• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 山田敏弘氏:世界サイバー戦争への備えはできているか

    2019-09-11 22:00
    540pt
    マル激!メールマガジン 2019年9月11日号
    (発行者:ビデオニュース・ドットコム https://www.videonews.com/ )
    ──────────────────────────────────────
    マル激トーク・オン・ディマンド 第961回(2019年9月7日)
    世界サイバー戦争への備えはできているか
    ゲスト:山田敏弘氏(国際ジャーナリスト)
    ──────────────────────────────────────
     サイバー戦争などというものはまだまだSFの世界の話だと思っていた。しかし、今や日常的に国家間のサイバー戦が世界の方々で繰り広げられているという。
     今年6月、イランがアメリカの無人偵察機を撃ち落としたが、実はアメリカはその報復としてイランにサイバー攻撃を仕掛け、ロケット弾やミサイルの発射装置を制御するイラン軍のコンピュータ・システムを無力化したと、ワシントンポストが報じている。
    一方、ロシアは2016年の米大統領選挙で、民主党全国委員会のネットワークに侵入し、盗み出した19,000件にのぼるメールをウィキリークスで公開した。その多くが、ロシアに対する強硬路線を主張していたクリントン候補にとって不利になる内容だったために、ロシアのサイバー攻撃がトランプ大統領を誕生させた一つの要因になったとまで言われている。
     こうした状況を受けて、アメリカも本気でサイバー軍の強化に乗り出しており、トランプ大統領はサイバー軍に対して、大統領の承認を得ずにサイバー攻撃を実行する権限を与えている。これを受けてアメリカのサイバー軍は、断続的にロシアに対するサイバー攻撃を実行に移しているとされる。
     中国も世界中の国家機密データを盗むために様々な国にサイバー攻撃を仕掛けている。近年アメリカで相次いだ停電の背後にも中国のサイバー攻撃の存在が疑われている。さらに、イスラエル、イラン、北朝鮮などの小さな国も大国に対する抑止力を保有するために、サイバー軍の強化に躍起になっている。今や世界のサイバー戦競争は激しさを増す一方だ。
     『ゼロデイ 米中露サイバー戦争が世界を破壊する』の著者で世界のサイバー戦情勢に詳しい国際ジャーナリストの山田敏弘氏は、既に大国の間ではお互いの国のネットワークに侵入し、いつでも通信ネットワークや電力グリッドなどの大規模なインフラを麻痺させるためのマルウェアを、方々に埋め込んでいる状態だと指摘する。正に核兵器の抑止論と同じように、相手に破滅的な打撃を与える能力を持つことが、自国に対する相手の攻撃を思いとどまらせる唯一の方法になっているというのだ。
     さて、問題は日本だ。憲法上の制約がある日本は、サイバー戦でも先制攻撃は難しいと考えられているため、どうしても受け身にならざるをえない。しかし、山田氏によると日本は既にこの分野でもアメリカの傘の下に入ることを決め、アメリカと安保条約上そのような取り決めをしているそうだ。
     システムが乗っ取られて夏に電気が止められてしまえば、万単位の人が熱中症で死ぬだろう。寒い地域で冬に電気が止まれば、やはり万単位で人が凍死するだろう。飛行機の管制システムや電車の運行システムが乗っ取られたらどうなるだろう。原発の制御システムはどうだ。いや核兵器の発射システムだって。そう考えていくと、今、世界のサイバー戦が抑止力を前提に辛うじて均衡が保たれているという現状の危うさを感じずにはいられない。
     そんなわけで今回のマル激は、山田氏に世界サイバー戦争の最前線の現状を聞いた上で、日本の立場やネットワークに支えられた今のこの上なく便利な生活に潜むリスクなどを山田氏と、ジャーナリストの神保哲生と社会学者宮台真司で議論した。

    ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
    今週の論点
    ・日本では報じられない“サイバー戦争”の現実
    ・防ぐのは事実上不可能? サイバー攻撃の種類
    ・日本はアメリカの「サイバーの傘」に守られるだけなのか
    +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

    ■日本では報じられない“サイバー戦争”の現実

    神保: 今回は「サイバー戦争」をテーマに議論したいと思います。今年の夏、アメリカに行っていたときに、ニューヨーク・タイムズなどさまざまなメディアで、サイバー攻撃の話題が出ていました。例えばこの間、イランでアメリカの無人機が撃ち落とされた後、日本ではあまり知られていませんが、アメリカは報復としてイランを大混乱に陥れるようなサイバー攻撃をしたらしいです。その他にも、ウクライナでしょっちゅう大停電が起きているのもロシアのサイバー攻撃だった可能性が高いという話もあります。

