• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「自主独立のために必要な“信頼醸成”とは?」小林よしのりライジング Vol.138
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「自主独立のために必要な“信頼醸成”とは?」小林よしのりライジング Vol.138

2015-06-23 20:20
  • 256
c3f0d4ea8027341f15369617681477ec895171d2
第138号 2015.6.23発行

「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが無限に想像をふくらませ、とことん自由に笑える「日本神話」の世界を語る「もくれんの『ザ・神様!』」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」…第48回ゴー宣道場は6月14日、「戦争と道徳」をテーマに、思想家・東浩紀氏と社会学者・宮台真司氏をゲストに迎えて開催された。敗戦国である日本が戦勝国のレジームを引き受けるのは当然なのか?国際社会からの信頼を得るためには、連合国と交わした「手打ち」を今さら蒸し返すべきではないのか?何が正しく何が真実なのか、思考せよ!!
※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!ファンからの批判で考えを改めたことはある?自分の才能を超えていると思うような商売敵が現れた時、どう感じる?柏木由紀はどうすれば復活できる?革命を題材にした傑作といえば何?「ふしだら」「尻軽」な女性と、「性に奔放」「自由恋愛を謳歌している」女性の境界線って何?…等々、よしりんの回答や如何に!?
※新企画開始!ネット上に匿名で書かれた、タダで読めるクズみたいな文章なんか相手にするのはもう止め止め!やっぱり本です!これからは著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍に記された、立派な御意見を拝聴して、思いっきり誉めそやし、持ち上げよう!記念すべき第1回に拝聴する御意見は渡部昇一・中川八洋両氏の『皇室消滅』。さぁ、よいしょするよー!!


【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第133回「宮台真司氏との対立点は何か?」
2. しゃべらせてクリ!・第98回「KOぶぁい!ハードパンチャーぽっくんの巻〈前編〉」
3. 新企画!御意見拝聴・よいしょでいこう!・第1回「『皇室消滅』①〔男系男子天皇制度〕はGHQも支持した皇室の神髄?」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 読者から寄せられた感想・ご要望など
7. 編集後記




a4ce1caf1f8abb131c469c9146f5fc59e8d53f0f

第133回「宮台真司氏との対立点は何か?」

 第48回ゴー宣道場は6月14日、「戦争と道徳」をテーマに、思想家・東浩紀氏と社会学者・宮台真司氏をゲストに迎えて開催された。
 東氏が主宰する「ゲンロンカフェ」がゴー宣道場をジャックするというコンセプトで、第1部では司会を東氏に任せ、宮台氏とわしらの議論を自由に仕切ってもらうという初の試みに挑戦した。
 試みは成功したようで、参加者のアンケートを見ても好評なものが多く、特に二人の人柄の面白さに好感を持った人が多かったようだ。
 だが、言うまでもなく東・宮台両氏とわしの意見が完全に一致しているわけではない。むしろ、相違点があるからこそゲストとして招く意味があるのだ。
 会場が和気あいあいの雰囲気になったのはいいが、それに流されてしまわぬように、当日の宮台氏の発言の中で、わしが疑問を感じた部分を挙げておこう。

 宮台氏は、「戦争に負けたんだから、戦勝国のレジーム引き受けるのは当たり前」という。そうしなければ、誰も戦後復興に協力してくれなかったからだという。
 その上で、「東京裁判史観」とは日中共同声明で周恩来が繰り返した「日本国民は悪くない。日本国民も中国国民も、共通して日本の軍国主義者の被害者である」というものだという。
 つまり「A級戦犯」とは天皇陛下や日本国民から戦争責任を免罪するためのスキーム(仕組み)だというのだ。

