• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「非常識なルールに従うべからず」小林よしのりライジング Vol.387
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「非常識なルールに従うべからず」小林よしのりライジング Vol.387

2021-02-02 18:25
  • 208
6d9bf18088e2da4ef4244bcc8fd5c39955ebd8f2
第387号 2021.2.2発行

「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしのひとたち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」…今国会で、蓮舫ら野党議員が与党議員の「会食」を非難している様子は、ホームルームで風紀委員が生活態度の乱れを指摘しているようにしか見えない。そもそも、会食は4人までなどという幼稚過ぎるルールが、いったい何の感染対策になるというのだろうか?いくらルールだと言われても、バカバカしいルールには従わなくてもいい。ところが世の中には、「ルール」と名がつけば何でもかんでも守らなければならないと思っている杓子定規な人間がずいぶんいるのだ。
※泉美木蘭の「トンデモ見聞録」…世界のコロナ脳報道は、すっかり「スウェーデンは失敗した」と結論して安心してしまったようで、続報がない。昨年末のスウェーデン国王の「失敗」発言も誤解されたままで、王室から「国王の発言は非政治的なものであり、政治的な批判ととってはならない」と否定されていることも、立憲君主国の国王の役割が誤解されていることも、無視されたままである。現状どうなっているのか、詳しくレポートする。
※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!図書館で借りて作品を読まれることをどう思う?感染者数世界第二位のインドの現状をどう見てる?マイナンバーがワクチン接種の有無と紐付けされる!?アビガンが一般外来で認められれば、かなりの武器になる?「麒麟がくる」の染谷翔太版信長と、「おんな城主・直虎」の市川海老蔵版信長、どちらが好み?「AV女優」を「セクシー女優」と言い換える風潮をどう思う?…等々、よしりんの回答や如何に!?


【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第407回「非常識なルールに従うべからず」
2. しゃべらせてクリ!・第344回「しぎゃび~っ!袋小路マスク警察が出たーっしゅ!の巻の巻〈前編〉」
3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第201回「世界が無視するスウェーデン最新情報」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 編集後記




1d3fe8dd012f8030b32b70be5e71dc7a22d13db2

第407回「非常識なルールに従うべからず」

 戦後民主主義は「学級民主主義」だと何度も批判してきたが、ついにそれも極まれりで、国会が本当に小学校のホームルームそのものとしか言いようのない有様になってしまった。

 今国会で、蓮舫ら野党議員が与党議員の「会食」を非難している様子は、ホームルームで風紀委員が生活態度の乱れを指摘しているようにしか見えない。
「菅くんが、二階くんに呼ばれてステーキを食べました! いけないと思いまーす!」
「石破くんが、9人も集まった席で、ひとり4万円のふぐを食べました! なんてことでしょうか!」
「松ジュンくんが、銀座のクラブをハシゴしてました! 反省してくださーい!!」
 あまりにも、幼稚過ぎる!

 自分の支持者に呼ばれて行った先で、何人も集まっていてふぐ懐石が用意してあったら、そこで「会食は自粛だと言われているから、ボクは食べません」なんて言えるわけがない。たったそれだけのことで、ふぐを食べていたとは何事かと責められたのでは、たまったものではないだろう。
 銀座のクラブで飲み食いできるなんて羨ましいというのはわかるが、銀座のクラブのママだって、今は大変なのだ。ただ店を開けていても誰も来なくて、「同伴」で確実に客が来るようにしなければ、店を開くことすらできないのだ。
 そんな時に馴染みのママさんから声をかけられたら、もう助けるつもりで行かなきゃしょうがないだろう。ところがそれをまた風紀委員が、ケシカランと批判するのだ。じゃあ銀座のクラブは潰れろと言うのか?

 その他にもやり玉に上げられた国会議員の会食を列挙すると…
・橋本聖子オリンピック・パラリンピック担当大臣が、都内の寿司屋において6人で会食。
・自民党・宮腰光寛元特命担当大臣が富山市内で約30人が集まる懇親会に出席、飲酒の後転倒、出血して救急搬送される。
・石原伸晃元幹事長と坂本哲志地方創生担当相ら3人が派閥の会合で会食、石原はその翌日コロナ感染が判明。
・公明党・遠山清彦前財務副大臣が、銀座のクラブを訪れていた。
・自民党・金田勝年元法相が、高級ホテルにて4人でランチ会食。

 マスコミは誰がどこで何人で食事したかを血眼で追い回し、野党は国会でいちいちそれを取り上げて追及する。
 他にも、自民党のコロナ対策会議に100人ほどが出席して、「密」な状態だったなんてことまで国会で批判している。
 国会は「コロナ風紀委員会」か?
 そんなことのために国会を開くのは、税金の無駄遣いだ!
 全部どうでもいいことなのに、野党は懸命に批判している。
 おかげで、ずっとマウスシールドだった麻生太郎まで黒マスクを着けるようになってしまった。あの何の役にも立たないマウスシールドを平然と着け続けているところがよかったのに、全くひどい有様だ。

