• このエントリーをはてなブックマークに追加
21日ワシントン・ポスト:「危機拡大するにつれ、世界の指導者達は経済的危険性について警告、成長率の低下、供給ショックの悪化、インフレ率の上昇がより確実になり、不安の度合いは大幅に上昇。スタグフレーションに直面し政策立案の余地を大幅に減少」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

21日ワシントン・ポスト:「危機拡大するにつれ、世界の指導者達は経済的危険性について警告、成長率の低下、供給ショックの悪化、インフレ率の上昇がより確実になり、不安の度合いは大幅に上昇。スタグフレーションに直面し政策立案の余地を大幅に減少」

2022-05-23 07:23
  • 10
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

戦争下にある景気悪化=スタグフレーション、最悪の状況と見るべきでしょう。
各国とも経済悪化に対する対応レベルの段階が重要であり、各国経済担当者の苦悩も様々でしょう。

景気悪化で問題になる事を少し列記してみる
①貿易主導型か内需主導型か
②雇用重視型で失業率が低いか
③海外債務の規模が過剰か
④重要資源エネルギーとか食料に対して国家補助態勢が敷けるか
⑤物価上昇対応力

景気悪化の問題点

1.貿易依存型国家は景気の影響をまともに受け、その影響力はすべての分野に広がる。国民の生活がもろに脅かされる。さらに物価上昇が加われば悲惨としか言えない。
2.現在の失業率が高く、雇用が非常事態の場合、最初に影響を受ける新卒の就職率は悲惨な状況が想定され社会不安を惹起する。
3.エネルギーと食料の国家補助が期待できないと庶民の生活が破壊される。
4.海外債務は期限があり、国家、企業の存続問題に直結する。「一帯一路」の債務国心配である。スリランカには日本が支援しているが、多くの貧国で問題化してくるのでしょう。

日本は米国のように内需主導型であるが、供給過剰型であり米国のような物価上昇にならないといえる。
国内債務は大きいが貸借対照表のバランスシートでは資産が負債を大幅に上回り問題がないうえ、海外債務はない。
米国、EU,中国に比して地味な経済運営が今回のスタグフレーションに対して極めて強いといえる。日本政府と国民のたゆみない努力が社会の安定に寄与しているとみている。大変ありがたいことです。

No.2 1ヶ月前

> 世界で最も強力な国々の金融指導者たちは、ロシアのウクライナ侵攻によって引き起こされた脅威が増大し続けたため、世界経済の減速の可能性について警告。

経済/金融については疎いままだが、こんな一文には どうも胡散臭さが付き纏う。所詮、この「金融指導者たち」にとって「経済危機」など他人事でないか。「下々」と掛け離れたスーパーリッチ連中だからだ。ロシアのウクライナ侵攻によって引き起こされる世界経済への打撃など先刻承知の上で、それを食い止める努力など一切しなかった連中だろう。むしろ、それが起こるのを待ち望んでいたのでないか。スーパーリッチは死ぬほどヒマだからだ。そうして「危機」が実現すれば、次はショック・ドクトリンでガッポリ儲ける お馴染みの手口のお出ましだ。そんな悪巧みを延々続けるG7など、もう不要でないか。

No.3 1ヶ月前

中国はロシアへの経済制裁は世界の庶民の生活を苦しめるから「やめろ!」と主張しているが、ならずもののG7は中国の主張に耳を傾けるそぶりも見せない。

ロシアはデイーゼル用の油の供給では世界第二の生産国だ。そのロシアを支援している中国は尿素樹脂の生産ではトップクラスで国内需要ひっ迫もこれあり、昨年10月から輸出規制している。この尿素樹脂はデイーゼル用油の添加剤として不可欠。

因みに、現在、米国ではロシア制裁でデイーゼル用油は高騰していて、深刻なのは、理由は不明だが、工場から肥料が多くの農場に届いてないらしい。運送会社が配車を減らしていて、バイデン政権は黙認しているらしい。そうだとしたら米国のトーモロコシや小麦の生産は今年激減するだろう。

米FRBはインフレは金利を上げれば、抑制されると言っているが、経済学の基本を知らない発言だ。物不足によっておこるインフレは供給を増大して抑制するしかない。

ロシアに対する経済制裁はバイデンの大しくじりだと私は考えている。バイデン信奉の日本には付ける薬はない。バイデンの米国での支持率は26%。岸田氏の支持率は59%。日本人はどこを見ているのだ?

最後に西側の真の指導者たるダボス会議のシュワブ氏とビルゲイツ氏はコロナとワクチンと食糧危機で世界人口を減らすミッションの保有者だ。この二人にとっては今の状況は願ってもないことなのだろう。恐ろしい話だ。

No.4 1ヶ月前

>>2
実に面白い作文です。おっしゃる通りになればいいですね。

No.5 1ヶ月前

teleSUR 23 May 2022

バイデン氏の韓国訪問に数百人が抗議
https://www.telesurenglish.net/news/Hundreds-Protest-Bidens-Visit-to-South-Korea-20220523-0001.html

抗議デモは、バイデン氏が国賓訪問中に宿泊した大統領府近くのグランドハイアットソウルホテル前で行われた。

厳重な警備の中、数百人の韓国人がジョー・バイデン米大統領のソウル滞在中のホテル前に集まり、大統領の訪韓に抗議した。

ソウルの龍山地区にある大統領府に近いグランドハイアットソウルホテルの前には、日曜日に終了したアジア諸国への国賓訪問中にバイデン氏が滞在していたため、人々が詰め掛けた。

