• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「菅政権が狙うショック・ドクトリン」小林よしのりライジング Vol.376
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「菅政権が狙うショック・ドクトリン」小林よしのりライジング Vol.376

2020-10-27 16:00
  • 161
72fb1ce34d59e15889f7d5df6d4dc68b237d894c
第376号 2020.10.27発行

「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしのひとたち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」…政変や戦争、自然災害など何らかの惨事が起きて、国民の関心がそっちに集中している隙に、国民にとって不利になる新自由主義・市場原理主義の政策を導入してしまうことを、「ショック・ドクトリン」という。このコロナ禍において、菅政権は典型的なショック・ドクトリンで国の破壊を推し進めようとしているのだ!
※泉美木蘭の「トンデモ見聞録」…米国疾病予防管理センター(CDC)が9月に出していた報告書を見る機会があり、目が点になった。アメリカ国内11の外来医療施設において、新型コロナに感染して発症した18歳以上の患者から無作為に160人を抽出し、その生活状況などを面接して、どのように人と接触していたのか、地域でどのようにウイルスに曝露していた可能性があるのかという調査をまとめたものだ。マスクに感染予防の効果はあるのか?マスク信仰から目を覚ませ!!
※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!座右の銘は?「ゴー宣男子」と「ゴー宣女子」とでは注目作の傾向が違う?新型コロナのワクチンが完成したら接種する?マスクを長時間付けていると思考や行動にも悪影響が現れる?拉致問題、この際北朝鮮にお金を払って解決するのはダメ?石破茂氏が会派の会長を辞任したことをどう見る?今季の注目ドラマは?来年のオリンピックは開催するべき?…等々、よしりんの回答や如何に!?


【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第394回「ショック・ドクトリン」
2. しゃべらせてクリ!・第333回「『密』にも負けない!騎馬戦大決戦ぶぁ~い!の巻の巻〈後編〉」
3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第188回「マスク信仰の不思議」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 編集後記




261db4f328cffde008e481cdb91e03076984907c

第394回「ショック・ドクトリン」

 不思議な現象である。人出がかなり増えているが、全員マスクをしている。マスクをしてさえいれば感染しない、感染させないと信じているらしい。
 彼らは、コロナ禍はもう終わったとは思っていない。「不安」や「恐怖」はずっと変わらず、心理の奥底に沈殿したままだ。恐怖は本能に沁みつくから、そう簡単には払しょくされないのだろう。けれども自粛するには限界を感じてもいるようだ。
 そこでマスクだ。「マスクさえつければ」という信心だけは、彼らにとって必要なものだから、信心を奪うのはなかなか難しい。
 だが、そんな非科学的な迷信社会に自分を合わせるのが難しいというわしのような男はいる。泉美木蘭のような女もいる。理不尽に慣れない性格を持つ者にとっては、外出する度にうんざりと言うか、げんなりと言うか、「終わってない」という失望感に、怒りがこみ上げるのだ。
 多分、怒りがこみ上げるからには、失望はしても絶望はしていないのだ。
 そういう人間が、香港で中国共産党の弾圧を受けても、自由のために戦おうとして、人生を棒に振るのかもしれない。損な性格である。もっと器用ならば、全体主義に嫌悪感も湧かず、それが正義と信じてマスク警察に励むこともできるのかもしれない。

 恐怖と諦めが入り混じって、マスクにすがって外出するという、中途半端な心理状態の大衆にとって、菅政権の正体を真剣に考えるほどの気力は湧かない。ケータイの料金値下げとか、ハンコ不要論とか、不妊治療の保険適用とか、大衆受けしそうな分かりやすい政策を並べられると、「案外いいじゃん」と油断してしまうかもしれない。
 この先にとっておきの改革が待ち受けていようと、そっちの不安には気づかないままになってしまう。だが菅政権の目玉商品はこれからだ。
 菅義偉首相が本当にやりたいことは、小泉構造改革路線への回帰である。
 あの田舎のオヤジ然とした風貌にごまかされるが、菅は根っからの新自由主義者、市場原理主義者だ。それは、菅が掲げる理念が「自助、共助、公助」であることにも表れている。
 菅はこの理念を「まずは、自分でできることは自分でやってみる。そして、地域や家族で助け合う。その上で、政府がセーフティーネットで守る」と説明している。
 要するに「自助」とは「自己責任」のことである。まずは自己責任で何とかしろ、それで無理なら周りの者で助け合え、国が手を差し伸べるのは一番最後、というわけである。

