• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「イデオロギー化が増す日本の危機」小林よしのりライジング Vol.98
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「イデオロギー化が増す日本の危機」小林よしのりライジング Vol.98

2014-08-26 17:30
  • 116
846705e35be46b20f5b2c000730b991643f84043
第98号 2014.8.26発行

「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、よしりんの心を揺さぶった“娯楽の数々”を紹介する「カルチャークラブ」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、小林よしのりに関するWikipediaページを徹底添削「よしりんウィキ直し!」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが無限に想像をふくらませ、とことん自由に笑える「日本神話」の世界を語る「もくれんの『ザ・神様!』」、秘書によるよしりん観察記「今週のよしりん」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」…皇統問題、慰安婦問題、イラク戦争、原発問題、「吉田調書」報道…主張のイデオロギー化は、情報やデータの運用を見誤らせ、国益を大きく損なわせている。果たして「主張が一貫している」ことは信頼を得ることの絶対条件なのか?転向することは絶対に悪なのか?イデオロギー化の危険性を自覚し、思考停止から脱却せよ!
※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!大島優子と深田恭子、どちらか一人を選べるとしたらどっち?NHKドラマ『花子とアン』、雪乃役の壇密はあり?なし?貫禄あり、清潔感ある、せくしーな男になるための実技編をご教授ください!「二酸化炭素排出が温暖化の原因」というのは本当?思春期に入り気分屋な姪っ子、どんな叱り方が正しい?「大人になった」と思うのはどういう時?…等々、よしりんの回答や如何に!?
※ウィキペディアの記事を徹底的に添削しちゃう大好評「よしりんウィキ直し!」…皇位継承問題、小林よしのりは兄弟継承の例が多数あることを無視している!?当時の天皇や上皇が直系継承にこだわった結果保元の乱、南北朝の分裂が勃発した!?「男性は欠陥品」との、差別発言ともとれる主張も行っている!?現在の皇位継承順序を変更しない「男系男子優先」については全く言及していない!?…等々、デタラメな記述をよーしゃなく添削!!


【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第98回「イデオロギーにするな、思想せよ、思索せよ!」
2. しゃべらせてクリ!・第58回「ベタでも海ではスイカ割りぶぁい!の巻〈後編〉」
3. よしりんウィキ直し!・第26回「ゴーマニズム宣言⑭:『天皇論追撃篇』(新天皇論)⑫」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 読者から寄せられた感想・ご要望など
7. 編集後記


【生放送予定】



 明日27日(水)20時から「よしりんに、きいてみよっ!」を生放送予定!

 テーマ『朝日新聞の慰安婦記事検証』

〈よしりん談〉
 空気で動く連中の「朝日新聞バッシング」の流行に呑み込まれるのは嫌だし、次号「SAPIO」の欄外でも書いたし、どうせもっと本格的に漫画で描くときが来るし、今は多くの人に伝わらなくてもいい。自称保守のミス・リードを放っておいた方が面白い。 
「強制連行」の有無など、国際社会では問題にしていないということに、いつ奴らは気付くのか?
 国際社会の言う「性奴隷」とは何かを、話しましょう。
 ライジング購読者だけが真っ先に真実を知っておけばいいのです。 

 お楽しみに!




23f7a61ced1dbf272327ba25464eb3a1b59e871f

第98回「イデオロギーにするな、思想せよ、思索せよ!」

 自己の主張をイデオロギー化させる危険について、書いておこうと思う。
 イデオロギーは固定化した政治的観念であり、思索の放棄であると定義しておく。思想は思索し続けることであり、イデオロギーと思想を区別しておこう。
 わしは皇統の女系継承も大いに賛成と考えているが、イデオロギーではないので、天皇陛下のご真意が違うのなら、変更して構わない。
 男系固執派の場合は思索を放棄してイデオロギー化しているので、天皇陛下のご真意を拝察すること自体を拒否する。男系派にとっては、天皇陛下より崇拝するものが「男系血統」であり「Y染色体」なのだ。

 マルクス主義者も反戦平和・護憲主義者も、主張がイデオロギー化していて、思索を深めることがない。考えることを拒否している。
 しばしば「主張が一貫している」と褒める者がいるが、その主張が時代を経ても正しければ褒め言葉になるが、時代に適応してなかったら皮肉になる。
 自分の主張もチェックする柔軟さを持っているべきだし、間違っていたと気付けば転向しなければダメだ。
「イラク戦争は大義なき侵略であり、失敗する」これはわしの主張だったが、今や完全に証明された。
 自称保守派はイラク戦争大賛成だったが、まだ過ちを認めない。主張を一貫させてはいけないはずであり、転向すべきだろう。

