• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

私の生活の柱はジョギング。契機は30歳で喘息にかかってからです。

2014-10-13 08:24
  • 2

今、私の生活の柱はジョギングです。大体5KMを日々走ることにしています。

その契機は30歳で喘息にかかってからです。

この頃、通産省石油部に出向していました。

体調を崩し風邪気味だった時に、イラク出張をし、帰国後、喘息になったのです。タタミとハウスダストのアレルギーと診断されました。

通勤の途中池袋駅で発作が出て、苦しくて一歩もあるけないような状況にもなりました。当時減感作療法を中心にしていました。

入院していた時、工場労働者がガスが原因で喘息になり、空気は50%しか入らなくなるのですが、すぐ回復する人がいました。他方私は70-80%減なのですが、回復せず、数日症状が継続します。

喘息はアレルギーで発作が起こる、本来緩めなければいけないのに、気管支がますます緊張して呼吸が苦しくなるということです。精神的な要素が強く働きます。

私は減感作療法には疑問を持っていました。

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
以前のご投稿でジョッギングのお話をされていたのでびっくりしましたが、現在5~10キロメートルの軽いジョッギングとお聞きし納得しました。しかもきっかけが、喘息とのこと、続けられる理由がわかりました。私も、糖尿で55歳から現在の75歳まで20年間、最初の5年間だけジョッギングをしましたが、そのあとは散策毎日一万歩を健康で生きるための義務にしています。自己管理の不足により、生きているだけの寝たきりにならないで、ポックリとおさらばが私の理想なのです。介護保険料を払っていますが、この対価だけはできれば受けたくありません。
59ヶ月前
×
とても勉強になります☆ありがとうございます。これから心に刻んでいこうと思います ( ❛ω❛ )!
59ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。