    宮台: この番組でも、トランプ大統領誕生の立役者がロシアのハッキングだったということを何度か話題にしてきていますが、まさにそのことを帯に書いて本を出された方が、今回のゲストですね。 
  • 藤島大氏:5金スペシャル ラグビーW杯を100倍楽しむために

    2019-09-04 20:00
    540pt
    マル激!メールマガジン 2019年9月4日号
    (発行者:ビデオニュース・ドットコム https://www.videonews.com/ )
    ──────────────────────────────────────
    マル激トーク・オン・ディマンド 第960回(2019年8月31日)
    5金スペシャル ラグビーW杯を100倍楽しむために
    ゲスト:藤島大氏(スポーツライター)
    ──────────────────────────────────────
     5回金曜日がある月の5回目の金曜日に無料で特別企画をお送りするマル激5金スペシャル。今回は9月20日に日本で開幕するラグビー・ワールドカップの開催を受けて、都立秋川高校、早稲田大学ラグビー部OBでスポーツライターの藤島大氏と桐蔭学園、ICU、コロンビア大学ラグビー部OBでジャーナリストの神保哲生の二人が、「ラグビーをまったく知らない」宮台真司氏にラグビーのディープな面白さを丁寧に解きほぐしていく。
     鍛え上げた屈強な選手たちが全力で身体をぶつけ合うラグビーは、一度嵌まると生涯ファンはやめられないと言われるほど奥の深いスポーツだが、如何せんルールがやや難しいところがあり、入り口のところにちょっとしたハードルがあるのも事実だろう。
     実際はごくごく単純な決めごとがある以外は、とにかく激しく身体をぶつけ合うことが基本のラグビーのルールは決して難しいものではないのだが、試合を見ているとすぐに選手が折り重なって団子状態になったり、かと思うとすぐにペナルティの笛が吹かれたりと、何が起きているのかがわらない場面が多いと感じる人も少なからずいるのではないか。
     そこで今回の5金マル激ではごちゃごちゃしているラグビーという競技の中でも素人にとって一番分かり難い「ブレークダウン(密集)」に焦点を当て、あの密集の中で何が起きているのかなどを徹底的に掘り下げてみた。
     ブレークダウンとはボールキャリアーがタックルなどで止められた時、ボールを中心に両チームの選手同士が折り重なって団子状態になっている、アレのことだ。ラグビーでは一試合の中で選手がボールを持ってパスを回しながら華麗に走る「ボールキャリー」の時間よりも、この「ブレークダウン」の時間の方が長いので、ここで何が起きているかがわかると、ラグビーが100倍楽しくなる。
    今回のマル激では「ブレークダウンこそがラグビーの醍醐味」との大胆な仮説の上に立ち、ブレークダウンの中で行われている激しい攻防を解説してみたい。また、ブレークダウンを理解したからこそ意味がわかる「ジャッカル」や「ノット・リリース・ザ・ボール」などの専門用語にも踏み込んでみたい。
     果たして藤島、神保両氏の解説を聞いた宮台真司氏がラグビーに興味を持てるのか。「宮台氏に面白いと思ってもらえれば、日本中が面白いと思ってくれるはず」という信念の上に立ち、950回を超えるマル激の歴史の中で初のラグビー特集をお送りしたい。

    ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
    今週の論点
    ・ラグビーが面白くなる「ブレークダウン」の攻防
    ・身体能力が優れているだけでは活躍できない
    ・W杯の注目プレイヤーとは?
    ・フーリガニズムのない、紳士的なスポーツ
    +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

    ■ラグビーが面白くなる「ブレークダウン」の攻防

    神保: 5回目の金曜日がある月は、自由なテーマを設定しています。960回番組を作ってきて初めてなのですが、今回は日本開催となるW杯の開幕が9月20日に迫る、ラグビーを取り上げさせてもらいたいと思います。東洋で初開催で、さまざまな意味で画期的なイベントなのですが、僕から見ても、ラグビーは非常にパブリシティが下手なんです。

    宮台: 子供たちは野球ごっこ、サッカーごっこはしますが、普通に成長するとラグビーをきちんと知る機会がありません。突然、テレビで見るとボールが変な形で、なんでこんなことをやっているんだ、という感じで、僕もすべてがよくわかりませんでした。