 確かに、国民に自粛しろとか、会食は4人までとか、くだらないルールを押し付けた国会議員が、自分たちはこそこそルール破りしていたなんて聞けば、なんじゃそりゃとは思うが、だったら国民もそんなルールは守らなきゃいいだけのことだ。
 政府がバカバカしいこと言い出したけど、勝手に言わせとけと、せせら笑って従わなければいいのだ。
 わしは今でも普通に大人数で会食している。よしりん企画だけでも4人以上になってしまうのだ。そんなバカげたルールなど守ったことはないし、飲食店だって、それを拒否するようなところばかりではない。向こうも商売だし、黙って入れてくれる店はあるものだ。
 あまりにもくだらない政策が出てきたら、それなりに対策をとってやろうという態度でいればいいだけだ。中国人のお家芸だが、「上に政策あれば、下に対策あり」を、公のために学べばいい。
 公のためにならぬ馬鹿馬鹿しいお上の言いつけにただ従順に従っておいて、お上はそれを守っていないじゃないかと文句をつけている感覚が、わしには全く理解できない。

 そもそも、会食は4人までなどという幼稚過ぎるルールが、いったい何の感染対策になるというのだろうか? 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他198件のコメントを表示
×
「ゼロコロナプロジェクト」というのが
立ち上がった様です。

メンバーは以下の皆さん。

徳田安春(群星沖縄臨床研修センター)
青木 眞(感染症コンサルタント)
近藤太郎(近藤医院) 
渋谷健司(キングズカレッジロンドン)
谷口清州(国立病院機構三重病院)

お馴染みで如何にもな、お名前が並んでおります。

第一弾(…これからまだ、何弾もやるのか!!)の
提言が以下で読めます。
https://blog.goo.ne.jp/yasuharutokuda-g/e/085fec97cb856a548da3d347f6084f83
2ヶ月前
×
 >>297
 A copywriterさん

 参考になるかどうか分かりませんが、自分の体験を記します。

 自分はカウンセリング及び精神科医に通っている身ですが、去年の夏頃まで通っていたカウンセラーに、コロナウイルスは大したことはない、という話をしたところ、
「そういうことは人前でするものではないよ」
と返されました。自分は一生懸命(小林よしのり先生の名前もあげて。そのカウンセラーは自分がよしりん先生のファンだということをあらかじめ知ってもいた)どうしてそのように自分が考えているのか説明しましたが、
「貴方は本当に小林よしのりさんを神様のように思っているんですね」
と答えたので、少しは自分の発言内容が分かったのかと思いきや、
「自分は持病を持っているし、健康のことも気になるから、小林なんとかさんの言っていることは関係はない。自分の方針を貫くだけだ」
というようなことを言い、結果、電話カウンセリングを2ヶ月続けさせられ、やっと面と向かって話をしても
「そういう考え方もあるけれども」
と言い、
「カウンセリングは医療ではなく、ボランティアだから」
と、3ヶ月中、2ヶ月は電話カウンセリングを譲らなかったので、ついに自分は切れて、
「だったら、こんなカウンセリングはやめましょう、意味がないです」
と言っても、
「貴方の場合、他にも職場先の心療士がいるから大丈夫だよね」
 続けて
 「自分は経営のことも考えているから、のちのち困るようなことはないよ」
という、(私をやさしくさとすような、こばかにしたような)返事しかしませんでした。かくして20年近く、家族にすすめられて通っていたカウンセリングをやめる結果になりました。幸いにして、今度は精神科医に事情を話して(その精神科医もそのカウンセラーが紹介してくれたところだったのですが)、その精神科医の方のカウンセリングを受けることにし、現在にいたっています。

 確かに自分の方にも、そのカウンセラーの事情も斟酌する餘裕があれば良かったのでしょうけれども、「ボランティア発言」で、その人に愛想がつきました。自分の症例を告げてくれた恩人でもありましたが、結局のところ、その程度の人なのか、という感じでした。人のことは言えないのかも知れないけれども。

 といって、その精神科医の方も、決してコロナウイルスに対する正しい認識をしているわけではなく(待合室にはSPA!とかスピリッツとかも置いてあるのだけれども)、「マスコミや専門家が煽ってどんな得があるのだろう」と逆に質問するので、コロナ論などに記されていることを説明しましたが、何とも言わない状態でした。「コロナ脳」という言葉を説明したところ、「コロナブレインですね」という変な回答をする始末。全体主義やファシズムを話しても、次の患者を診たがっている様子がありありでした。

