• このエントリーをはてなブックマークに追加
【のりこえねっと通信0015号】本日22時より、『「右派」がネット右翼を認めない理由  能川元一×辛淑玉』
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【のりこえねっと通信0015号】本日22時より、『「右派」がネット右翼を認めない理由  能川元一×辛淑玉』

2014-01-29 20:13
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■■■■■-ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク-
    ■■■■
    ■■■     のりこえねっと通信 0015号 2014年1月29日発行
    ■■
    ■                                             ◆転送歓迎◆
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ★メールアドレスのご変更等は、info@norikoenet.org までご連絡下さい。
    ――――――――――――――――――――――――――――――――――

    賛同者の皆さま のりこえねっと通信をお読みの皆さま

    日々、ご賛同および賛助会員の応募、ご意見のFAX、メール、そして
    カンパ・寄付が寄せられております。みなさまに心から感謝申し上げます。

    今号では先週行われたのりこえねっとTV、さまざまな反レイシスト情報など
    を中心にお知らせします。


    恐れていたことが起きてしまいました。先週水曜日22日、兵庫の朝鮮学校
    に暴漢が侵入して、教員を鉄パイプで襲撃しました。(詳細は別途)詳しい
    背景はわかりませんが、現在の日本社会の雰囲気を反映したものであること
    は間違いないでしょう。犯人の処罰も当然ですが、徹底的な真相究明を行い、
    このような襲撃が起こらないよう日本社会全体で努力する必要だと考えます。
    今週も全国でヘイトデモとの攻防が行われました。先週18日の東京・六本
    木、19日の埼玉・蕨川口でヘイトデモが行われましたが、今週末は25日
    に大阪で「嫌韓、悪韓、呆韓、さらば韓国!さらば反日朝鮮人!梅田街宣」
    が、26日には神戸・三宮で在特会兵庫支部の差別街宣が行われました。両
    者ともカウンター行動が取り組まれ、神戸では在特会の街宣に先立ち、「反
    レイシズムデモ」が行われました。傾向として、警察側はヘイトスピーチを
    『表現の自由」の名のもとに、これを保護し、カウンター側に「道路使用許
    可」をとっていないことを理由に強圧的な弾圧(プラカードを機動隊で覆い
    隠すようなことも)を行っているように感じます。「どっちもどっち」「差
    別する表現の自由も守る」ということではない、人権を守るという視点に立
    った警察の対応が求められるのではないでしょうか。


    ●1.のりこえねっとTVは1月29日(水)午後10時からです。ぜひご覧下さい。

    ◆視聴方法についてあらためて記載します。
    【視聴方法】
     ▼初回にニコニコ動画に会員登録が必要です。(一般会員は無料です)
      http://www.nicovideo.jp/

     ▼メールアドレスとニックネーム、性別、年齢等のプロフィール、
      パスワードを登録してください。
     ▼そして、以下にアクセスするとのりこえねっとTVをご覧いただけます。
      http://ch.nicovideo.jp/norikoenet-tv

    ◎「右派」がネット右翼を認めない理由 能川元一×辛淑玉
    ◎放送日時 1/29(水) 22:00-23:00
    ◎ニコニコ生放送入口URL  http://live.nicovideo.jp/watch/lv167250724

    週刊金曜日では「差別と歴史修正主義」をテーマに全5回の歴史講座を行っ
    ています。(詳細はこちら http://www.kinyobi.co.jp/news/?p=2815 )第2
    回目となる1月26日は、「『行動する保守』は本物の保守ではない、という
    のは本当か?」と題して行われました。
    講師の能川元一さんは、哲学者として「戦争」をめぐる現代日本の言説など
    について研究してきましたが、インターネットにおける歴史修正主義とレイ
    シズムの実情に触れ、「ネット右翼」を研究対象とするようになりました。
    「右派」とネット右翼の違いは何か。そして、「左派」の実態は?歴史講座
    を聴講した、共同代表の辛淑玉が突っ込みます。

    ぜひご覧いただきますようお願い致します。

    ◆2月の番組ラインナップは以下を予定しております。

     2月5日 差別反対都庁前アピール行動がめざすもの(仮)
     2月12日 タイトル未定 出演予定:辻元清美衆議院議員
     2月19日 連続大量差別はがき事件から今を考える(仮)

    ◆のりこえねっとTV URL http://ch.nicovideo.jp/norikoenet-tv
    ※ブロードバンドのインターネット環境、もしくはLTE通信環境のスマート
    フォンなどからもご覧頂けます。あらかじめタイムシフト予約をしていると
    放映後 1週間以内はいつでも見ることができます。


