• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

島根県知事、県内の五輪聖火リレー、今夏の五輪開催そのものに反対の意思を表明していた。 だが「コロナで大打撃下の飲食店を国の予算で救済を最優先に考えた」と翻意。金で政策を変更させるのは原発、在日米軍基地でいやというほど実施、その手法を五輪でも採用。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

島根県知事、県内の五輪聖火リレー、今夏の五輪開催そのものに反対の意思を表明していた。 だが「コロナで大打撃下の飲食店を国の予算で救済を最優先に考えた」と翻意。金で政策を変更させるのは原発、在日米軍基地でいやというほど実施、その手法を五輪でも採用。

2021-04-08 09:11
  • 13

1:島根県知事は2月、聖火リレーに反対の立場を表明していた。「島根知事、聖火リレー中止の意向 五輪開催も反対、コロナ対応不満」(2/17、共同)
 「島根県の丸山達也知事は17日、県内で実施する予定だった東京五輪の聖火リレーについて、「開催すべきでない」と中止の意向を表明した。五輪のリレーは51516日に実施だった。五輪自体の開催にも反対する考えを表明した。
2:コロナ下でのオリンピック開催、および聖火リレーに関しては海外から批判が続いていた。
「新聞通信調査会」は3月20日、米国、フランス、中国、韓国、タイの5カ国で行った世論調査結果を公表。新型コロナウイルスが収束しない中での東京五輪・パラリンピックの開催について、「中止すべきだ」と「さらに延期すべきだ」を合わせた回答が、すべての国で7割を超えた。最高はタイの95.6%で、韓国が94.7%で続いた。中国は82.1%で、米国は74.4%、フ

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になれば入会月以降の記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
孫崎享のつぶやき
更新頻度: 不定期
最終更新日:2021-04-13 09:29
チャンネル月額: ¥110 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

他3件のコメントを表示
×
>>3
中国人社会では有史以前(当時、ゲルマン民族は商売を知らず、豚の血をすすっていた。シーザーのガリア戦記に書かれています)から資本主義が発達していて今や世界に冠たる資本主義国です。

彼らはお金の価値をよく知っていると教えてくれたのは台湾人の友人です。彼は中国、米国をまたにかけて今も尚金をかせぎまくっています。ジャカルタの華僑の私の知り合いは、「文化よりも金です。小説なんか読まない」と豪語してます。

ナイキが3割も値下げしたら、誰だって跳びつきます。実に微笑ましい。

日本の飲食業界は経営も成り立たないが、従業員の生活も大変です。日本は嫌中というイデオロギーを振りかざす(米国の戦争屋だけが喜ぶ)のをやめて中国からのインバウンドを積極的に取り込みましょや。

政経分離。そう思いませんか?CHANGEさん。
6日前
×
>>4
あなたは少し賢くならなければならない。中国に対する厳しい目が必要です。そうすることが本来の親中です。

米国と中國に力の差が歴然としていた時には、米国は日本と経済力を競っていたのです。あらゆる差別的政策のため、世界に冠たる日本の家電とか半導体が崩壊させられ、現状は見るに堪えられない。
米国につぶされた日本は最終完成品を韓国サムスンとか中国の企業に移管を続けてきた。日本は表に出ず、韓国・中国などアジア諸国を後押ししてきたのです。日本単体が中国を中心としたアジア連合軍となって米国と対峙してきたのです。
日本は中国はじめアジア諸国に貢献してきたのです。

歴史的関係から見ても、中国は尖閣などで日本と日本人の感情を悪化させ,中国感情を悪化させる必要などないのです。米国との戦いを乗り越えようと思えば、尖閣などは将来の先の問題とすべきなのです。周恩来に比べると後継者があまりにも近視眼的であり、日本と対立する方向に持っていくのは極めて愚かとしか言えない。

日本を味方につける方が有利になることが明確であり、米国は日本にすり寄っているが、中国は上から目線で日本を屈服させようとしている。この差は大きく、どんどん中国感情は悪化し、米国接近が増していくのでしょう。
6日前
×
>>5
何だか、CHANGEさんとは共通の地盤があるようです。尖閣、棚上げしようと言えば、喜んで中国は棚上げしますよ。私は保証します。

中国はなんとしてでも、日本と仲良くしたいのです。前にも話したかと思いますが、広州郊外の工場の便所に落書きがあって、その意味が私にも分かりました。「日本人に出来るのだから、我々にも出来る筈だ!」と。35年程前のことです。中國は礼の国でもあります。中国共産党の指導者の中には角栄先生を尊敬している人がまだまだいます。

日本の歴史が始まったのは、日本書記からです。それからずっと中国の古典は日本文化のバックボーンです。私が可愛がった中国の若者は、香港よりも日本の方が中国の臭いがすると言ってましたが、それが何なのかともっと詳しく知りたいとおもってたら、大手にスカウトされて遠くへ行っちゃいました。とにかく、中国人は日本人が大好きなんです。

今からでも遅くありません。手を伸ばせば、向こうから熱い握手が返ってきます。
6日前
×
>>6
まだ上から目線が取れないようだ。中国が先に動いている尖閣周辺の行動をやめることです。

簡単なことです。ただ、私の得ている情報では、先鋭的軍部を説得させるのは容易ではないでしょう.王氏などが嘆いていたとか。
6日前
×
15年前に中国から来た人達と取引する会社に勤めていたんですが、その当時中国では日本人が3人居れば工場が立つと言われていたと知りし合いの中国人は言っていました。日本人はそれ位当時は働いた者だとの認識があったようです。
あの当時は同僚とか職場は親中一色でした。尖閣諸島問題以降の嫌中一色とは雲泥の差ですね。マスコミの力を思い知らされます。
自分はある時期まで日本は核兵器を持つのは必然かもしれないと思った時期もあったのですが、孫崎先生の本を読み、こんな考え方があったのかと思い、今はこれしかないと思っています。軽武装・警察の治安力のパワーと外交・複合的相互依存の経済関係のソフトパワーの両輪で行くのが安全保障ではベストと思っています。核兵器とかこんな危ない物は早く処分が必要と思っています。みんな食えて豊になれば治安も良くなり、争い事は無くなると思います。商売繫盛ですね。
6日前
×
>>7
そうですかね。
6日前
×
>>8
そうですね。商売繁盛ですね。
×
いまでも二階氏の背後には中共がいるわけですが、あと10年もこのままの状況なら、中共が直接島根県知事に差配するようになるのでしょうね。
×
>>11
中共、もう死語じゃないですか。勿論、私もたまに、ヤンキーとか帝国主義とか使うので、お互い様ですか。でも、中共は古すぎる。
×
>>12
「中国共産党の中国」をとくに強調したいときに使っています。以前にも説明したことがあると記憶しています。
わたしは、中国の一般の人民と中国共産党とは別に扱っているので、ときどき、「中国共産党の中国」をとくに強調したいときには、こういう表現をすることがあります。

ヤンキーは米国の呼称として不適切だとおもうので、わたしは使いません。黒人やヒスパニックなどをヤンキーとは呼ばないし、白人全体の呼称でもありません。もちろんあなたが使うのは自由です。ベトナムなどもヤンキーを米国人の呼称(蔑称)として使っていたと聞いたことはあります。

帝国主義はわたしも普通に使うし、古い言葉でもありません。
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。