 わしは、原発はぼんやりと安全なのだろうと思っていたが、大間違いだった。その危険性を知ってしまった以上、もう安全だなどとは口が裂けても言えない。見てしまったし、知ってしまった。
 今では「脱原発」はわしの主張だが、それでも思索し続けるべきで、イデオロギー化してはいけない。イデオロギー化すると情報やデータの運用を見誤る危険性があるからだ。


 産経新聞が「吉田調書」の件で朝日新聞を非難している。
 吉田調書とは、福島第1原発の事故当時の所長・吉田昌郎氏(昨年7月死去)に、政府の事故調査・検証委員会が聞き取り調査をしてまとめた、400ページに及ぶ「聴取結果書」のことである。
 朝日新聞は非公開の吉田調書を入手し、5月20日の紙面で報じた。だがそれが、とんでもない誤報だったというのだ。
 朝日の記事は「所長命令に違反 原発撤退」という大見出しで、事故当時、吉田所長の待機命令に違反し、所員の9割以上が福島第2原発へ撤退していたことが吉田調書から明らかになったというもので、「その後、放射線量は急上昇しており、事故対応が不十分になった可能性がある。東電はこの命令違反による現場離脱を3年以上伏せてきた」と批判していた。

 事故当初、現場に残って対応に当たった50名ほどの所員は世界のメディアから「フクシマ・フィフティーズ」と呼ばれ称賛された。ところがその一方で650名もの所員が命令を無視して逃げていたという朝日記事は、その美談を吹き飛ばすスキャンダルとして世界中に報じられた。
 米紙ニューヨーク・タイムズ(以下、いずれも電子版)は5月20日、「朝日新聞によると」として第1原発所員の第2原発への退避を「命令違反」として「パニックになった作業員が福島第1原発から逃げ出した」と報じた。
 英紙ガーディアンは5月21日付で「『フクシマ・フィフティーズ』と呼ばれたわずかな“戦闘員”が原発に残り、ヒーローとして称えられた。しかし、朝日新聞が明らかにしたように650人が別の原発に逃げたのだ」と記した。
 オーストラリアの有力紙オーストラリアンも「福島のヒーローは、実は怖くて逃げた」と見出しにした上で、「事故に対して自らを犠牲にし果敢に闘った『フクシマ・フィフティーズ』として有名になったが、全く異なる恥ずべき物語が明らかになった」と報じた。
 韓国紙・国民日報に至っては、「日本版の“セウォル号事件”」と報道、韓国で4月に起きた旅客船沈没事故で、船長が真っ先に逃げたことと同一視した。

 だが実際には、吉田調書のどこをどう読んでも、「所員の9割が所長命令に違反して撤退した」なんてことは書いてなかったのである。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他106件のコメントを表示
×
>>119 直明さん、遅ればせながらMVP獲得おめでとうございます。
62ヶ月前
×
日本の最大手新聞が出した誤報によって堕ちてしまった日本の海外での評価は、今更「間違いでした」と言っても簡単には戻らないでしょう。
「慰安婦=性奴隷」を認めてしまった首相といい、マスコミ、政治家によって日本の悪評が広まってしまうのは情けないことです。
ネトウヨが国内でどんなに「日本は素晴らしい国だ」とほざいていても、このままでは日本の評価は下がっていくばかりです。
完全な脱原発を成し遂げ、女性皇太子、女性天皇を掲げることによって日本が「本当に素晴らしい国」に近付いて欲しいと思います。

そしてゴー宣を読んできたことによって思索し続けることの重要さを学び、なんとかイデオロギーにはまらないようにいられるのだと思いました。本当にありがたい存在です。
私も周りの人に何らかの主張を伝える時にはイデオロギー化しないように気を付けなければいけないと再確認しました。

私個人的にはWikipediaは信頼しているというか「ちょっとした調べ物をするには便利」という認識でした。
でもよく考えてみると私が便利だと思っているのは「答えが決まっているもの」(専門用語の意味など)を調べる時のみでした。(もちろん鵜呑みにはできませんので使うときはほかで確認しますが)
主義主張や解釈、伝聞情報などを含むものについては「Wikipediaなんて信頼するもんじゃない」と当たり前のように思っています。
日本でもWikipediaの信頼度は高いような気もします。調査するのが怖いですね。
62ヶ月前
×
>>120
うれしい、ありがとうございます!!
62ヶ月前
×
>>118 ナイトさん 久々の返信御疲れ様です。

