• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「まん延防止してはいけない!」小林よしのりライジング Vol.386
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「まん延防止してはいけない!」小林よしのりライジング Vol.386

2021-01-26 18:40
  • 181
6d9bf18088e2da4ef4244bcc8fd5c39955ebd8f2
第386号 2021.1.26発行

「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしのひとたち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」…今国会では、新型コロナに関する特措法を改正して「まん延防止等重点措置」なるものを設置しようという議論が行われている。これは「緊急事態宣言」の前段階の措置で、首相が対象地域を指定し、対象となった都道府県知事は事業者に休業や営業時間短縮を「命令」でき、違反すれば30万円以下の過料という罰則を与えることもできるという。しかも政府案では、どういう感染状況になれば重点措置を発令できるかも詳細が明らかではなく、国会への報告義務もない。しかし、今回取り上げたいのは、そういった法律上の問題ではない。ウイルスの「まん延防止」のために「重点措置」をするという、その根本的な発想そのものが間違っているのだ!
※泉美木蘭の「トンデモ見聞録」…コロナ恐怖を煽る言葉にはいろいろあるが、最近のトレンドは「容態が急変して死亡」だ。「自宅療養中に急変」「無症状から容態が急変」というパターンもある。なにかとても恐ろしいことのように報じられているのだが、だいたい、どんな病気でも、とうとう死ぬ直前は「容態急変」だと思う。身のまわりで人が死ぬという体験をしていないのだろうか?
※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!「今は科学や死生観といった本質での説得は無理」という意見をどう思う?社会及び個人に対して取り返しのつかない損害を与えたマスメディア(大手TV局)に対して、罰則を与えられる様な法律は出来ない?自民党は大きな支持団体でもある日本医師会には逆らえない?ピーチ航空機でノーマスクを貫いて逮捕された男性を責めるのはまだ早いのでは?バイデン米大統領をどう見てる?平成以降にアニメ化された手塚治虫作品は曲解されている?…等々、よしりんの回答や如何に!?


【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第406回「まん延防止してはいけない!」
2. しゃべらせてクリ!・第343回「反自粛!自家用機で勝手にGoToトラベルぶぁ~い!の巻〈後編〉」
3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第200回「高齢者の肺炎実態と、急変して死ぬ病気」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 編集後記




4c2fdea8e6acecd5920ab2e90c89b498d91b14d9

第406回「まん延防止してはいけない!」

 ウイルスとは何か、ウイルスと人間とはどういう関係にあるものかということは、『コロナ論2』で描き尽くした。
 しかし、この本質的な観点を完全に欠いたままの議論しか行われていないことが、歯がゆいばかりである。

 今国会では、新型コロナに関する特措法を改正して「まん延防止等重点措置」なるものを設置しようという議論が行われている。
 これは「緊急事態宣言」の前段階の措置で、首相が対象地域を指定し、対象となった都道府県知事は事業者に休業や営業時間短縮を「命令」でき、違反すれば30万円以下の過料という罰則を与えることもできるという。
 首相が対象地域を指定するといっても、現在の緊急事態宣言が発令された経緯と同様、知事が世論の支持を受けて我が県を指定しろと迫れば、首相は拒否できないだろう。そうなれば都道府県知事には、罰則付きの命令を自由に出せるという強力な権限が与えられることになるのだ。
 小池百合子を筆頭とする知事たちに突き上げられて、それに易々と追随してきた政府は、今度はさらにその権限を強めて差し上げようとしているわけで、そのヘタレぶりは全く情けない限りである。
 そもそも、コロナがどういうものかを勉強する意思も能力もなく、ただ無意味に強権発動して「やってる感」さえ出しておけば支持率が上がるとしか考えていない、ポピュリズムだけのバカ知事どもの権限を強めるということ自体が、ものすごく危険である。

 この「まん延防止等重点措置」は、「緊急事態宣言」を出す前の段階で命令ができる。つまり全く「有事」にも至っていない段階でも国民の権利を制限できるという、とんでもないものである。
 しかも政府案では、どういう感染状況になれば重点措置を発令できるかも詳細が明らかではなく、国会への報告義務もない。
 そのため、政府が私権制限を伴う措置をフリーハンドで行使できる恐れがあるとか、罰則に歯止めがかからなくなり、過剰な規制が行われるかもしれないとか、実際に妥当な措置だったのかも評価できず、科学的客観性を担保する手立てもないといった批判が野党からは噴出しており、与党は修正の意向を示している。