    神保: そうなんです。しかし、ラグビーがわからないままこのW杯を見逃してしまうのはあまりにももったいない、というのが僕の問題意識で、ここはラグビーを知らない宮台さんに、W杯を100倍楽しんでもらえるように、ディープな世界にお連れしたいと思います。 
  • 稲場雅紀氏:開発神話を超えてアフリカの今と向き合う

    2019-08-28 20:00
    540pt
    マル激!メールマガジン 2019年8月28日号
    (発行者:ビデオニュース・ドットコム https://www.videonews.com/ )
    ──────────────────────────────────────
    マル激トーク・オン・ディマンド 第959回(2019年8月24日)
    開発神話を超えてアフリカの今と向き合う
    ゲスト:稲場雅紀氏(アフリカ日本協議会国際保健部門ディレクター)
    ──────────────────────────────────────
     8月28日から、横浜で第7回のアフリカ開発会議(TICAD)が開催される。
     アフリカ55ヶ国から30人を超える首脳や国連機関が一同に会し、「イノベーションと民間セクターの関与を通じた経済構造転換の促進」や「持続可能かつ強靭な社会の深化」などが議論され「横浜宣言」が出されるという。
     日本政府が主導して第一回のアフリカ開発会議が東京で開催されたのは1993年。冷戦後、東西の対立がなくなり西欧諸国のアフリカへの関心が薄まる中、 当時ODA(政府開発援助)が世界一の規模だった日本がアフリカ開発のために力を発揮し、アフリカでのプレゼンスを高めたいということで始まった。その背景には、国連常任理事国入りを目指す日本の思惑もあったとされる。
     それから四半世紀。高い経済成長率を示す国も登場するなか、TICADの役割も変化している。また、アフリカにおける中国のプレゼンスの拡大や、投資先としてのアフリカの位置づけ、部族間闘争後のアフリカの国々の再建の状況、アフリカ連合の動きなど、12億人が暮らすアフリカの状況も大きく変わってきている。
     アフリカの問題に長年関わり、市民社会の代表としてTICADにも参加してきたアフリカ日本協議会の稲場雅紀氏は、アフリカを利用してビジネスチャンスを探すような動きに警鐘を鳴らす。確かに、携帯電話の普及や、ドローンを利用した様々なサービスなど、イノベーションによる“リープフロッグ”とよばれる発展の可能性は大きい。しかし、規制がゆるいアフリカで技術革新を、といった安易な考えが背景にあるのではないかと稲場氏は危惧している。
     西サハラ問題も避けては通れない。あまり報道されていないが、AUの一員であるサハラ・アラブ民主共和国は40年以上もモロッコと対立関係にあり、日本は国として認めていないため、その参加をめぐってTICADの開催を危うくするような状況であるという。稲場氏はそもそもこの西サハラ問題は、モロッコが西サハラに進出して多くの難民がうまれたことから始まっており、民族自決と人権の問題として公正な解決が必要ではないかと指摘する。
     アフリカの経済の状況から市民レベルの文化交流まで、知っておくべきアフリカの現状について、20か国は訪ねたという稲場氏に、社会学者・宮台真司とジャーナリスト・迫田朋子が聞いた。

    ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
    今週の論点
    ・日本主導によるTICAD(アフリカ開発会議)の歴史
    ・日本人が知らない、アフリカの“いま”
    ・AUと日本を悩ませる「西サハラ問題」とは
    ・日本はアフリカとどうかかわっていくべきか
    +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

    ■日本主導によるTICAD(アフリカ開発会議)の歴史

    迫田: 今回のテーマはアフリカです。8月28日から横浜で第7回のTICAD(アフリカ開発会議)が開催されることをきっかけに設定したテーマですが、宮台さん、いま「アフリカ」と聞くと、どんなことを思いますか。

    宮台: 最近僕たちが新聞で読むのは、グローバル化によって貧困率は改善し、都市化/近代化が進んだのにもかかわらず、格差が開き、底辺は非常に苦しい状況にある、というようなことです。そして、そのバックグラウンドがよくわからなくなっている感じがします。かつての受験的知識では、西側にも東側にも属さない低開発国の一群、などと言われていましたが、実際に何が起こって現在のような状況になっているのか、あまり知らされないでいまに至っているという気がしますね。

    迫田: フランスで開かれるG7サミットでもアフリカがテーマになるだろうということで、今回は市民社会の代表としてTICADにもかかわって来られた、稲場雅紀さんをゲストにお迎えしました。