>自分は漢文で書くことについてどうこう言っているわけではないです。当時交流のあった外国はシナだけでしょうから。
国内の事をそのまま書けばいいのになぜ皇位継承をシナの都合に合わせて書き換えないといけない

これは >>88 でも詳細を書きましたが、日本書紀を含む我が國の正式な史書の作成が始まった当時はまだ支那の柵封体制から脱却して間もなく、「天皇」の称号も日本という國号も制定されていなかった(日本書紀の最期に記されている持統天皇によって初めて「日本」が國号として制定され、「天皇」の称号も推古天皇が初めて用い、持統天皇が「天皇」の称号で初めて即位した)ことから、支那や支那の属国、漢字文化圏の国々に独立を証明し、証明するためにもあえて漢文で書いたということであり、國外に向けての正式な史書がまだ一冊も編纂されていなかったところにあります。

>→この大辞林の例でいえば、息子は男子ですし、娘は女子です。

いえいえ、

大辞林 第三版

むすこ【息子】〔「産(む)す子」の意〕 ① 親にとって,男の子供。子息(しそく)。せがれ。

むすめ【娘】〔「産(む)す女」の意〕 ① 親にとって,女の子供。息女(そくじよ)。

と記されていることから、それぞれの性差における親にとっての子供の意味であって、男子、女子という意味合いは含まれません。

>「父方の父」という言葉はありえませんので、3代目から父方・母方の系統が判別

なるほど、「父方の父」という言葉があり得ない以上は「3代目から父方・母方」という解釈もあり得ないと述べているのですね。たしかに、「女系、男系は3代目から父方・母方の系統が判別」という説は古事記や日本書紀などの正式な史書、または辞書に記されているという証明がなければ単なる個人的な見解であり、正当な解釈とはなりえません。

まずは日本書紀や古事記などの正式な史書、系図、または辞書のどこに正式に「女系、男系は3代目から父方・母方の系統が判別」に記されているのか証明しなければ、単なる個人的見解、もしくは「珍説」の域を出ません。

>女系、男系は3代目から男系もしくは女系の判断する

これも同じく正式に日本書紀や古事記などの史書、または辞書に記されているのか証明しなければこの説は単なる個人の勝手な解釈であって、真実を証明したことになりません。

>斉明天皇→茅渟王→押坂彦人大兄皇子→敏達天皇→欽明天皇→継体天皇

なるほど、男系に限定すると斉明天皇は曾祖父にまで遡らないと天皇に繋がらないのですね。いやしつれい、こちらが間違っていました。

ところで、気になる主張がありました。

>神武天皇・天照大神に辿りつきます。今上陛下も同様です。ただあまりにも長いのでここでは省略します。

失礼ながら、旧譜皇統譜を拝見しても今上陛下から8人10代の女性天皇を含む一人の天皇も省かずに神武天皇、天照大神にまで遡れませんでした。なにしろ、天照大神に辿ってしまうと天照大神が天忍穂耳命の母であることから、どうしても女系(母方)でしか辿ることしかできないからであり、今上陛下から男系で辿ると8人10代の女性天皇が女性であることから男系で辿ると天照大神まで辿れないからです。

>→繰り返しになりますが、姓は血統を表す記号のようなもの

その説も正式な辞書、もしくは日本書紀、または古事記などの史書を用いて証明しないと、単なる個人的な見解という意味にすぎず、正式な証明になりません。この個人的な見解こそが歴史や事件の捏造、歪曲、誤報を招き、時には崩壊を招いてしまうのです。

一体どこの辞書、または正式な史書、あるいは系図に「現在では江戸期以前の『姓』が血統を表す記号のようなものであり、概念はいまでも残っている」と記されているのですか?それと、もう一つ、日本における江戸期以前の姓は天皇陛下が下賜されてきたものであり、天皇陛下には姓も氏も、そして苗字すら存在しないことから易姓革命は起りようもあり得ませんし、天皇陛下および皇太子を含む皇族が男女問わず御結婚されるときには皇族方が二人も参加される皇室会議によって承認されなければ御結婚が許されないことから、「皇室の婿入り、嫁入りによる易姓革命」を述べている時点で皇室を「婿入り、嫁入りによる易姓革命を起こさせそうな輩」と中傷し、罵倒しているということにお気付きになられませんか?ちなみに皇室会議に出席される皇族方をお決めになられるのはほかでもない天皇陛下であります。

>皇室はいわば「姓を持たない」姓の一族が代々男系で継承してきたのです。

これも結局は日本書紀や古事記などの正式な史書のどこにも記されていない個人的な見解にすぎません。いわば、「妄言」の域を出ていません。いったいどこの日本書紀や古事記などの史書、または辞書に「皇室はいわば『姓を持たない』姓の一族が代々男系で継承してきた」と正式に記されているのですか?