 だが、わしがここで取り上げたいのは、そういった法律上の問題ではない。
 ウイルスの「まん延防止」のために「重点措置」をするという、その根本的な発想そのものが間違っているのだ。
 新型コロナは1年の累計で陽性者数31万人超、死者数約4400人。季節性インフルエンザの年間患者数1000万人、死者数1万人に比べてずっと少ない。
 そんな弱いウイルスを「まん延防止」したって意味がない。逆に、さっさとまん延させた方がいいのだ。さっさと大流行させて、さっさと国民の大多数が感染して、さっさと6割の人間が抗体を持って、さっさと集団免疫を獲得して、さっさと終わらせるべきなのだ。
 それを「まん延防止」なんてやっていたら、「さざ波」のような小流行が何度も何度も来ては収まり、来ては収まりということが延々と繰り返されるばかりで、いつまでも集団免疫が出来上がらず、結局は終息が遅れて、その間に経済や社会がズタズタに破壊されてしまうことになるのだ。

 政府の「まん延防止等重点措置」案に反対している人でも、「まん延防止」自体に反対している人は一人もいない。誰もが「まん延防止」自体は必要だということを前提とした上で、その大枠の中で法的な不備を指摘しているだけなのだ。
 病原菌やウイルスに対する根本的な感覚が全然違う。これこそが重大問題なのである。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他171件のコメントを表示
×
 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第200回「高齢者の肺炎実態と、急変して死ぬ病気」

 この「容態急変」という事項が、未知の感染症の特徴であるかのように語られてしまう風潮に違和感を覚えます。人間は突然死ぬ。そのことに後悔することがあっても、それは受け入れなければならぬ出来事だ。それだけのことでしょう。認知症という点についても、親の事例を目の当たりにしているので、非常に納得できます(幸いなことにうちの親は徘徊したりすることもなく、尿瓶で自分で排尿することもできますが、それでも身の廻りの片づけ、去年の退院後からしづらくなっており、「大事なものは自分の廻りには置くな」と言われ、同じく片づけな苦手な私も困っています。しばしば携帯電話で呼び出され、薬などの捜し物をするこが頻繁な状態です)。

 ぽっくり病というと、大島弓子先生の漫画で、「庭はみどり川はブルー」という読み切りがあったのを思い出します。粗筋を話すと、母親がぽっくり病でなくなり、娘が自閉的になってしまったので、その母親の霊魂が娘にのりうつり、娘の行動を補佐すると同時に今まで通り家事をしたり、自分の過去の友人に(娘のからだのままで)会いにいったり、という、傍から見て奇妙な行動をする、という話なのですが、当然、家事をするにも体が小さいので、旦那からは娘がいたづらをしているとしか見えない、幼稚園では問題児扱いされる、といった反応をされるわけで、隣家の女学生が旦那に気があるのに気づいたりして、最終的には娘の護衛をしているといってるけれど「ほんとは執着してるの ゆきたくないの ここにいたいの ここですっと花をつくりたいの あなたとくらしたいの」と呟きつつ、娘と別れてゆく、あるいは娘の魂と同化してゆく(自分の解釈ではそう。娘にも記憶が残っているから)という話で、何とも切ない話なんですが、これもしょうがないことなんだろう、人間は突然死んで、心残りがある場合もあるのだろう、それでも自分のいのちを受け継いでゆくものがあるのなら、その生命に未来を宅してゆくしかないのだろ、と思いながら読みました。
 何だか木蘭さんの知人やおとうさんの話からも随分離れた内容になってしまいましたが、自分の祖父も明日入院する前日になくなりましたし、いつ運命が訪れるかは分からないので、それまでびくびくして暮らすよりは、自分のできることを精一杯するのが健康的で、健全なありかたなのではないか、と思います。

