• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

春名幹男氏:日韓のいがみ合いで崩れる東アジアのパワーバランス
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

春名幹男氏:日韓のいがみ合いで崩れる東アジアのパワーバランス

2019-08-14 20:00
    マル激!メールマガジン 2019年8月14日号
    (発行者:ビデオニュース・ドットコム https://www.videonews.com/ )
    ──────────────────────────────────────
    マル激トーク・オン・ディマンド 第957回(2019年8月10日)
    日韓のいがみ合いで崩れる東アジアのパワーバランス
    ゲスト:春名幹男氏(ジャーナリスト)
    ──────────────────────────────────────
     日韓関係が悪化すると、誰が一番得をするのか。昨年10月に韓国の最高裁にあたる大法院が、日本製鉄(旧新日鉄住金)に対し元徴用工への損害賠償の支払いを命じる判決を出して以来、日韓関係は坂道を転がり落ちるように悪化の一途を辿っている。
    今年に入って韓国の司法当局が日本製鉄の株式差し押さえを通知したことに加え、日本側からの度重なる協議の申し入れにも韓国側が応じなかったことを受けて、日本側は遂に通商カードを切る。7月に半導体材料の輸出規制を実施したことに加え、今月2日は韓国を貿易管理上の優遇措置を受けられる「ホワイト国」のリストから除外する政令改正を閣議決定するなど、韓国のアキレス腱ともいえる通商問題で日本は攻勢に出ている。
     共同通信のワシントン支局長などを歴任したジャーナリストの春名幹男氏は、歴史認識の問題に通商問題を絡めた日本政府の判断に疑問を呈する。
     今となっては日本政府は、一連の措置はあくまで通商政策上の措置であり、徴用工問題とは無関係という立場を貫いているが、当初輸出規制を発表する記者会見で、菅官房長官も世耕経産大臣も揃って、徴用工問題で両国の信頼関係が崩れたことを受けた措置であると明言してしまっている。それは記録にも残っているため、韓国が日本の輸出規制をWTOに提訴した場合、日本が不利になる可能性があると春名氏は指摘する。
     それはそれで十分に深刻な問題だが、日韓関係が悪化することで、更に深刻な問題が浮上している。それが東アジアにおけるパワーバランスの変化だ。
     現在、東アジアの安全保障は中国、ロシア、北朝鮮という利害当事国に対して、米国と同盟関係にある日韓両国が、国内に米軍の基地を提供することで、ギリギリのパワーバランスが保たれている。今回アメリカが日韓の仲裁に失敗したことで、影響力の低下も露呈してしまった。東アジアの秩序の変更に野心を燃やす国が、このチャンスを逃すはずがない。
     しかも今の韓国は北朝鮮に親和的な文在寅政権だ。日本がホワイト国からの除外を閣議決定した日、文在寅大統領は日本がその気なら、「韓国は北朝鮮と組んで日本に勝ってみせる」とまで発言している。このまま両国のいがみ合いが続くと、日本が韓国を「向こう側に追いやってしまう」ことにもなりかねない。
     更に困ったことに、日本でも韓国でも、相手に厳しいスタンスを取ることが、政権の支持率を浮上させる効果を持っている。春名氏は日本が厳しい対抗措置をとれば取るほど、日本の歴史認識に対する韓国側の反発は強まるだろうと予測する。韓国には日本の植民地支配に対する根強い被害者意識があるため、日本側にとっては十分に正当な措置であっても、韓国側にそうは受け止められない可能性が高いからだ。
     そして日韓の関係が悪化すればするほど、東アジアの安全保障を不安定化させる要因となり、それは日本の安全保障にとって決して得にはならないと春名氏は言う。
     日韓関係の悪化は東アジアのパワーバランスにどのような影響を与えているのか。日本にとってどのような対応を取ることが国益に資する結果となるのかなどを、春名氏とジャーナリストの神保哲生、社会学者の宮台真司が議論した。

    ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
    今週の論点
    ・韓国がWTOに正式提訴すれば、日本の旗色は悪い
    ・徴用工問題も、個人の請求権は消滅していない
    ・未来志向になれない日韓関係
    ・日本はすでに「取るに足らず」と見切られている
    +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

    ■韓国がWTOに正式提訴すれば、日本の旗色は悪い

    神保: 今回は日韓関係を扱いますが、宮台さん、現状をどう表現したらいいでしょうか。のっぴきならない状況にある、という表現でいいのでしょうか。

    宮台: そうですね。お互いの政府が、支持率が上がるような行動をとると、こういう外交になるんです。特に日本の政権は「政権を維持するための政権」になっているから、そういう観点からすると強硬策は合理的です。おそらくそれがお互いにわかっていて、のっぴきならないのだけれど、政権が変わればそれで終わるんじゃないか、という気もします。 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になれば入会月以降の記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    マル激!メールマガジン
    更新頻度: 毎週水曜日
    最終更新日:2019-08-14 19:06
    チャンネル月額: ¥540 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。