 要するに宮台氏は、東京裁判の図式を認めれば中国と友好関係が築けると考えている。
 村山談話のような謝罪を繰り返して、靖国神社からいわゆるA級戦犯を分祀するか、国立追悼施設を作るなどしてしまえば、首相の靖国参拝も天皇陛下の御親拝も許されるし、宮台氏の言う重武装中立が可能になるというわけだ。
 まあ、いわゆるA級戦犯の方々に申し訳ないが、軍部=悪、国民=犠牲者の図式を建前上だけ認めておくという偽装ができれば、確実に自主防衛が出来るというなら、妥協してもいいかもしれない。
 だが、わしは宮台氏の意見に異論を呈しておいた。
 わしは、中国には日本を「永遠の敗戦国」にしておきたいという意図があると見ている。
 日本を、ポツダム宣言に言われているような「世界征服を企んだ悪の国」だったことにして、国連の「敵国条項」の中に封じ込め、国際社会の覇権ゲームに参加させないというのが中国の意志であり、それはアメリカもロシアもそうであり、そして韓国も事大主義で日本のプレイヤーとしての復活を願っていないと思うのだ。

 この意見に対して、宮台氏はこう言った。
それはわかる。しかし問題はね、その状態からどうやって僕たちが脱することができるかということだよね。そこから脱するという目標を立てた場合はですね、基本、政治家がやってきたことは非常によくないことなんだよね。
 まず、僕たちは敗戦しました。で、僕たちが民主主義国として再建できるためには、日本国民は駄目な国民ではないという枠組みを作る必要があるので、まあ、極東国際軍事裁判(東京裁判)図式は不可避。それ以外の図式で日本が民主主義国として再出発することはありえない。これまず認める必要がある
 さあ、読者諸君はこの意見をどう思うか?

 さらに宮台氏は、中国は日本を単に「永遠の敗戦国」にしておきたいと思うほど感情的なバカではなく、偉い人はたくさんいると言った。
 そして大事なことは、中国が危惧しているのは、日本が本当に戦前と手を切ったのかという問題なのだという。
 中国はそのことに危惧を抱き続け、1970年代、田中角栄の日中国交正常化の頃には、もうそろそろ危惧するのはやめてもよいかなと思った時期もあったが、すぐその危惧は復活し、現在に至っているというのだ。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他246件のコメントを表示
×
天皇陛下にのみ神ががり、近代主義に対する防波堤的な役割を強調している。それで、現実が見えず、
男系絶対を繰り返す神社系。
これこそ、逆賊ですね。
53ヶ月前
×
女系天皇を否定し、天皇統治にするという危険な思想をもっていることを知りました。
男系固執では皇統は絶えますし、天皇統治なんぞにすれば、
戦争や政治責任まで陛下に、及びます。まさに逆賊。

平田の過激な思想の影響です。
天皇を地上の主宰者ととらえ、高天原を天照大御神、黄泉を大国主が支配すると言う
平田の思想を具現化したような思想です。
53ヶ月前
×
>>269
近代主義を否定してますからね。神風連はまだ欧米主義の夷狄を追い払うという正義がありましたが、
立憲主義国家になった今、この思想はないでしょう。神道系ってこんなレベルしかいないのかと思うと唖然ですね。
陛下は人権、福祉、世界平和とか象徴として、非政治的なお立場で活動し、国民の為にご活動しているのに、その行為を無にするような神ががり天皇を作ろうとしている。
もはや、カルト満開です。
53ヶ月前
×
>>263 monmonさん。
その黒田とも関係が多少なりともある、札幌の開拓に関係がある北海道神宮(当時は札幌神社)ですが、monmonさんは地元ですから、詳しいことをご存知だと思われますが、私が以前、北海道を旅した時、北海道神宮を参拝する機会があったのですが、そこは普通の神社と違うのを感じました。(そこで手に入れた冊子には櫻井よしこ、大原康男両氏の対談、内容は皇統関連だったのはいい思い出でした(笑))
monmonさんにとって、北海道神宮というのは、どんな神社ですか?
53ヶ月前
×
>>271
諫議大夫さん
北海道神宮ですが、毎年6月に行われるお祭りのイメージが強いですね。後は初詣くらいですね。
53ヶ月前
×
小林先生や高森先生のブログを拝読して、オリンピックのために国際的な大嘘をかまし、世界遺産のために、自国の歴史を歪めた安倍晋三こそが、最大の「売国奴」であるということがよくわかりました。
こんな政権が「信頼醸成」など、できるはずもないですね^^;

木蘭先生のブログを拝読し、もしかしたら、木蘭先生を怒らせたら、その傘でザクザクされるのでしょうか?
・・・・・うっとり、いやいや、恐ろしいw
53ヶ月前
×
ゴー宣道場のブログが面白い!