 これは自分の事例ですから、一般化はしてはならないのだけれども、医師とかカウンセラーといった人間も、所詮は個々の人間ですから、「自己保身」が優先で、「自己防衛」が一番なのだろうと思います。一度人間が抱いてしまった偏見や感情は、なかなか払拭されるものではないのだ、と自分も思うのです。
 この責任は、その感情を与えてしまったマスコミやメディアにあるのであって、恐怖心を抱いてしまった人間の側にも多少あるのだけれども、やむを得ないのだろうと思う。四六時中ニュースを流されているわけだし、鬱状態や自殺の問題があっても、TMNさんのおっしゃれているように、それはウイルスの感染力の話になってしまい、「未知の病原体だから」・「未曾有の事態だから」と逃げてしまっても仕方がないのだろう、そこまで完全を個人に求めてしまったら、それも、「意見の押しつけ」や「正義」という名のファシズムにもなりかねないようにも思う。

 それでも、手を拱いているわけではいけないわけで、(そのcopywriterさんのおともだちのかたの場合でも)個々のレベルでも、無駄だとしても言い続けるか、あるいは態度で示すしかないのだろうと思います。自分の場合は、最初の緊急事態宣言の時に、とにかく仕事を休まないことを目指して、ほかの自粛して仕事を休まれていたかたの分まで働くことを目指しました。それしかできることはなかったし(最近はかなり自分の本音に近い部分も発言しています、多少遠慮がちではありますが)。

 話かわって、少し愚痴を記しますが、14日の道場、残念な結果になりましたが、その分、自宅で応援します。ちょうど父も退院しておりますし、退院したばかりの親を一人だけにするわけにもいかないです。今、一番重要なことはコロナ騒動を一日もはやく終わらせることです。
2ヶ月前
×
>>301
 TMN様、初めまして。
 コメント、どうもありがとうございます。
┏○ペコッ

 ご自分の陣営からの突き上げと、マスコミや左側勢力からの批判の板挟みで、確かに大変だと思います。
 そのどちらの言葉とも違う、真理の為の言葉と言いますか、理不尽な扱いを受けて日々生きていくことが出来なくなっている同胞の為にも、言葉を投げ掛けていきたいです。
 菅首相は、国を背負うリーダーなのだから、回りの言葉にブレ過ぎずに、国の為の真理の道を歩んでいって欲しい。分かっているのなら、尚更、それを通して欲しい。
 武士のように名を遺す、そんな政治をして欲しいです。
2ヶ月前
×
>>298
こんばんは。
非正規労働者が職安に安定した仕事を探しに行ったら、職安の職員も非正規だった…という切ない状態に、だいぶ前からなっているみたいですね。
しかし、職安の職員が利用者に八つ当たりみたいなことをするのはいただけません。

資本主義経済の社会には「挑戦者」が求められる…と、ケインズ主義でも言われていて、その挑戦者が皆成功するとは限らず、資本主義社会の健全な発展にはセーフティーネットが必須だと思います。
日本は、「自己責任」と失敗した人やもともと不利な立場にある人を叩いているうちに、経済が縮こまってしまった感じです。
2ヶ月前
×
>>297
 ウサギです。
 先に書いたことを、もう少しだけ、すっきりとさせてみました。既に一読してくださった方、どうぞスルーしてくださいませ。
*******************

<コロナとインフルエンザを比較すべきでないという意見に対して>

 新型コロナを季節性インフルエンザと比較するのは不適切だ、という意見があります。しかし、以下の理由で、この比較は適切であると考えます。

 ことの始まりは2020年1月頃に、日本に「新型コロナ」という《未知の》疫病が入ってきたことでした。この疫病に対して《どの程度の対策をとるのが適切か》、それを決めるための最もオーソドックスなやり方は、過去の事例を参照することです。
 この点で、季節性インフルエンザを参照するというのは、まずは妥当であったと言えます。その基本的性質(症状や感染の仕方など)において、過去に国内で発生した疫病の中では、もっとも類似しているからです(参照:https://www.kitatoda-heartclinic.jp/2020/10/14/220/)。そのもっとも類似した事例において、どのような対策が、どれくらいの強度で実施されていたかを参考に、新型コロナの対策を決めればよいわけです。
 あらゆる点で、新型コロナが季節性インフルエンザが類似しているならば、それへの対策も、季節性インフルエンザと同様のものを採用すればよい。ところがこの二つの疫病には、小さな差異を別にすれば、一点、きわめて重要な差異がありました。疫病の発生から数か月して明らかになったこと。それは、《この新しい病気は、あきらかにインフルと比較して、死亡率(あるいは100万人当たりの死者数)が低いようだ》ということでした。 
 そうであるならば、新型コロナに対する感染対策が、インフルに対する対策よりも強力なものになるというのは、どうにも筋が通らない。合理的ではない。普通に考えて、その対策は、インフル以下のものであっていいはずだ。
 以上に示した通り、なぜ新型コロナと季節性インフルエンザを比較するかと言うと、それは過去の対策例を参照して、現在の状況に対応するためです。