 お節介ですが、「しゃべらせてクリ!」のことについても記します。
 anamochiさん、MVPおめでとうございます。小学生の6年間は短いようで長いです。自分の小学生時代にも、赤痢がはやり、クレゾール液で手を浸す、という面倒なことを一ヶ月か二ヶ月ばかりしたことがあり、その時も非常に長い期間に感じられました。
 加えて、外へ出る方がストレスがたまる、結果として自粛したくなくても、おうち時間を過ごさないといけなくなる、矛盾しているようですが、本当にそうなります。時分も仕事などで外へ出る時は、相当な気合いを入れてからにしています。いっそ、全世界のコロナ恐怖症の有名人たちが、冬眠でもしてくれればいいのに、と思います。

 ちなみに、先日通っている精神科医院に、今回のコロナ騒ぎ、緊急事態宣言は全体主義だ、ファシズムだと口角泡を飛ばして主張してみましたが、まったく相手にされませんでしたね。はやく次の診療にうつりたがっている様子がありありだった。仕事場でもこういう話題をしづらいし、最後のコロナ火葬枠がとうとう3つになってしまいました。どうしたら、納得させられるのでしょうか。それでも言い続けるしか、態度で示すしかないのでしょう。

 それでは次号を期待します。今回は遅くなってしまい、本当すみませんでした。
1ヶ月前
×
>>206

ウサギさん

返信ありがとうございます。参考にしていただければ幸いです。
ちなみに断定的な言い方をしていないのは、私自身が裏付けの確認が充分に取れていないと判断したためでございます。おそらく大きく外れていること言ってはいないと思いますが、職業柄、断定的な言い方はよほど裏付けなどで固まっているとき以外はあまりしないようにしています。(^^;)
1ヶ月前
×
 実効再生産数が下がってきましたね。本来の数理モデルでは急激に下がるはずです。ですが、西浦モデルでは「なぜか」なだらかになります。勉強家のよしりん師匠は、急激に下がる、とおっしゃっています。
 いまモーニングショーに出ているテラシマという医者もそうですが、なだらかになると言っています。利権があるのでしょうが、これが緊急事態宣言を解除できない理由です。
 大いに「なだらかになる」と言ってもらいましょう。おさらく、結果そうなりません。こうして、また彼らは正当性を失います。
 もちろん、第4波、第5波も来るでしょう。しかし、そのたびに宣言では、よほどの引きこもりでなければ、みな、耐えられなくなります。そのときに、自粛政策はようやく破綻するはずです。「コロナがおさまったら」なんて、「あなたとは一生会いません」としか翻訳できなくなる。「ゼロコロナにして、自由経済復活」とは玉川も言えなくなる。
 大いに「なだらかになる」と言ってもらいましょう
1ヶ月前
×
今日のモーニングショーのパネルコーナーはクラブに行った国会議員の話から。小林先生がブログで描かれているようにただのリンチにしか思えないですね。ただ青木と中室は「自粛警察を増長させるようなことになってはいけない」とも言っていたので少しは良識が残っているのでしょうか。もちろん玉川はそんなことを言うはずもなく、「国会議員は特権階級だと思っているのか」と歪んだ正義感を振りかざしていました。私からすれば奴こそ特権階級だと思い込んでいるように見えます。

本題の緊急事態宣言延長の話。誰が見ても明らかにピークを打っていますが、羽鳥曰く「皆さんの頑張りのおかげです」などと言う。甘い、緩い、この程度では高止まりするだけだと散々言っていたのになんだその手のひら返しは。どのレベルになったら解除してよいかという話題で寺嶋が言うには、「300人を下回る目途が立てば」とのこと。あれ?玉川さん、「ゼロを目指さなければならない」って昨日のように突っかかっていかないんですか?ここでも青木は「私権を制限するという本来はやってはならないこと」とここでも良識の欠片を見せる。一方玉川はゼロコロナの教義は捨てようとせず「日本ではまだやっていない大規模検査という方法がある」と言い、やはりというべきか広島の湯崎知事の取り組みを挙げて「これがうまくいけば検査をすれば感染を抑えられるということが言える」とまたしても珍説を開陳していました。昨日の話から何も学んでいないのか。この取り組みは注目しているといっていたので、是非失敗したとしても検証してほしいですね。世田谷モデルの時にうやむやにするなよ。

