• このエントリーをはてなブックマークに追加
孤独の猟師① ~小学校時代~ 「クラスでの称号」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

孤独の猟師① ~小学校時代~ 「クラスでの称号」

2013-12-09 12:40
  • 3
開口一番にこんなこと言うのもどうかと思うが、私は社会不適合者である。
人付き合いというものが苦手なため、極力、他人と接したりしたくないし、グループを作りたくない。
時間にルーズなため、よく人から遅いだの鈍間だのと罵られることがよくある。
物事に対する考え方が、基本ネガティブなため、あまり積極性がない。
現に私は、これらの自分の欠点のせいで仕事はもちろん、アルバイトですらもまともに続かないし、築いた人脈も長くは続かない。
私は勉強も出来ない。学生時代に英語のテストで「-5点」を撮ってしまった過去があるほど馬鹿なのだ。私の通知表はそれはそれは見事なまでに蝋燭と白鳥さんのオンパレードだった。
もちろん、これらは全て私に原因があり、自業自得の一言で片付く内容である。
私には、この文明社会での生活の八割は苦痛と不安しかないのだ。

そんな私にも心のオアシスはいくつか存在する。その一つが、自然なのだ。
今こうして思い返してみれば、私は幼少の頃からやっていた自然遊びを、今に至るまで変わらずやってきている。一言で言うと「子供がそのまま大人になった」ようなものだ。
しかし、幼少から大人の間に変わってしまったところはある。幼少の頃はもっと前向きで、積極性もあり、社交性も良かったので誰とでも仲良くなることができた。
しかし、大人になった今では、まったく逆の中身になってしまった。どうしてこうなってしまったのだろうか・・・。

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
ネイチャー・ポケット@チャンネル入会&DVD「ネイチャー・ポケットVol.1」購入させていただきました。
ニコニコ大会議で、大勢の前で堂々と話しをされていたし、ニコ生でも話されていたので人付き合いが苦手というのは意外でした。昔からハンターの才能があったとは凄いですね。
あと、今は亡き非常食の話も聞いてみたいです。
71ヶ月前
×
自給自足生活の中で
「ボクの母方の実家でイナゴの佃煮なるものが食卓に上がったものだ」(うろ覚え)
と言っていましたが、山形県だったのですね。

カメ五郎さんの動画は何回も繰り返し拝見してます。
これからも楽しい動画とエッセイ楽しみにしています。
69ヶ月前
×
初めてカメさんの動画をみたのは多摩川編。私もアウトドア好きであるがカメさん動画を見た時、度肝を抜かれました。
(私のアウトドアなどカメさんに全くおよびませんが・・)
初見の感想は「…この人すごいけど変だよ…」
いつのまにか、その「変」は「憧れ」に変わり、ついに「リスペクト」になっていました。
イギリスかどっかの言葉だったか「私は私のしたいことを知っている」という言葉があります。そしてそれが「出来るのは人生の達人」だと。
簡単なようだが難しい事だと思います。でもカメさんは「自分のしたいことを知っている」。
それがわかった時、カメさんを本気でリスペクトするようになりました。
カメさんは決してスーパーマンではない、空腹でテンションがおかしくなったり、ちょっぴりおっちょこちょいなカメさん。
でもカメさんの野外生活動画は私達を魅了する。その理由は「カメさんは自分のやりたいことを知っていて、現実に行動する」から。
簡単なようだけれど常人には中々できないと思います。そこにシビれる!あこがれるゥ!
そんなカメさんが大好きなので、これからもカメさんの行動楽しみにしています。
…でも少しはご自愛してくださいねwリスナーとして「この人大丈夫なん?」と思うことがあるのでw

最近は「この人変!」から「すげー憧れる」になり「リスペクト」になりましたが、「やっぱこの人ただの変人なのでは…」にシフトチェンジしてたりしますがw

これからもカメさんの活躍に期待しています!

しかし小学生の時から「エビ」なんですねw
65ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。