>そこで他姓の男子を婿に迎えて継承すると「姓を持たない」姓の一族から他姓に血統が切り替わります。

男系絶対を順守する支那や朝鮮ではこの概念は通用するでしょうが、戦国武将、上杉家の系図一つ見ても「父系」による姓は何回も入れ替わっています。

<藤原北家勧修寺流>藤原清房→上杉重房(初代)→(略)→上杉憲政→<桓武平氏>上杉輝虎(謙信・長尾景虎)→上杉景勝(長尾顕景)→(略)→上杉綱勝→<清和源氏>上杉綱憲(吉良景倫)→(略)→上杉重定→<大蔵氏>上杉治憲(鷹山・秋月勝興)→<清和源氏>→上杉治広→(略)→上杉茂憲

と姓は男系で継承され、日本人の意識に根強くあるならば、謙信公は関東管領に就任後も「平輝虎」と署名していたはずです。彼らは意固地なまでに伝統を重んじますから。しかし源氏は「藤原輝虎」と名乗っています。(そして長尾景虎の頃には「平景虎」と署名しています)

父系を遡れば清和源氏に属する(吉良上野介の息子)綱憲も「藤原綱憲」と署名し、上杉家当主は全員が藤原姓です。

この例を見ればわかるとおり、古来より、日本における姓は血統ではなく家に属する、というのが日本人の姓意識なのです(しんやさんのコメントを勝手ながら拝借させていただきました。誠にすみません。)

よって、日本にとって昔から「姓」は家に属するのであって血統という概念はまったくありません。

>仮に女系継承を認め代々継承していくと、血統が特別ではなくなり一般人と同様の血統(父→母→父等とランダムに

しかし、史実においては

>→男系子孫が125代絶え間なく即位し続けているのには変わりありません。
>生存時に即位していなくても、後に天皇とされた皇族の事です。

なるほど、史実では即位できずに後付で即位したことにしなければ「男系子孫が125代絶え間なく即位し続けている」という歴史は成り立たないということなんですね。例えその時の都合で即位したということにしても史実では即位していないことから結局は伝統や史実と関係なく、当時の都合から男系に限定していたのであって、男系子孫に限定してしまえば史実として「125代絶え間なく天皇が即位し続けてきた」という歴史が成り立たないことが補強されることとなりました。

後付でいくら称号を与えようとも史実では即位していないことに変わりはありませんから。

なお、現在議論されている皇位継承問題は史実における皇位継承問題であって死後における即位や天照大神男神説を含む当時の都合や一時的解釈は含まれてないことをこの場で述べておきます。これはいかなる評論家でも主張はほぼ同じです。

それと、日本書紀では神功皇后に対して一箇所だけ天皇と記している箇所があり、この一つの例をとっても日本が女系公認であることが明らかなのですが、この事実に対してナイトさんはどのような見解を御持ちなのでしょう?

>草壁皇子は明治政府の都合で天皇にされたのではなく、息子の文武天皇が即位した事によって天皇の尊号が与えられ、追存天皇になったのです。(758年)

なるほど、明治政府ではなく、758年当時の都合だったということなんですね。お知らせいただきありがとうございます。

>すみませんが、極左が男系継承を応援しているというネット記事やアマゾンのカスタマーレビューを見ましたが、極左活動家のコメント等が見つかりませんでした。

リンク先を直接ここで張り付けるという手もありますが、極力控えてほしいとの要望がありますので、検索方法をお伝えだけいたしますが、 amazon で皇統男系固執者が書いた 「皇統断絶計画-女性宮家創設の真実 (チャンネル桜叢書)」や「皇統は万世一系である」、「皇統保守」、そして「別冊正論 Extra.14 (日工ムック) 」でレビューに★五つを付けて絶賛の書評を書いている shogun communist 2 のカスタマーレビューでの記述をお読みになられましたか?グーグルで   「shogun communist 2」「同志八木」もしくは「同志谷田川」で検索してみてはいかがでしょう。その上で感想を送ってほしいと思います。他の男系派の方々にこれらの内容を紹介したとたんに返信が途絶えてしまったので、これらの感想を含めて返信が来ることを大いに期待します。