続いては補償の話。ここでも青木は「不要不急と言われるが飲食業やレジャー産業、文化産業も重要なはず」と真っ当なコメント。青木がここまで言うなんて天変地異の前触れか?ただ玉川はここでもゼロコロナの教義の下「武漢では検査拡大して抑えることに成功している。中国のイデオロギーがどうとか言っていないで良いところは真似するべき」と発言していました。いやあ、人権無視の中国のイデオロギーがあってこそうまくいっているように見えているだけなのにこの男は…。その間青木が呆れた表情を浮かべていたのが印象的でした。青木にまで見放されてはもう終わりですね。

それにしても今日はいつになく取り乱していたのでどうしたんだろうと思って見ていたら寺嶋が退出した後、昨日因縁を付けていた来島医師が登場。だからあんなに取り乱していたのか。制作サイドも昨日の放送はさすがにまずいと思ったのでしょうか。今更取り繕うとしたって遅いけど。
1ヶ月前
×
脱毛症ですが、今季アニメ「はたらく細胞BLACK」で暴走したキラーT細胞が増殖速度の速い毛根細胞を癌細胞と誤認し破壊する、という描写がありました。劇中での対処法はステロイド。
脱毛症の原因の大半はストレスじゃないですかね?PTSDだってこんなユ夕゛ヤ狩りみたいなことやって当事者になったらなりかねませんわほんと。
1ヶ月前
×
【創作よしりん語、毎日大募集!】

「世界のゴー宣ファンサイト」では、創作よしりん語を毎日大募集しています☆
政治や思想とは程遠い無邪気な言葉遊びですが、これが意外とアナドレラリン!
いざ考えてみるとなかなか思いつかないです。

そんな貴重な「よしりん語」を思い付いてしまったときには、
是非とも下記の宛先まで投稿してください♪
よろしくお願い市バス〜。

https://www.worldofgosen.com/%E3%82%88%E3%81%97%E3%82%8A%E3%82%93%E8%BE%BB%E
8%AA%AC%E6%B3%95/%E3%82%88%E3%81%97%E3%82%8A%E3%82%93%E8%AA%9E/

《よしりん談》
・まだよしりん語が足らない。『よしりん辻説法』「恋愛論」が大評判なので、ガン
ガンわしが絵を描いて載せるぞ。
1ヶ月前
×
https://www.nikkei.com/article/DGXZQODE292CW0Z20C21A1000000
緊急事態「延長を」9割 世論調査
この国は狂ってる
医師会、政治の無策のせいで我慢を強いられるのか
特に医師会は酷すぎる
マスコミ、世論に迎合する政治。せめてこのコメント欄や現状問題意識のある方々のツイッター読んで怒りを抑え込む日々
モーニングショー玉川の顔見るだけで怒りが爆発しそうで血圧高くなりそうで、免疫力下がるし見るも止めた
世間は昨日のモーニングショーも下記評価、ここのコメント欄は少数派だ。
でも少数派こそ正義と信じています
https://npn.co.jp/article/detail/200010924 
日々の怒りに対し溜飲下げてくれる方々
慈恵大 大木隆夫外科医 https://twitter.com/ohki_takaomd
京大宮沢教授 https://twitter.com/takavet1
京大藤井聡教授   https://twitter.com/sf_satoshifujii?lang=ja
最近三浦瑠璃さんも良いです、、https://twitter.com/lullymiura?lang=ja
木村もりよさん https://twitter.com/kimuramoriyo
1ヶ月前
×
>>211
You Tube でなく、BitChuteに動画をアップするのはいかがでしょうか?
1ヶ月前
userPhoto
nag
×
緊急事態宣言が延長とは、、、
もしも緊急事態宣言が発令された都府県の陽性者が減り対象外の県が横ばいか増加したのであれば緊急事態宣言に効果があったと言えるかもしれない
ところが対象外の県も陽性者が減っているのであるから緊急事態宣言をしようがしまいが関係ないということが立証されているのではと思います
政治家も専門家もそんなことにきづかないのでしょうか?とにかく自分の頭で考えない人が大多数なのではと暗澹たる気持ちになります
1ヶ月前
×
特措法改正がきまりましたが頭が痛くなりそうです。緊急事態宣言がでていなくてもあまりかわらない。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。