 そもそも公助とは生活保護などの「福祉」だけを指すのではない。国や自治体による、消防・警察、そして自衛隊などを含む、公的支援全般のことである。
 国は「公助」を行うのが役割であり、政治家ならば、しかも政権を担っているならば特に、公助をいかに広く、手厚く行えるようにするかを考えるのが本来の使命だと言っていい。特に民間の体力が弱っていくときには。
 にもかかわらず、首相が「公助」を「自助、共助」よりも後に置いたということは、小さな政府路線の続行であり、国の役割はできる限り縮小し、人は自助努力で行動させ、富める者はどこまでも富んでいき、貧しくなる者はどこまでも貧しくなる。その結果は自己責任。これが新自由主義の原則であり、菅は就任早々あからさまにそれを宣言したようなものだ。
 これは大いに不安を抱かせる政策路線のはずだが、大衆にはもっと本能で感じる不安と恐怖がある。もちろん新型コロナの問題だ。冬になれば第3波が来るはずだからと、今のうちに外出して飲み食いしてストレスを発散させている。

 菅首相は政府の有識者会議として「成長戦略会議」を立ち上げ、その委員に慶応大名誉教授の竹中平蔵や、国際政治学者・三浦瑠麗、元ゴールドマン・サックスのデービッド・アトキンソンを入れた。
 全員、ゴリゴリの新自由主義者である。特に竹中平蔵が入っていることだけでも、小泉構造改革路線への回帰という意図は明白である。
 そして注目すべきは、デービッド・アトキンソンである。
 アトキンソンは日本の中小企業を「非効率」としか思っておらず、「競争力を高める」ために中小企業を統合・粛清すべきだというのが持論で、「日本の中小企業は半分消えていい」と力説している。
 日本の企業の99.7%を占める中小零細企業にこそ、他にはない技術などがあり、これが日本の潜在力の源泉であるということが、アトキンソンには全く理解できないのだ。
 菅はアトキンソンと以前から親交がある。経産省幹部は「菅さんはアトキンソン信者」だと言っており、実際に菅の政策は驚くほどアトキンソンの提言を丸呑みしたものだ。安倍政権の「影の首相」は首相秘書官の今井尚哉だったが、菅政権の「影の首相」はアトキンソンだと言われている。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他151件のコメントを表示
×
日テレの報道観る限り、鼻マスクが完全マスクに「突き飛ばされ」、催涙スプレーを撒き「応戦」したとしか思えんのですが……。
朝日、NHKは違う「カラーリング」なのか……。