    ●2.のりこえねっとTV報告

    1月22日放送
    ◎ヘイトスピーチ許さない!野間易通×高橋直輝×山口祐二郎×辛淑玉

    元「レイシストをしばき隊」で現・C.R.A.C.の野間易通さんと現・男組組長
    の高橋直輝さん、男組関東若頭の山口祐二郎さんをゲストに、反ヘイトスピ
    ーチ・ヘイトクライム運動のこれからをテーマに番組が行われました。
    冒頭放送当日22日に起きた兵庫朝鮮学校襲撃事件について、辛淑玉共同代
    表が報告しました。C.R.A.C.はすでに抗議声明を発表しており、「ついに恐
    れていたことが起きた」(山口さん)「野放しにした状況があった。メディ
    アやネットが先導して起きた事件だ」(高橋さん)などの感想が述べられま
    した。引き続き動機や背景について追っていく必要があることが確認されま
    した。この後、18日六本木、19日蕨川口で行われたヘイトデモとカウン
    ター行動について、映像を見ながら、状況報告がされました。18日のカウ
    ンター行動では、男組関係者が逮捕されましたが、誤解に基づく不当な逮捕
    だと野間さんより説明がありました。19日では、ヘイトデモに先立ち行わ
    れたお知らせ・差別反対デモの様子やハーケンクロイツの旗をまとった醜悪
    なヘイトデモへのカウンター行動について述べられました。
    19日の行動は、これまでのカウンター参加者とは別の地元の方が「世界が
    川口と蕨を愛してる」というチラシを配布して、「うちの街ではこういうの
    を許さないという意思表示」(野間さん)した新たな動きだと指摘しました。
    その後、高橋さんの逮捕・拘留体験から、「嫌韓気分は留置場でも広がって
    いて、週刊誌の記事などがその一因」となっていることや、元々右翼団体で
    活動していたが、ヘイトスピーチを激化させる運動スタイルに嫌気がさして、
    男組に参加するようになったという山口さんの体験が語られました。また最
    近安田浩一さんが有名なヘイトスピーカーに突撃取材したことについて、野
    間さんは「ネットがヘイトの本体。在特会はその一部が表に出てきて形にな
    っているものだ。匿名だと思って安心して好きなことを言っている。男組の
    人が家に来ても言えることだけを語って下さい」と言論の責任について、明
    確に指摘しました。
    最後に今後の運動の方向について、「シットインなどの非暴力直接行動もや
    っていく」が「同時に法規制もなければむずかしい」(野間さん)ことから
    ヘイトの調査・研究を行っていきたいと述べました。


    ●3.今後の反レイシズム情報
    --------------------------------------------------------------------
    ★公式サイト 学習会カレンダーにも順次掲載致します!
    ★http://www.norikoenet.org/workshop.html#callendar
    --------------------------------------------------------------------

    1)在日韓人歴史資料館 土曜セミナー(第70回)

    日時: 2月1日(土)14時~16時
    場所:在日韓人歴史資料館(港区南麻布1-7-32 韓国中央会館別館3F)
       南北線・大江戸線「麻布十番」駅 2番出口から徒歩3分
    講師:金耿昊(東京大学大学院総合文化研究科博士課程)
    内容:在日朝鮮人社会における「貧困」の現在と過去-生活保護「問題」を
    中心に-
    参加費:1,000円(要事前申込)
    主催:在日韓人歴史資料館 03-3457-1088(申込もこちらまで)
    http://j-koreans.org/event/event1_01.html


    2)「ヘイトスピーチってなに?‐共生社会を求めて 」

    日時:2月2日(日)13時~15時
    場所:大阪国際交流センター会議室1・2(大阪市天王寺区上本町8-2-6)
    市営地下鉄千日前線「谷町九丁目」駅10番出口から徒歩約500m
    講師:安田浩一(ジャーナリスト)
    参加費:無料(当日会場に先着順90名)
    内容:ヘイトスピーチの問題の深層を知るとともに、解決方法について考え
    ていくことを目的としたイベントです。講師の安田浩一さんは、ヘイトスピ
    ーチを繰り返す集団の多くのメンバーや元メンバーたちを取材して、丹念に
    分析し、『ネットと愛国-在特会の「闇」を追いかけて』(講談社、2012)
    などを著しています。
    企画:(一財)アジア・太平洋人権情報センター
    http://www.hurights.or.jp/japan/new-project/2013/12/22-1.html


    3)反レイシズムイベント shout!!! NO RACISM -vol.2-(再掲)

    日時:2月2日(日)15:30 start
    場所:「地下一階」 地下鉄長堀鶴見緑地線「松屋町駅」下車 徒歩5分!
    地下鉄御堂筋線「心斎橋駅」からも歩いて15分!
    http://www.perversion-web.com/chika-ikkai/top.html
    入場料:2,000円(1drink付)
    内容:様々な差異を越えた多様性のある社会を、多種多様な人達で作り上げ
    ていこうというテーマのもと開催する反レイシズムイベント第2弾。トーク
    ショウやドラグクイーンショウ、カウンター陣によるDJ timeに美味しいカ
    レーなどなど。あらゆるものを血肉として、叫べ ! NO RACISM ! ! !


