• このエントリーをはてなブックマークに追加
イーロン マスクがトランプTwitter アカウント復活させる。大統領選挙が始まる時に、トランプがオンラインでの注目を取り戻すのに役立つ重要な動き。マスクはツイッターで反応を聞く。15,085,458票参加。52%支持。発言制限は究極の手段。永久排除はやりすぎ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

イーロン マスクがトランプTwitter アカウント復活させる。大統領選挙が始まる時に、トランプがオンラインでの注目を取り戻すのに役立つ重要な動き。マスクはツイッターで反応を聞く。15,085,458票参加。52%支持。発言制限は究極の手段。永久排除はやりすぎ

2022-11-21 07:20
  • 9
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

トランプは劇薬であり、薬になれば毒にもなる。
ツイッターも劇薬であり、薬になれば毒にもなる。

今回の選挙で、トランプ陣営が裏方に徹していた時は、共和党が上下院とも圧倒的に強いと報じられていた。選挙直前になってトランプが前面に出て24年選挙に対して重大発表を翌月に行うと発表してから、情勢が大きく変わりだした。

下院は共和党が勝利することが変わりないが、上院は現在の50:50が大きく変わることがない接戦になりそうだと報道が大きく変化した。

上院は民主党が多数党になると報道される中で、24年立候補を表明したからマスコミは一斉に批判しだしている。

トランプという劇薬もツイッターという劇薬も上昇機運にあれば頼もしいが、上昇機運がなくなれば悪作用をするだけになる。果たしてトランプ現象が再上昇するかどうか。あり得ないとみている

No.1 2ヶ月前

>>1 追記
下院は共和党が勝利しそうで対中国では期待できそうだ。
21日ヤフーニュースによると「米共和党下院トップ次期下院議長選出なら中国問題を扱う特別委を設置の意向」
1.特別委設置意向を表明しバイデン政権は中国に堂々と立ち向かっていないと批判した
2.知的財産窃取という点で中国はナンバーワン。バイデン政権が看過するのを許さない。
3.米国内の中国「警察署」設置行動を共和党は阻止する
  FBIレイ長官は17日上院で「警察署」を米国の都市に設け影響力の可能性を懸念した。
下院だけでも共和党が勝利すれば、「脱中國」が強くなり好ましい傾向だ。

No.2 2ヶ月前

RT 20 Nov, 2022

トランプ氏、ツイッター復帰をためらう
https://www.rt.com/news/566894-trump-uncertain-return-twitter-musk/

元米大統領、自身のプラットフォームは「驚異的に好調」と語る-

ドナルド・トランプ前米大統領は、イーロン・マスクCEOが自身のアカウントを復活させた後も、ツイッターに戻る理由は「見当たらない」と土曜日に述べた。トランプ氏は自身のネットワーク「Truth Social」ですでに数百万人のフォロワーを抱えている。 

この発言は、ライブストリーム映像による共和党ユダヤ連合の指導者会議の席上で行われた。Twitterには「多くの問題がある」と元大統領は指摘し、「成功するかもしれないし、成功しないかもしれない」と観察している。

しかし、トランプ氏は、マスク氏が同社を買収したことを好ましく思うと述べた。「彼は個性的で、私は個性的な人を好きになる傾向がある。でも、彼は賢いんだ」 

彼は、自分の新しいプラットフォームであるTruth Socialが「驚異的にうまくいっている」と主張し、Twitterでの8600万人を大きく下回るものの、500万人近いフォロワーがいるこのサイトに留まることを以前から誓っていた。Truth Socialを上場させようとする会社の株主は、来週、13億ドルのIPOの可能性について投票を行うことになっている。 

マスク氏は土曜日に@realDonaldTrumpをアカウント凍結から復活させた。前大統領を復活させるべきかどうかを尋ねる投票にフォロワーの51.8%が好意的な反応を示したからである。テスラの大物社長は、「民衆の声は神の声だ」という意味のラテン語のフレーズを添えて、「民意が示された」とツイートした。 

この億万長者は先週、Twitterの新しいコンテンツ・ポリシーが「言論の自由はあるが、拡散の自由はない」ことを明らかにし、「ネガティブ/ヘイトなツイートは最大限に制限&禁止されるので、Twitterに広告やその他の収入はない。特に探さない限り、そのツイートを見つけることはできない」と説明している。

トランプは契約上、Truth Socialに自分のソーシャルメディア上のメッセージを6時間独占させる義務があるが、今年初めに証券取引委員会に提出した書類によると、彼はいつでもどこでも「政治メッセージ、政治資金調達、投票権獲得活動」を投稿することが許されている。 

