>>生物兵器の全面的禁止に世界が向かうよう尽力すべきだ
とまで、フレデイさんにしては珍しく中国批判に及んでいる。(なお、このときのフレデイさんと、「中国はなにも悪いことはしないよラララララ」のフレデイさんは、同一人物なのかあやしく感じられるほどだ。そこをわたしは「旅路」と表現している)。

フレデイさんからの再反論はないみたいですね。
4週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。