泉美木欄さんの『刺し終わった傘』って、使い方いろいろ間違ってますから!!(笑)
凶悪なはずのレスラー達が、子供たちの安全を配慮したり、人の物を無断で取り上げたくせに最後は礼儀正しかったり、かなり萌えました♪♪

高森先生の『家族の話』がホノボノと自虐のバランスが絶妙!!
高森先生が、知的に首をかしげる様が可笑しい!
高森先生と言えば、男の美意識の塊のようなイメージがありますが、家族の話は、それとのギャップに萌えです♪♪

よしりん先生の『テレビに見覚えのある顔が出ていると思ったら、小林よしのりだった。わしじゃないか!』に笑いました(笑)
ライジングの休刊週でも、ゴー宣道場のブログを通して考える機会を頂き、感謝です☆

切通理作さんは、今はご家族のことで、大変なご苦労とご負担とのことですが、ご家族の皆様が快方に向かえば、またブログを書いてほしいなぁと、楽しみにしています☆
53ヶ月前
×
戦前の神社神道って儒教の影響が大きないかな?
と感じます。儒教はまさに男尊女卑ですし。
漢字の女の部首は卑しい言葉に使われますしね。
嫉妬とか…
井上毅は明治政府最大の知性ですが、男尊女卑は抜けませんでしたし、諸説はありますが、妻を殺したという黒田清隆は男尊女卑の塊だったと大東亜論を読めばわかります。
もちろん、現代の基準で過去を裁いてはいけませんが、今だに明治政府の男尊女卑を引き継いでいる
神社本庁は問題ありと言わざるを得ませんね。
53ヶ月前
×
うー。次号が配信されてしまう。

宮台氏の観念の2つめ「ドイツ式のやり方で戦後処理すべき」を
論破する方法を考えていましたが、まだまとまらない。

ひょっとして次号でよしりん先生の解答的なものが示されてしまうのだ
ろうか?

全然論理を組み立てられていませんが。
一応リミットと思われるので、書かなくては。

まずドイツのように、ナチス・ヒトラーに相当出来るほど、
東条英機や政府が悪行をやったとは言えない。

そしてやはりドイツは東西に分けられた事が大きかった。
東はソ連、西はアメリカのメンツにかけて、つぶせなかった。
発展させること自体が冷戦だった。

そして統一後、米英仏ソで賠償や謝罪をもうしないという取り決めを
行った事が、非常にデカい。

キムラヤさんの書き込みにあったように、中国韓国北朝鮮にも、
この謝罪と補償は今後一切行わないという約束を取る事は、
最も大事だろうと思う。

ネットで情報をあさっていましたが、限界が来ました。
近くの中型の書店に行っても、ドイツと日本の戦後処理の比較を
テーマにした本が、見つからない。

今から、大型書店に行ってこようと思います。
SAPIOと、週刊ポストも手に入れに。

アマゾンで見つけたのは、以下の本。新書が多いな。

『日本とドイツ 二つの戦後思想』仲正昌樹(光文社新書)
『戦後ドイツ―その知的歴史』三島憲一(岩波新書)

『ナチス・ドイツの強制労働と戦後処理―国際関係における真相の解明
と「記憶・責任・未来」基金』田村光彰(社会評論社)
これは3672円する…

『日本とドイツ ふたつの「戦後」』熊谷徹(集英社新書)
これは7/17に発売になるようなので、上記の本が見つからなかったら、
あるいは立ち読みして内容がイマイチだったら、
予約しようと思います。

しかし、よしりん先生はどうやって文献を集めてるんだろう?
今度Q&Aしてみます。
53ヶ月前
×
もし、他に良い本をご存知の方がいらっし
ゃいましたら、教えていただけると有り難
いです。

あと、中韓ともう謝罪・賠償をしないとい
う協定を結ぶ際には、ヴァイツゼッカーの
演説を参考に、中韓と日本の戦争被害をご
っちゃに列挙して、「過去から目をそらし
てはいけない。」と明言すべきだと思いま
す。

『慰安婦問題をこれで終わらせる』もあっ
たら、買ってこよう。
53ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。