• このエントリーをはてなブックマークに追加
インド株にワクチンの効力弱いとの報告。イスラエルでの報告:ファイザーワクチンは、感染力が強いデルタ変異株に対する感染予防率は39%、イ首相もデルタ株への予防効果低いと発言。米国マサチューセッツ州でクラスター発生、感染者の74%がワクチン接種済み
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

インド株にワクチンの効力弱いとの報告。イスラエルでの報告:ファイザーワクチンは、感染力が強いデルタ変異株に対する感染予防率は39%、イ首相もデルタ株への予防効果低いと発言。米国マサチューセッツ州でクラスター発生、感染者の74%がワクチン接種済み

2021-07-31 14:22
  • 4

A-1 事実関係「ファイザー製ワクチン、デルタ株の予防効果低いが重症化防ぐ-調査」
(7月7日ブルムバーグ)
 米ファイザーとドイツのビオンテックが共同開発した新型コロナウイルスワクチンは、感染力が強いデルタ変異株に対する感染予防率は39%にとどまるが、感染しても入院や重症化をかなり防ぐことができる。イスラエルが最近実施した調査で示された。
 同国の保健省が22日発表したリポートによれば、ファイザー・ビオンテック製ワクチンは入院する確率を88%、重症化を91%の確率で防ぐ。調査は6月20ー7月17日にかけて行われたが、調査対象人数は明らかにされていない。
 同リポートは接種済みの集団と未接種の集団を比べる試験に複数の異なる方法が使用され、データに偏向がある可能性を示している。それでも、ブースター(追加免疫)接種を巡る議論を活発化させる公算が大きい。
A-2「イスラエル首相「ファイザー製ワクチンの予防

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
どんな病気でも、早期に発見すれば、重症化・死亡に至らずに済むという鉄則がある。

感染のレベルによっては、感染度が高くなるわけであり、コロナに限らず、ワクチンの効き目がひくくなる。

ワクチン接種によって、早期発見・重症化を防ぐという本来の目的を再確認したということに過ぎない。
1ヶ月前
userPhoto
p_f
×
ワクチン接種済みの人たちは当初考えられていたよりもウイルス量が多く他人を感染させる可能性あり━全米紙USA Todayが一度報じるも、その後記事から削除。「これは抗体依存性感染増強(ADE)が起こっている場合に予想されること」とマローン博士(2021/7/28)
https://bonafidr.com/8L9sM

「新型コロナ・ワクチンで集団免疫は獲得できない」「ファイザー社製ワクチンの効果は約6ヶ月」━mRNAワクチン技術を発明したロバート・マローン博士(2021/7/25)
https://bonafidr.com/rMzdw

ファイザー社の元副社長マイケル・イードン博士を攻撃するロイター通信の「ファクト・チェック」記事に同博士が具体的に反論━記事はイードン博士によるコロナワクチンに対する警告を「嘘まみれ」と批判(2021/7/23)
https://bonafidr.com/OgbUG

子どもたちや妊婦さんが打つ前に見ないと後悔する動画(2021/7/30)
https://odysee.com/@novo-clinic:e/567vaxxnotforyouth:e?r=FZvwXSkQetZhiXTGrPwEjYopeUtEPeEK&fbclid=IwAR3tiy0GlXxEyjIuHLpM2oSfNHXavCxxnM2mcRpMKxFhiFbk_250oBe9rHY

中日・木下雄介投手がワクチン接種後に「重篤」危機 専門家は「接種を忌避しないで」と訴え(2021/7/29)
https://www.dailyshincho.jp/article/2021/07280559/?all=1

ワクチン接種翌日死亡で遺族会見【大分】(2021/7/29)
https://obsnews.tv/?id=00062792&fbclid=IwAR14tYV8QfcyWnqm9qn8LeNzg1WeyX7k9xB5U3nw6_vT7onwR1yCGSKapG4

DSの言いなりで この殺人ワクチンの一億総接種に突き進んでいるスガ、コウノetc.、もはや落とし前はつけられまい。
1ヶ月前
×
mRNAワクチンは完全に失敗に終わったワクチンだと私は受け止めている。今年一月からまずイスラエルからファイザーのmRN接種が始まった。目的は集団免疫の早期達成だ。

ところが、早くから免疫が弱いことが分った。接種者よりも非接種者の方が感染者が少ないことが分ったのだ。だけど、イスラエル当局が報道管制を布いて西側大手は表に出さなかった。その時、既に集団免疫達成は不可能だということは分かっていた。

ファイザーみたいな大手の巨人製薬会社は米国政府をも呑み込む私的権力だから、集団免疫が期待出来ないのにも関わらず、堂々とバイデン政権の尻を叩き、子供まで接種すると言うのだから、米国は狂っているとしか言いようが無い。イスラエルも狂っている。明日八月一日から第三弾を接種するらしい。

私はアングロサクソンユダヤの好戦性を非難しているが、米国とイスラエルはmRNAワクチン接種で自滅するのではないかと、敵ながら心配している。

何故か分からぬが、英国はワクチンには微妙な動きをし始めている。米国の路線に従うか、独自の対応をするのか、興味が尽きない。

さー、日本はどうする。これも、興味が尽きない。

1ヶ月前
×
ファイザーの説明ではmRNAが抗体を多数生むので、発症しないというのが売りだった。しかし、ワクチン打っても発症するのであれば、設計思想に合致しない。

世界の疫学者の殆どがADE(抗体依存性感染増強)の発生を危惧していた。その危惧が実際に現実になっている。そのことが、米国で確認されているのだ。又、mRNAの主体であるスパイクタンパク質が全身に拡がることも米国で確認されているのだ。これもやはり想定外らしい。

人類の自然免疫体系は想像を絶するほど強力なもので、その複雑系は未だ謎に包まれているらしい。mRNAワクチンはその複雑系に挑戦してもいるのだ。

今後どのような結果が出て来るか全く分からないと真面目な米国の疫学者は警告を発している。

されども、製薬会社の目的は利潤。倫理、公正の理念は全く感知するところでは無い。米国政府も医学者の意見を聞き入れない。

私の尊敬するウルトラ右翼の医者であるヴァーモン・コールマン氏はエイズの時から強欲の製薬会社を激しく非難しているが、今回のファイザーのワクチン批判は激しい。私は彼の批判に同意している。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。