    4)日本政府とGHQによる在日朝鮮人「帰還」政策―占領期を中心に

    大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター研究報告会
    日時: 2014年2月15日(土)午後2~5時
    会場: 大阪経済法科大学東京麻布台セミナーハウス
    住所:〒106-0041 東京都港区麻布台1-11-5
    主催: 大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター
    参加費: 無料

    1945年8月15日の日本敗戦から1946年12月末にかけて、日本から南朝鮮に
    「帰還」した在日朝鮮人は、これまでの研究によれば140~150万人と言われ
    ている。この時期における、日本政府とGHQ/SCAPによる主な「帰還」政策と、
    在日朝鮮人の「帰還」に関する研究動向について報告する。

    報告者 鈴木久美(大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター客員研究員)
    準備の関係上、参加を希望される方は事前に事務局までご連絡ください。
    メール:capp@keiho-u.ac.jp
    電話 :03-5545-7789
    ※お申し込みの際は、お名前、住所、電話番号をお知らせください。


    5).のりこえねっと連続セミナー第3回

    連続大量差別葉書事件から今を考える(仮)
    日時:2月19日(水) 午後6時30分~8時
    場所:新宿区大久保地域センター会議室A(新宿区大久保2-12-7)
       山手線新大久保駅徒歩9分、地下鉄東新宿駅徒歩3分
    参加費:500円(賛同会員400円)
    講師:浦本誉至史(連続大量差別はがき事件被害者、1965年生 兵庫県出身)
    著書に「連続大量差別はがき事件 被害者としての誇りをかけた闘い」 2011
    年解放出版社、「江戸・東京の被差別部落の歴史」2003年明石書店
    主催:のりこえねっと
    ■参加を希望される方は、 e-mail、電話、FAX等にてお申込みください。
    (セミナー終了後、浦本さんはのりこえねっとTVに出演予定です)


    ●4.新聞・雑誌記事より

    1)建造物侵入容疑:神戸朝鮮高級学校に男 教諭に殴りかかる
    (毎日新聞 1月22日)
    22日午後0時15分ごろ、神戸市垂水区上高丸1の神戸朝鮮高級学校に男
    が侵入、校舎3階廊下にいた男性教諭(25)に鉄製の棒で殴りかかった。
    男性教諭は左腕に軽傷。男は数人の教諭に取り押さえられ、兵庫県警垂水署
    員が傷害と建造物侵入の疑いで現行犯逮捕した。生徒にけがはなかった。
    http://mainichi.jp/select/news/20140123k0000m040028000c.html

    2)山野車輪×安田浩一「嫌韓とヘイトスピーチ」
    *激論240分!『マンガ嫌韓流』著者と『ネットと愛国』著者が対決
    (G2 Vol.15 1月22日発売 講談社)
    (対談の一部抜粋)
    安田「嫌韓流での韓国人の描かれ方がひどい。対して日本人は全員善人に描
    かれている」山野「マンガですから」「単なる記号で悪意はない」「わかり
    やすく描いた」くわしくは「G2 Vol.15」をご覧ください。


    ●5. 国連・人権勧告の実現を!-すべての人に尊厳と人権集会・デモ報告

    1月25日土曜日午後1時半より、「 国連・人権勧告の実現を!-すべての人
    に尊厳と人権集会・デモ」が代々木公園で開催されました。大熊ワタルとジ
    ンタらムータの音楽がアトラクションで行われた後、集会がもたれました。
    集会では従軍慰安婦問題・朝鮮学校無償化除外・移住労働者・セクシャルマ
    イノリティ・沖縄・アイヌ・福島避難者・部落解放同盟・日の丸君が代強制・
    秘密保護法・ヘイトスピーチ反対などさまざまな分野から、人権侵害を受け、
    それと闘うアピールがありました。集会のまとめで、田中宏のりこえねっと
    共同代表より、「1970年代ベトナム難民問題が発生し、これを受け入れるこ
    とから、性別・障害者・在日外国人の人権問題が大きくクローズアップされ
    た。安倍政権が積極的平和主義を掲げるならば、我々は積極的人権主義を訴
    えよう」と発言しました。
    集会後、「国連人権勧告を政府は受け入れよ」と渋谷一周デモを行い、アピ
    ールしました。


    ●6.編集後記

    専従体制がとれない中、通信の発行が遅れ気味ですみません。スムースな発
    行を目指し、この通信の編集や情報発信を一緒に行ってくれる方を募集しま
    す。少しでも手伝っていただけると助かります。お気軽にご連絡下さい。ま
    たフェイスブックやTwitterでの情報発信もできるだけ早く実現させたいと
    思っています。
    引き続き本通信を充実してさせるため、ぜひ各地のヘイト情報、カウンター
    や反レイシズム学習会、そしてご意見・投稿などをお寄せいただければ幸い
    です。
    (か)


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ★メールアドレスのご変更等は、
    info@norikoenet.org までご連絡下さい。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■のりこえねっと通信 0015号 2014年1月29日発行
    info@norikoenet.org
    発行:のりこえねっと事務局
    運営団体:のりこえねっと

    〒169-0072
    東京都新宿区大久保2-7-1大久保フジビル 311 ペンの事務所気付
    Tel.03-5155-0385/Fax.03-5155-0383

    http://www.norikoenet.org/
    (C) のりこえねっと All rights reserved.
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。