>仮に女系継承を認め代々継承していくと、血統が特別ではなくなり一般人と同様の血統(父→母→父等とランダムに辿って行かないと歴代天皇に辿りつかない)に

しかしながら、旧譜皇統譜一つとっても今上陛下から8人10代の女性天皇を含む歴代天皇を一人も省かずに天照大神まで辿ることが出来ないことから、すでに皇統は125代の天皇が絶えななく即位し続きてきたという歴史を立証する場合、父→母→父等とランダムに辿って行かないと歴代天皇に辿りつかないことにお気付きになられませんか?

もし、異議があるならば今上陛下から8人10代の女性天皇を含む歴代天皇を一人も省かずに天照大神まで辿る方法をこの場にて詳細に説明した戴く以外に方法はないと思います。

>→その負担を軽減するために旧宮家の復帰を主張している

失礼ながら、65歳以上の老人を皇室に招き入れた何の意味があるのでしょうか?旧宮家とは昭和22年に皇籍を離脱する前に宮家でいた方々で、それら子孫は旧宮家系国民男子であって、旧宮家ではありません。これが「皇籍取得」ならば旧宮家の子孫であることをの述べていることはわかりますが、「復帰」と述べている時点で、これは皇籍離脱時に旧宮家に属していた人の事であって皇籍離脱後に生まれた旧宮家系国民男子のことを示していないことはもはや明確なのです。

よって、旧宮家の復帰を唱える前に65歳以上の老人を皇室に入れて何の意味があるのかの説明が必要となります。

また、旧宮家系国民男子も旧宮家の復帰に繋がるのであれば辞書、もしくは日本書紀や古事記などの正式な史書を用いて説明する必要があります。

>子供は夫と妻が協力して作るものです。つまり天照大神とスサノオノミコトが協力してアメノオシホミミノミコトが産まれたという事になり

しかしながら、この説を史実として立証する場合は「息子継承は男系、男系女系を判別するのは3代」とする自説とおなじく正式な辞書と正式な史書である旧譜皇統譜や日本書紀、古事記のいずれかに「子供は夫と妻が協力して作るものです。つまり天照大神とスサノオノミコトが協力してアメノオシホミミノミコトが産まれたという事になりそこから息子系統が代々継承していますので、天照大神から見てもスサノオノミコトから見ても男系継承には変わりありません」と明確に記されているという証拠が必要なのです。旧譜皇統譜のどこに「天照大神とスサノオノミコトが協力してアメノオシホミミノミコトが産まれた」と記されているのでしょうか?また、日本書紀や古事記のどこに「日本神話における神の子も含めて、子供は夫と妻が協力して作るものです。つまり天照大神とスサノオノミコトが協力してアメノオシホミミノミコトが産まれたという事になりそこから息子系統が代々継承していますので、天照大神から見てもスサノオノミコトから見ても男系継承には変わりありません」と記されているのでしょうか?引用をお願いします。

さて、ここまでナイトさんが述べてきた内容を見てみますと
1.辞書や正式な史書にかかれてない内容を解釈し、根拠としていることから根拠の乏しい、自説、(珍説)の域をでていない。
2.当時の都合と史実を混同している
3.分析、理由に対する追及があまりにも少ない

という点が揚げられます。こられの点を改善しなければ皇統女系公認者である双系という史実と渡り合うには相当に難しいと述べさせていただきます
62ヶ月前
×
やっとHKTの次のシングルが決まり、しかもセンターが、待望の、兒玉遥(はるっぴ)になるようです!!いやー感動します。
62ヶ月前
×
高森さんのブログ拝見しましたが・・・うん、やっぱりあの一連の動きは私が思ってた通りの展開だったのですね。
3.11の時の菅や阪神大震災の時の村山を批判するだけしてアベちゃんを持ち上げてるネトウヨ様はどうするんですかね?
62ヶ月前
×
>>118

ナイトさん

何だかディベート競技の技術みたいで結局何も答えてないです(笑)
男系、男系で遡っているのに何で天照大神の時だけ誤魔化すんですか?
それで都合良く登場したディベート競技言語「息子継承」なんですね。
最大の弱点をいくら粉飾しても答えになってません。