トランプ氏は以前、自分のアカウントが復活してもTwitterには戻ってこないと発言していた。彼は昨年、1月6日の国会議事堂の暴動後、2020年の選挙結果の認定に抗議するよう支持者を煽って暴力を誘発したとされ、Facebook、Instagram、その他のほとんどのソーシャルメディアとともに、このプラットフォームから追い出された。直近のツイートでは、ジョー・バイデン大統領の就任式に出席しないことを表明した1月8日の投稿が残っている。 

トランプ氏は先週、2024年の選挙への出馬を正式に表明した。当選すれば、史上2人目の非連続2期を務める大統領となる。

No.3 2ヶ月前

GAFA(GOOGLE,APPLE,FAXEBOOK,AMAZON)とTWITTERは製薬カルテル、軍産複合体、FRBに完全に支配されていて、バイデン政権下でその醜悪が極限に達した。具体的には、
1.コロナウイルスに関する医者や科学者の見解が削除乃至追放された。
2.mRNAワクチンに関する科学者、医者の警告が無視乃至排除された。
3.FRBの金融市場政策への批判異論が排除された。
4.トランプがツイッターから排除された。
以上のような言わば弾圧はヒットラーのナチズム体制のものと比較しても劣ること無きものと言えよう。

そういう危険な傾向に米国が嵌ってしまっていることに元々騙されやすい米国民の大半がなんとトランプの発言に触れることによって知ることになった。大金持ちのマスク氏もその一人であろう。

No.4 2ヶ月前

>>2
隣国の中国を理解しましょうや。

No.5 2ヶ月前

日本の嫌中ネトウヨの問題は米国が中国に戦いを挑むのを期待する無責任な心理にありますね。ウクライナのゼレンスキーはユダヤ人臭をぷんぷんさせウクライナ大地を第二のイスラエルにするという夢を見ているのですが、日本の嫌中ネトウヨはどういう夢をもっているんでしょうね。

自民党はさすがそういう夢とは無縁のようですね。米国とはしっかり面従腹背を貫いているのです。このような難解な世界で泳ぎ切るにはそれで結構と言うべきでしょうか。

No.6 2ヶ月前

民主主義において、言論の場を制限することは極力避けなければならない。
 ツイッター社が、トランプを永久排除したのは、議会侵入を煽ったという疑惑があるにせよ、この観点からしていきすぎである。
 イーロン・マスクはトランプのツイッターアカウントを復活させた。この決定を歓迎したい。➡
支持します。

No.7 2ヶ月前

RT 20 Nov, 2022

トランプとデサンティスの間で、真の共和党の選択は明らかである
https://www.rt.com/news/566871-trump-desantis-2024-election/

フロリダには偉大な知事がいる-彼に大統領として賭けることで運を試すべきか?-

ロサンジェルス在住の作家、憲法遵守主義者、Memoree Joelle記

ドナルド・J・トランプが待望の2024年大統領選出馬を表明した今、共和党予備選挙、そしてトランプとフロリダ州知事ロン・デサンティスとの対決に注目が集まっている。デサンティス知事はまだ出馬を表明していないが、その人気と今月フロリダ州で行われた再選挙の大成功を考慮すれば、彼が出馬する可能性は非常に高いと推測するのが妥当であろう。

デサンティス知事はいつか優れた大統領候補になる可能性があり、トランプ氏の副大統領になる可能性すらある。しかし、2024年の二人の選択であれば、トランプが明らかに勝者である。そもそも、彼には経験がある。ありふれた政治経験という意味ではない。

ドナルド・トランプは政治的アウトサイダーであり、第45代大統領になる前は(そして今も)ビジネスマンとして成功し、億万長者であった。2017年のあの運命の日にエスカレーターを降りたとき、彼は、彼の退場を望んでいることを世界に明らかにした既成政治家たちとの戦いに臨んだ。それ以来、こうした者達は、民主党と左派が最悪だったとはいえ、両党とも、メディアと協力して、この男を執拗に中傷し、攻撃してきたのだ。そして、彼らは決して手を緩めないだろう。なぜなら、トランプはカーテンを引き、見るに耐えない腐敗を明らかにしたからだ。彼は、私たちのために働くはずの選挙で選ばれた政治家が、まったく逆のことをしていることを米国民に示したのだ。「沼の水を抜く」ことはできなかったにせよ、彼はDCを根底から揺るがした。

