• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

5Gは情報送信の大量化、瞬時化によって、様々な産業の運営に大きい影響を与えていると言われる。「週刊エコノミスト」が「5Gで成長期待できる30社はここだ!の特集。 ヘルスケア(遠隔診療)、娯楽(動画、クラウド)、生活、産業自動化、スマートサービスの分野
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

5Gは情報送信の大量化、瞬時化によって、様々な産業の運営に大きい影響を与えていると言われる。「週刊エコノミスト」が「5Gで成長期待できる30社はここだ!の特集。 ヘルスケア(遠隔診療)、娯楽(動画、クラウド)、生活、産業自動化、スマートサービスの分野

2020-12-01 08:29
  • 2

 5Gは情報送信の大量化、瞬時化によって、様々な産業の運営に大きい影響を与えていると言われる。ただ、今後発展する分野であり。具体的イメージが出来ているwくぁけではない。その中、「週刊エコノミスト」121日号が「5Gで成長期待できる30社はここだ!」を特集しているので、抜粋する。
1:分野     分野    会社     概要
ヘルスケア  遠隔診療  テックファーム  遠隔診療サービス、オンライン診察
             メドビア     オンライン医療相談サービス
     リモート手術  シスメックス   内視鏡手術支援ロボット
             オリンパス    4K外視鏡
     フィットネス  JNS HD     「へやトレ@オンライン」

     東急不動産HD   フィットネスアプリ展開
娯楽   動画      TBS HD     映像リアルタイムで発信
     

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
5Gと言えば、ファーウエイでしょう。日本の主流メデイアは米国に忖度してポイントに触れようとしないが、折角ですから、そのポイントとして私が尊敬してやまない矢吹晋氏のコメントを次に引用したい。

QUOTE
今年、6月16日ロイター電によれば、米商務部は2019年5月に公表し「国家安全保障上の懸念を理由として政府の許可なく米国企業から製品や技術を調達することを禁止」したブラックリストからファーウエイを事実上外した。

ファーウエイとの取引禁止によって最も困ったのが、ファーウエイと深い取引をしていたアンドロイドやクアルコムなどの米企業だった。

ファーウエイ部品・製品の米国締め出しに対抗して、ファーウエイ自身は米国技術に依存しない独自技術を完成させ、また米国市場の代わりに中国国内市場の開拓に全力をあげた。ファーウエイはこのような生き残り作戦を着々成功させながら、米国の仲間と協力して、共にIT世界を構築したいと言う開かれた主張を訴え続け、それが米国の同業者を動かして、ついにブラックリストを空洞化させた。
UNQUOTE

私は思うのだが、米中経済関係のデカップリングは不可能だということです。更には、チャイメリカ構造は中国主導、米国従属で進む、ということです。日本の経済人は安心して中国との経済関係を強化していくのではないでしょうか。
1ヶ月前
×
今後の経済成長分野として、5Gを取り上げ様々な分野の30社を具体的に提示しているのが、経済雑誌「週刊エコノミスト」である。

株などを手掛けている私などには一つのサジェションであり、売買を手掛けるときの一つの方向性を提示したものとなる。

客観的に、実売買とは別に、現在の株式市場をみると、日銀が信託銀行経由で「上場投資信託(ETF)」を継続的に購入している。
株式市場の投資者主体は、海外投資家70%、個人25%、法人10%(日銀も含まれる)証券会社1%である。(投資家がダブル場合がある)
2019年3月末 日銀ETF投資残高25兆円
2020年3月末         30兆円
ちなみに2020年3月末株式時価総額は548兆円であり、じつに5.5%を日銀が保有していることになる。

問題は、日銀がETFを購入すると、成長企業も衰退企業も同じような比率で買い上げるから、消滅すべき企業が生き残り、本来成長していかなければならない企業が成長を止められる事態が発生する土壌ができているといえる。その辺の問題をとらえながら、5G問題はとらえていかなければならないのではないか。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。