その他の回答を見てもそうなんですが
ディベート競技してるだけで真理の探究にほど遠く
失礼ながら「そういう手口なのかな?」と疑ってしまいます。

そう言えば、偽皇族さんは得意のディベート競技技術で
「天照大神も含める神さま全体が皇祖神」だという
ディベート競技言語で男系固執の最大の弱点を粉飾していました。

さあ、一刻も早く男系男系と遡って
天照大神に至る男系を説明してください!
62ヶ月前
×
>>125
・これは >>88 でも詳細を書きましたが、日本書紀を含む我が國の正史の作成が始まった当時はまだ支那の柵封体制から脱却して間もなく、「天皇」の称号も日本という國号も制定されていなかった(日本書紀の最期に記されている持統天皇によって初めて「日本」が國号として制定され、「天皇」の称号も推古天皇が初めて用い、持統天皇が「天皇」の称号で初めて即位した)ことから、支那や支那の属国、漢字文化圏の国々に独立を証明し、証明するためにもあえて漢文で書いたということであり、國外に向けての正史がまだ一冊も編纂されていなかったところにあります。

→回答になっていません。
日本の独立を証明するためなら漢文で日本の状況をそのまま書けばいいのに、なぜシナの都合に合わせて書き換えなければいけないのか、回答をお願いします。

だんけい【男系】男子によって受け継がれる系統。また,父方の血統。
むすこ【息子】〔「産(む)す子」の意〕 ① 親にとって,男の子供。子息(しそく)。せがれ。

→これを皇室に当てはめると、父方に皇統に属する男子がおり、その血統が息子によって継がれていく。
これが男系継承です。
北畠親房の「神皇正統記」に"世は周礼の註に父死して子立を世と云とあり"と書いてあります。

よく「周礼」だけを切り取って男系継承をシナ男系主義だという人がいますが、これは
周礼の註には、父子継承で「一世」と数えるという「世」という言葉を読者に説明しているのであって
シナ男系主義とは関係ありません。

・失礼ながら、旧譜皇統譜を拝見しても今上陛下から8人10代の女性天皇を含む一人の天皇も省かずに神武天皇、天照大神にまで遡れませんでした。なにしろ、天照大神に辿ってしまうと天照大神が天忍穂耳命の母であることから、どうしても女系(母方)でしか辿ることしかできないからであり、今上陛下から男系で辿ると8人10代の女性天皇が女性であることから男系で辿ると天照大神まで辿れないからです。
→辿り方が違います。
そもそも、兄弟継承や子→母への継承もあるので
今上陛下から一人の天皇も省かずに男系・女系で辿ることなんてできません。
これは双系だろうと同じ事です。
ただ歴代天皇は父方だけを辿っていくといずれかの天皇に辿りつき、最終的に
神武天皇・天照大神に辿りつくというのが皇室の男系継承なのです。

また、天忍穂耳命は天照大神の勾玉をスサノオが噛み砕いて生まれた神です。(いわゆる誓約)
つまりそれぞれが単独では生まれなかった神です。
だから自分は2人が協力して生んだ神と書いたのです。

ここでmagomeさんに質問ですが、天照大神→天忍穂耳命が女系なら、天忍穂耳命の父親は誰ですか?

・古来より、日本における姓は血統ではなく家に属する、というのが日本人の姓意識なのです
→皇室と家は違います。
それは天皇論でもありましたが、「皇室を家扱いすることで天皇制廃止に繋げようとしている」事になりませんか?

・カスタマーレビューについて
→教えていただいた検索方法で見てみましたが、他にも天皇制廃止を叫んでいる人がいるならともかく、
他のコメントが真っ当なコメントで、天皇制廃止を叫んでいるのはこの人一人ですね。
ただ言わせておけばいいんじゃないですか。

・旧宮家について
→自分は旧宮家そのものの事を言ったつもりです。例えば旧東久邇家の子孫含めて復帰の意味です。
戦前まで皇位継承権を認められていた一族であるので皇統に属する方々であることには変わりありません。
また、産まれは臣下でもその後皇籍に復帰したのは醍醐天皇やその皇兄弟の例があります。
ちなみに皇統に属さない女子が皇室に入るのは数多く例がありますが、
男子が皇室に入るのは日本史上一度もないことを述べておきます。

>>129
先ほども書きましたが、天照大神→天忍穂耳命が女系継承なら、天忍穂耳命の父親は誰ですか?
62ヶ月前
×
>>130 続きはライジング Vol.99 「慰安婦問題と同じ道をたどる『アイヌ民族』問題」のコメント欄で行おうと思います。
62ヶ月前
×
よしりん、食べ方がお上品だわ❤
62ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。