ワシントンDC、米国企業、メディアのエリートで強力な集団がこれほどまでに誰かを嫌うということは、その人が現状を打破しているに違いないということは、世界で最も賢い人でなくても分かることだ。それこそが、何百万人もの有権者が最初にトランプの周りに結集した理由なのだ。

ロン・デサンティスの軍歴は認めるし、尊敬に値する。そして彼は米国の英雄だ。しかし、この世界では、さまざまな種類の戦いがあり、トランプができるようにキャリア政治家に対抗できる人は誰もいないと思う。他の誰も そんなことを進んでやろうとはしないだろう とさえ思う。デサンティス氏自身はまだ若く、政治家としてはかなり経験が浅いが、すでに複数のエスタブリッシュメントRINOs(Republicans In Name Only)から支持を集めている。彼は、ワシントンDCで狼の群れに投げ込まれた羊のようなものだろう。そこでこそ、トランプ氏のような経験が、これまで以上に必要とされるのである。

それから、地政学と外交の重要な問題だ。トランプの外交政策と「米国第一」計画は他に類を見ないものであり、他の誰の下でも再現されるかは疑問だ。彼の任期中、新たな戦争はなかった。中東和平を実現し、金正恩と意思疎通を図り、緊張を冷やすことができた。北朝鮮のキリスト教徒を解放するために交渉し、米国の信教の自由だけでなく、世界の信教の自由を優先させた。おそらく最も重要なことは、トランプが中国という、我々の最大の脅威であり続ける国に立ち向かったことだ。

最後に、トランプ政権下で米国経済は好調だった。バイデン政権下でのインフレの高騰、米国のパイプラインの仕事に対する彼の戦争、ウクライナへの無条件援助(これはすでに米国人の半分しか支持しておらず、この数字は米国経済に支障をきたせば縮小すると思われる)の後、経済を立て直すためには、トランプのような人物がどうしても必要だ-そして彼以外にはそれを実現できないだろう、と私は思っている。

フロリダ州知事として、デサンティス氏は州の権利と安全を守るために並外れた仕事をした。そして、米国中の州の知事には彼のような人物が必要だ。自由を愛する優秀な知事が、連邦政府の過剰な介入から州を守るのであり、この危険な時期にもっと多くの知事が必要なのである。Covidやバイデン政権が出し続けている過剰な行政命令の数々(決して終わらない「緊急事態」とともに)を受けて、それは明らかになった。デサンティスは、大きな政府から州を守ることと、その重要性を理解しているはずだ。彼は、フロリダを捨ててでも大統領執務室に行くつもりなのだろうか?

2024年、共和党は、偉大な大統領になるかもしれない偉大な知事との賭けに出たくない。バイデン体制で苦しんできたのだから。だから、トランプに代わる「新鮮な血」を求める一部の声高なメディアのエスタブリッシュメントGOPには賛成できないのだ。私は確実なものが欲しいのだ。トランプ氏の場合、とんでもないことを言わないという保証はないかもしれない。彼は今後もあらゆる羽目を外し続ける可能性が高い。そして、デサンティスらに対する彼の口撃について、一部の保守派が抱く感情も理解できる。しかし、それは浅はかな懸念だ。不親切な言葉が国を引き裂くことはない。弱い、あるいは妥協した指導者がそうするのだ。トランプは、自分が決して弱くないことを証明し、妥協しようとする試みを拒否してきた。共和党からの資金援助を必要としないのも救いだ。

党派政治に関係なく、米国は2024年には、米国を再びエネルギー面で自立させ、南部国境の安全を確保し、世界の指導者と交渉し、米国を戦争から守る大統領を必要とし、それにふさわしい人物でなければならない。国連や世界保健機関(WHO)など、わが国の主権を侵害しようとする組織に反撃できる、試行錯誤を重ねた指導者が必要である。かつて米国を偉大にし、現在沈みかけている船を救うことができる人物が必要なのだ。ドナルド・トランプ氏以外には、これができる自信がない。そして、もし私たちが特別に幸運であれば、2024年にトランプ/デサンティス迎えることができるかもしれない。

No.8 2ヶ月前

ジョエルさんの文脈は素敵ですね。デサンチスのフロリダはパンデミック当初からマスク着用は不要で当然ワクチン接種なしの州です。米国の大衆の為の政治がトランプやデサンチスが主流のGOPによって担われれば、世界が良い方向に向かうのではないでしょうか。

No.9 2ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。