「コロ問い」発刊に合わせ、報道が「過熱」「誘導」の度合いが酷くなりそうですね。

こりゃ監視塔が必要だわ。メディア全般に。
4週間前
×
モーニングショー監視員として、精一杯、働かせて頂きます。見れない日もあるかと思いますが。
(`_´)ゞ
4週間前
×
東海道場、当選しました。みなぼんさん、有り難うございます。
4週間前
×
今朝起きたら、そのアンチのブログの読者らしき人物が捨てアカ作って、殺人鬼、殺す、刺す、お前消えろ、焼き殺す等の香ばしいメッセージをSNSにふんだんに送ってきてます。
何て学習能力がない人達。
何かの指示でも出したのかな?
わかりやすくて、やる気が失せてしまうよ。
「小林よしのりを批判すると命の危険に晒される」かぁ。
馬鹿なのか?
別にブログを辞めろとか言ってないし、私のコメントに危険性を感じたならば、警察に飛び込むなり、相談するなりすればいかがで?
被害届出したり、告発しても良いですよ。
昨日はそのブログのリンクを弁護士に提出。
今月末に本人からヒアリング、良いカウンセラーを紹介してあげます。
ま、奴は引っ越しして逃げてるんで根っからヘタレだとすぐわかる。
こっちはバス駆除反対派から電話番号や住所まで晒され、「バスコロシタラヒヲツケル」の脅迫文が届いても、引っ越しはせず、普通に生活してるよ。
私の憧れは秋月岩魚氏なんでね。
まあ、いざというときに備えて、防刃チョッキ、特殊警棒は持ってますし、格闘技もやってます。
熱心な読者がアンチになると言います。
揃って「洗脳が解けた」「小林よしのりはこんな奴だった」「あんな事された、こんな事された」と被害妄想全開で発狂する。
小林よしのりは前から悪人を自称してるんだよ、わからんの?
それに漫画家をヤクザ稼業だと言ってるんだけど。
あえて言えば、ヤクザと友人になる覚悟がいるんじゃないのか?
何でそれを咀嚼出来ないのか?
まさか鼻から聖人君子、俺の理想の人物、私の代弁者だと思ってたのか?
「ホントの居場所を見つけたー!」で、小林よしのりと道場で自分を満たそうとして、自分の想像とズレが生じるとこんなはずじゃなかったと失望感が芽生え、些細な事で被害者意識が生まれ、やがては憎しみが湧き、アンチになってしまうんです。
要するに依存症なのです。
自分を満たし、自信と余裕を持ってから道場参加、門下生としての活動をすればいいのにさ。
こんなゴミはウザがられるんだよ。
こいつらこそ「小林よしのり信者」と断言しておきます。
「外来種排斥原理主義」のウルトラアンチになって、狂った池田清彦と同じなんだよ。
私は現場で何人もの前科持ちの人と付き合いがあります。
例えば、ある某熱帯魚雑誌がありますけど、そこの編集長や編集員は魚の密輸でブラジル政府から入国禁止を食らってるんです。
ですけど、その人達の出してる本を読んでますし、感想文も書いて送ってます。
私が書いた記事を載せてくれた恩もあります。
それと行きつけの爬虫類ショップの店長、爬虫類動物園IZOOの園長の白輪氏も種の保存法違反の前科持ちです。
更に私の会社の大型トラックの運転手2人は元暴力団員、1人は元暴走族、工場内スタッフの1人は覚醒剤の前科持ちです、笑。
元暴力団の運転手の1人は背中に見事な般若の面を背負ってます。
よく社交でお酒を飲んだりしています、笑。
私も種の保存法と動物愛護法違反で二回も警察に告発され、取り調べを受け、SNSに大量の殺害予告を送られた身の上です。
ですが、告発した環境NGOが知能不足のバカだったから、そのバカを虚偽申告罪で逮捕しましたけどね。
虚偽申告罪には罰金刑がありません。
そいつは刑務所にブチ込まれる運命です。
まだ謝罪の弁すら述べていません。
大量の殺害予告をSNSに送りつけてきたバカは、「捕まるとは思っていなかった」と取調室で絞られた挙句、泣きじゃくっていたそうです。
後悔と反省の弁を述べてるので、不起訴にするつもりですが。
これらの件で告発のやり方を学びました。
刑事告発は容易に出来るものですね。
告発の費用はタダですからね、ふふふ。
まだあの環境NGOは私への敵意を燃やしてるはずです。
3回目の告発も必ずやってくるでしょう、笑。
これも不適切なら削除されても構いません。
4週間前
×
アンチの話はこれで最後にします。
そのウルトラアンチと激似な奴がいます。
それは友人の元カレです。
激しい被害妄想、一方的な思い込み、全て人のせい、アル中、自己肯定感の低さ、ネチネチと恨み言をネットに書き殴る陰湿さ、好き放題デマやヘイトを流す、些細な事で発狂する器の小ささ、会話が成立しない部分、非常にそっくりです。
友人に未練がましく粘着質に絡むから、胸ぐら掴んで「うざいから消えろ」と警告しました。
そいつはその時、半泣きになり何も言わず、そそくさと逃げたのですが、後日、「○○に殴られ蹴られ、髪の毛を掴まれて引き回され、腹を複数回踏まれ、顔を壁に擦り付けられ、指詰めまで要求され、殺されかかった」と周りに向かって吹聴しました、笑。
しかもです、その友人の通う大学の事務室に電話をしたり、前の交際相手を提訴する、貴様に実弾撃ち込むとまで言い出しました。
ですがまだ銃撃されません、笑。
警察に通報しようかな?と考えたりしましたが、要するに口だけ鷹派の内心ヘタレだとわかったので放置しています。
その友人にウルトラアンチのブログを読んでもらったのですが、「元カレと超似てる」「めちゃキモいんやけど」「男の資格ないやん」「捨てられた男みたい」「絶対モテなさそう」「コンプレックス強すぎ」「小林よしのり好き過ぎやん(苦笑)、「ヤバ、薬やってるんじゃないの?」「ずっとお酒飲んでて現実と空想の違いがわからなくなってるかも」「女々しすぎ」とボロカスに酷評。
当たり前、これが一般人の感覚なんです。
女性から見れば道端に転がってる犬の排泄した汚物そのものだし、男性から見れば死ぬほどモテないクソダサイ価値のないヘボ。
ウルトラアンチを観察してると、サヨク時代に完全否定アンチだった過去がフラッシュバックしそうになります、笑。
小林よしのりが嫌いになった、面白くなくなったと思い始めたら、あっさり綺麗に離れた方が精神衛生のためだと考えます。
さあ、後はコロナパニックを終わらせる為に全力を傾けます。
4週間前
×
さて、案の定な羽鳥モーニングショー。
マスクトラブルをさらっと、しかし(彼らにとって)ツボを押さえた取り上げ方。