 さらに、季節性インフルエンザの死者数と新型コロナの死者数を比較すべきでない、もし比較したいなら、条件が同じ、2020年のインフル死者数を比較すべきであるとの意見があります。
 こうした意見を出す人が言いたいのは、「例年のインフルエンザの死者1万人というのは、大した感染対策をやってないという条件での数字で、2020年の新型コロナの5千人というのは、《強力な感染対策をしたという条件での数字》である。もし新型コロナに対して強力な感染対策をしてなかったら、その死者数・被害者数はもっと多かった(例年のインフル死者数よりもずっと多かった)に違いないのだ。」というようなことなのでしょう。
 しかし、私たちは、新型コロナの死者5千人というのは、《強力な感染対策をしたという条件での数字「ではない」》ことを、きちんと認識すべきでしょう。
 まず、いわゆる「第一波」の死者の1000名弱は、4月の緊急事態宣言の前に発生した感染の結果として亡くなった方の数ですから、これは明らかに、《強力な感染対策をしたという条件での数字「ではない」》。
 そして、7月以降のいわゆる「第二波」の死者4000名弱は、確かに、主要な駅前の人通りこそ30%くらいは減少しましたが、実際には、人々は食事のときや家庭内ではマスクを外して対面・至近距離で会話して唾を掛け合っていたわけですし、商店街や通勤電車などは依然として多くの人であふれていました。4月以降であってもとうてい「接触8割減」なんて達成されていなかったわけです。つまり、4月以降の対策は、社会的副作用は強いくせに、実質的には、感染対策としてはザル対策だった、ということです。
 というわけで、新型コロナの死者5千人というのは、《強力な感染対策をしたという条件での数字「ではない」》のだから、この5千人という数字を、条件的に大した違いはなかったと言える例年(過去数年)のインフルエンザの死者1万人と比べるのは、正当であると言えます。

 なお、2020年の1・2月(通常のインフル流行期の月)に、大したインフル感染対策もとられていなかったのに何故インフルの流行が少なかったのか、という問題については、ウイルス干渉が起こった、とか、その年がたまたま数年に一度のインフルのハズレ年だった、とか、いろいろな可能性が考えられます。
 この点については今後の研究に注目したいところです。
2ヶ月前
×
 今日は、用事が出来て、モーニングショーを観られませんでした。
 明日、また、監視を出来たらと思います。
2ヶ月前
×
あらゆる原理主義の本質は「不寛容」。この一言に尽きます。また、原理主義者はその思想の貫徹のためならば、あらゆる犠牲を厭わないという点も抑えておくべきでしょう。人類は進歩しませんね、本当に。コロナ脳もポリコレ棒もうんざりですよ。
2ヶ月前
×
森元総理のいわゆる「女性蔑視失言」について、>>222 で書きましたが、改めて少々書き直して一部再掲します。

森喜朗が批判されるべきなのは、男性中心と精神論であって、それは現在の感覚からはずれているから、この文脈で批判されるべきで、何でもいいから叩けというものではありません。

注意すべきことは、「何故男性中心と精神論が現代の感覚とずれているのか」これを情緒や空気を抜きにして論理的に分析しなければならないはずです。
しかし識者もスルー、マスコミもスルーしている事には私は憤りを感じます。

男性中心では女性の地位が向上せず、子どもを産み育てる環境が伴わなく、少子化が進み、それらの積み重ねは結果として国の活力を細らせます。

精神論だけでは、人間の成長の科学的医学的な根拠が乏しく多様化が進む子ども・若者の家庭環境と人生観と合わないことが、若者を不安に陥れて、子どもや若者が自ら命を絶ったり、しごきや病気などで命を絶たれたりする人が増えます。
これでは未来ある若者が育ちません。
よって、(男性中心や精神論に固執することは)保守が取るべき道ではない。
ここまで識者が分析できたら文句のつけようがないです。
(ここまで前回書いた部分)

ところが、世間は「偽善」ぶりをますます発揮していますね。
白い服、白い薔薇を付けた議員を見た時は、どこまでパフォーマンスが過ぎるのかと呆れました。

女性の地位向上に寄与どころか「やった感出しているだけ」に思われるだけで、真の女性差別は解消されず却って女性蔑視が増長されるのではなかろうか。

人間の根源的にある嫉妬や欲望と真剣に向き合わなければ、薄っぺらい関係にしかなりませんよ。
誰も頼る人がいなくてDVや自殺者を増やすだけですよ。
リベラルにはそれが分からないのかなぁ。
2ヶ月前
×
>>319
絶対理解できません!
アレだから笑笑
2ヶ月前
×
>>320
リベラルのことです
2ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。