• このエントリーをはてなブックマークに追加
ジニ係数からみた世界の各国貧富の格差(無しが0,全て一人が100)、CIA表示:南ア63.0、ブラジル53.9、アジアは香港(53.9)、シンガポール(45.9、比44.4、マレイシア(41.0)中国(38.5)、米国(41.1)ロシア(37.5)日本は32.9だが何と2013年推定を利用).
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ジニ係数からみた世界の各国貧富の格差(無しが0,全て一人が100)、CIA表示:南ア63.0、ブラジル53.9、アジアは香港(53.9)、シンガポール(45.9、比44.4、マレイシア(41.0)中国(38.5)、米国(41.1)ロシア(37.5)日本は32.9だが何と2013年推定を利用).

2021-08-01 08:51
  • 3

ジニ係数とは主に社会における所得の不平等さを測る指標。0から1で表され、各人の所得が均一で格差が全くない状態を0、たった一人が全ての所得を独占している状態を1とする(ウィキペディア)。
 ジニ係数が高い程社会不安が増すと考えられている。
 各国のジニ係数(数字はCIAのワールド・ファクトブックから。これを筆者が分類)
1:アフリカ
 南アフリカ(63.02014 est)、ナミビア(. 59.12015 est.)ザンビア(57.1  2015 est.)、、モザンビーク(57.12015 est.)アンゴラ(51.32018 est)、カメルーン(. 46.52014 est..南スーダン(46.02010 est.
2:中南米
 ブラジル(53.92018 est.)、ホンジュラス(52.12018 est)、コロンビア(50.42018 est.)、コスタリカ(48.02018

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

userPhoto
p_f
×
> ジニ係数が高い程社会不安が増すと考えられている。

これは生活が立ち行かなくなる貧困層の増大を想定してのことだろうが、ジニ係数が高いだけなら、大富豪、富豪、金持ち、小金持ち だけで構成される社会もアリでないか。この「最下層=小金持ち」社会で係る社会不安はない。即ち、底辺層にも ゆとりある生活が保障される社会であるならば、どれだけ所得の格差があろうが、別に大したことでない。だが、現実は「格差拡大=底辺層の生活侵害」だ。侵害しているのは勿論DS及びその日本人隷属者である。
1ヶ月前
×
日本のジニ係数は、32~33で推移している。横ばいの理由は、高所得者層の減少、上位20%の所得水準の減少によるものと分析している。
今後、金融緩和、グローバル化、デジタル化が進む中で、どのように労働生産性を高めるか、経営者側の姿勢の変更が求められている。

中国の数字は、都市部が0.46、農村部は0.75と中国人民大学副学長の呉暁求氏が、2019年3月25日の講演で中国貧困格差の深刻さを提示している。
共産党元幹部・家族の米国への渡航、資産などが、米国の制裁によってシャットアウトされると、貧困層だけでなく、共産党富裕層の不満が高まるのではないか。現実に、中国が制裁しないように米国にお願い外交をしており、中国の状況が極めて悪化しているとみられる。

米国は、0.39
①富裕層の最高税率の税率が低い
②相続税が低い
③労働組合組織率
④教育費・医療費が高い
などの格差を助長する要因の比率を低くしていくことが求められる


1ヶ月前
×
>>2 訂正
日本のジニ係数32~33は0.32~0.33に訂正します
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。