マスクをずらす、ずらさないどころか論点をずらす。玉川は「意味があることしようよ」と語るが、そもそも……ねぇ……。

言い方を変えれば?……ともコメントしていたが、問題は注意した側の「暴行」の話では?相手が、噴霧した液体が「傷害罪」に当たるならまだしも。突飛ばしに対する過剰防衛に当たるかどうかも難しいのでは?

さらに酷いのが女性コメンテーター。
会食の際は「気になる人もいるから、話し合いで云々」。科学より「話し合い」(笑)
恐らく彼女は17条憲法と日本国憲法の区別がつかないと思われます。今後見張らないと危険かな。

彼女のコメントはある意味番組を吹っ飛ばすコメントなのだが、さすがに誰も気づいていないようです。

しかしあれだけの消防車両の出動に、「誰が、どんな通報したのか?」が一番気になるんだが。
イギリス大使館や、皇居も、麹町警察署も近く、更に言えばちょうど朝からあの周辺で移動式オービス設置して取り締まりしてたからだろうか?まあ、それは関係ないな(笑)

岡田晴恵も、「わざわざ」コメント。
内容は「当たり前」。そりゃあ「呼」「吸」してますからね。やれやれ。

玉川はこうも言う。
「何でスプレー持ってたんだろ?」
いやいや、あなたが不安を扇動したようなもんでしょ。

マスクが臭くなるから、仮に芳香性の液体入れてたらコントにしかならん事件でしょ?