バイデン氏の存在に対する不快感は、朝鮮半島の緊張と戦争を煽るという事実によるものだと、地元紙が参照したアナリストは述べている。

米国大統領は、朝鮮半島の緊張を含む様々な問題に対処するため、韓国と日本を巡るツアーの一環として、金曜日にソウルに到着した。

ソウル警察は、主にバイデン氏の訪問に反対して、約50種類の街頭デモの通知を受け取ったと発表した。 金曜日には、約60人の抗議者グループが米大統領の出席に異議を唱えた。

土曜日には、親韓派の抗議者約200人と別の抗議者約200人が、国立中央博物館と韓国戦争記念館の前で記者会見を開き、数回のデモを行った。

Bree B.@KGBreeB
“バイデン大統領は5月20日、韓国のユン・ソクヨル新大統領との初の首脳会談のため、韓国に到着した。ソウル市民はバイデン大統領の訪韓と軍国主義化に対して抗議デモを組織した。韓国人は平和と協調を圧倒的に支持している。”–@CGTNOfficial

デモは、ソウル・ワシントン首脳会談が尹錫烈(ユン・ソクヨル)大統領の事務所で行われている時に行われたものである。バイデン氏のホテル前を封鎖した警察は、両大統領が首脳会談を行う際の安全を確保するため、土曜日に120の部署から約7,200人の警官を集めたと発表した。

韓国訪問を終えたアメリカ大統領は、初のアジア歴訪の最後となる第2行程で現地時間17時(日本時間09時)過ぎに東京の西にある横田基地に到着した。

バイデン氏は、月曜日に岸田文雄首相および天皇陛下と会談し、火曜日にはオーストラリア、インド、日本、米国の首脳が集まるサミットに参加する予定である。

また、地域貿易構想「繁栄のためのインド太平洋経済フレームワーク」を立ち上げる予定。

No.6 1ヶ月前

ちょっと前に大ベストセラーになったピケティだが、その結論は r>g つまり、資本収益率は経済成長率よりも高いということだった。これを18世紀くらいからのデータで実証したのが、ピケティの価値だという。
労働者の賃金は経済成長率以上にはあがらないから、結局、資本家は労働者よりもますます富んでいく、ということになる。

平均すればそうなるが、しかし例外的な時期もある。それが戦争で、戦争となれば、国は富裕層への課税により戦費をまかなう。また戦争に動員される労働者層は、戦後発言権が増し、課税や福祉の点で労働者が戦前よりも有利となりうる。その結果、戦後平和がくれば、不平等はある程度是正される。

露では戦争がはじまってからこのかたオリガルヒが次々と(政権による?)不審な死に方をしており、その一方、厳しい言論弾圧のなかでも戦争に動員される層やその代弁者は根強い反戦反プーチン運動をしている。この結果、(まだ帰趨不明だが少なくとも明らかな大勝利のない)戦後の露では今までよりも格差の少ない社会が到来するのではないか。この戦争に露にとっていいことがあるとすれば、そのくらいではないのかとおもう。

そしてそれが中国に伝われば、中国の労働者の意識も影響を受けるだろう。台湾を侵略したり、ウイグルをいじめたりしても何になるのか。そういう言論が主流になる道は細いながらも中国にはあるとおもう。それを期待したい。

No.7 1ヶ月前

>>7
台湾侵略、ウイグル虐め、相変わらず認識が幼い。両方ともにアングロサクソンが大和民族を扇動する為のフェイクですよ。アジアでそういうフェイクを有難がるのは大和民族だけだと南京在住の日本人若手ジャーナリスト竹内亮氏が昨日言ってました。貴殿は若いのにスマートじゃない。真実一路で行きましょうや。

No.8 1ヶ月前

事実を書くと、幼い、といわれる。
まあ、耄碌といわっるよりはいいかとおもって聞いてますよ。
もしあなたが耄碌なんていわれたくないとおもうのなら、わたしにたいして幼いというのもやめましょうね。

No.9 1ヶ月前

>>9
台湾の主権は中国にあるんで、侵略はあり得ないですよ。事実と言うのはもっと不適切。

ウイグル虐め、CIAが作成したフェイクであることは日本以外のアジアでは常識です。

耄碌、幼い貴殿に云われたら、勲章に昇格です。別に何とも思いませんよ。

CIAが対露にナチズムの過激派を使い、対中には戦前の軍国主義を活用するのはコストのかからない戦略なのです。実にCHEAPでUSEFULL。米国にいいように使われるのをやめて中国との共存共栄を考えたらいかがですか。

No.10 1ヶ月前

>>10
たしかに、そうですね。
9,11がもう一度あれば米国は、ウイグルの取り締まりをもっと
厳重にやってくれと中国にたのみこむのでしょう。
9,11のあとブッシュがやったように。

そしてほとぼりがさめた頃に中国のウィグル弾圧がけしからんと
またインネンをつける。

まあでもわたし個人の意見ですが、中国はウィグルが独立をしたいのなら
それを認めるべきだと思いますよ。
もう核実験の土地もいりませんし。

東トルキスタンとかになってもらってロシア連邦にとってのカザフスタンの
ようになってもらったほうが中国にとってずっと得です。
これからも発展する中国にとってウィグルの中国化は大きな持ち出しに
なるでしょう。

ソ連の崩壊はロシア連邦にとっては発展の大きなチャンスでしたよ。
イスラム民族などはこれから発展しようとする国にとってはデッド
ウェイトです。

まあできないでしょうけどね。

そうすれば米国が甘言を弄してウィグルを勢力に収めようとするかも
しれませんから。

ここで言いたいことは、国土は広ければいい、人口は多ければいい
ということではないということです。

まったく異質の民族は同一国家にいないほうが本当は良いと思います。

それにいち早く気がついたのは米国です。
そうでなければメキシコなど侵略されて今頃は米国です。
トランプは国境に壁を作ることもなかった。

No.11 1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。