だいぶ昨日視聴率が上がったのか、浮かれてる今朝のモーニングショーでした。


4週間前
×
追記です。
「そもそも」突き飛ばしたことは「伏せてる」点が最大の「報道側の問題」
4週間前
×
>180  希蝶様
 
東海設営隊のたこちゃんです。

東海道場当選されたとのこと、あめでとうございます。

東海道場の本編はもちろんですが、東海設営隊では「愛子さま 皇太子
への道」サイトとのコラボ企画で、皆様に楽しんでいただけるよう準備
しております。

道場へお越ししただける皆様には、是非企画もご覧いただきたいと思い
ます。

それでは、名古屋でお会いしましょう!!
4週間前
×
モーニングショー監視塔
2020/11/04(水)
コメンテーターは、浜田敬子(アエラ副編集長(と出ていたと思う))と、玉川の2人。
2人の間は十分すぎるほどのソーシャルディスタンス、透明な板でセパレートされている。
テレビ出演者は全員マスク無し(裏方は不明)でトーク。飛沫飛びまくり。

8:10頃から約10分間、鼻マスクと完全マスクのトラブルについての話題。
玉川「しゃべる時、マスクを取る人がいるよね?」
羽鳥「マスク越しで声が聞こえづらいと思うんでしょうね」
玉川「しゃべる時も、マスクをつけてしゃべらないと意味がない」
というようなやり取りあり。

玉川はマスクを付けていないでしゃべっているので、意味がないことをしているのでは?

このスタジオは新型コロナウイルスを完全遮断可能なシェルターなのかな?
4週間前
×
 今日の羽鳥モーニングショー、冒頭、飼い猫の鼻先に、韓国の食べ物で発酵させた超臭いエイの刺身を近付けると、顔をしかめて飛び退く映像を流していました。
 猫の仕草は可愛くて面白いのですが、真っ黒い隈の付いた死んだような目をした浜田敬子や、しかめてるのか笑ってるのか分からない気色の悪い顔を晒す玉川徹が画面に映ると、全く楽しくなくなります。

 玉川
『これだけ匂う物は、腐ってる物に多い訳だから…』

くせい、くせい、性根の腐った玉川徹

 次に、完全マスクVS口出しマスクのニュースを取り上げていました。
 完全マスクが鼻出しマスクを“押し倒した”とは言わず、イメージ映像の動く絵まで作り、立ったまま揉み合った末スプレーを吹き掛けて逃げたと報じていました。
 情報操作は慣れた物です。罪の意識を微塵も感じないのでしょう。

 専門家が指摘する“鼻出しマスク”の危険性とは?…とナレーションが入りCMへ。専門家? 何となく嫌な予感が…。

 CM後、やっぱし出ました晴恵岡田。出たと言ってもパネルでした。
「医学博士で白鴎大学教授の岡田さんは」と紹介され、そのコメントが書かれたパネルの右上には、めかし込んでピンクの服着て写る見覚えのある顔が。
Σ( ̄□ ̄;)!!

 曰く、鼻を出してマスクをすると、鼻から他人の飛沫を吸ってしまい、自分が感染する可能性が増えるだそうです。
 曰く、顔とマスクの隙間から自分の飛沫が飛び、相手に感染させてしまう可能性もあるそうです。
 曰く、完マスクが注意した地下鉄内は、人が密集していて閉鎖的、換気しにくい空間なので、しっかり鼻と口を覆うことが大切なのだそうです。
 但し、屋外などで人と充分に距離をとれる場合は、無理をせず、マスクを外しましょうと、女子アナが補足していましたが、この言葉は晴恵なのかスタッフなのか、曖昧にしていた印象を受けました。

 で、晴恵の見解ですが…、今号の木蘭先生のトンデモ見聞録に書かれている内容で、完全に論破出来ますね。
 鼻を出していてもマスクで覆っていても、20ミクロン以下の飛沫を防ぐ効果はほぼ無い。
 鼻を出していてもマスクで覆っていても、飛沫を完全に防げないことには変わりがない。
 人が密集していて閉鎖的な換気しにくい空間で、しっかり鼻と口を覆うにもマスクには限度がある。
 そもそも新型コロナウイルスは、日本では弱毒性なので、それほど神経質になる必要はない。人と充分な距離をとれない地下鉄の中でも、恐れず無理をせずマスクなんか外してしまいましょう!
\(^o^)/
4週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。