• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 次回配信予定
    • 2019/01/20
      【自然災害メモリアル】第142回:大正7年豪雪・山形県大鳥鉱山雪崩災害(1918)の日 [防災]安全を理由に消える村や集落
    • 2019/01/23
      【自然災害メモリアル】第145回:38豪雪のピーク襲来(1963)の日 [防災]
    • 2019/01/24
      【自然災害メモリアル】第146回:平成28年豪雪(2016)の日 [防災]雪国以外における冬の低温災害
    • 2019/01/27
      【自然災害メモリアル】第149回:平成新燃岳マグマ噴火(2011)の日 [防災]

    【自然災害メモリアル】第141回:宮城県沖地震(1981)の日 [防災]防災食品は風邪の時にも重宝

    2019-01-19 21:0022時間前
    どうも、
    管理者のNDです。

    1月19日は、
    宮城県沖地震から38年です。


    夜中に大地震が発生し、東北の太平洋側の主要都市などは軒並み震度4を記録しました。
    M7.0の地震でしたが、死者は出ていません。しかしながら、地震活動が比較的活発で、
    この地震の4日後にはM6.6、M6.2といった比較的近しい規模の地震が連続して発生しました。
    今でこそ、特に何も起きずに終わっていますが、
    このような地震活動が起きると、もしやと不安を注がれるような不気味な規模の地震で
    あったことが伺えます。現代でも、そこそこの中規模地震で近い値の地震が続くと、
    不安になりやすいですが、過去にはこのようなことが珍しくない頻度で起きていますので、
    同規模の地震が続いても、それが大地震に繋がるとは思わないようにしましょう。


    今回は、
    「防災食品は風邪の時にも重宝」をテーマにお伝えしていきます。

    先日私もインフルエンザになりましたが、実体験を踏まえて今回はちょっとした
    防災のプラスワンになるようなことをお伝えしてみます。ただ、ある意味では
    パンデミックなどの感染症系は「自然災害」という定義になっているので、
    決して無関係ではないので、全然役に立つとは思います。

    一人暮らしなどだと、体調が著しく悪くなってしまうとなかなか外に出ることさえも
    ままならないことがあるのではないかと思いますが、そんな時に意外と役に立つのが
    備蓄していた防災食品でした。自分の場合はお粥がわりに食べれそうなものが目について、
    フリーズドライのピラフ風のご飯を食べてみました。
    何気にこれ系は初の試食にもなったので貴重な経験になりましたが、
    すごく具合が悪くてもなんだかんだで作れてしかも食べれてしまうので、
    個人的にはこんな場面で使うのも悪くはないと思いました。

    ある意味では、防災食品の重要性が別の観点で気づかされた面もありました。
    多くの場合は、備蓄系の食料はやはり食糧不足に陥る状態での安定した供給源を考えられ、
    もちろんそれを否定する気はありませんし、むしろ大事なものの一つにちゃんと感じます。
    ただ、備蓄食料は家の中に留まっていたい時にももってこいということです。
    外の様子も震災時は適度に見る必要性がありますが、安全第一になりたい時はこういうので
    なるべく移動を避けることで体力を温存するというのが大事かもしれないということが
    改めて感じることができたかなと思います。備蓄食料品の意外な使い道として、
    スーパーなどが遠い人は特にこの備蓄はしていて損はないと思います。
    そしてやはり、備蓄食料は何も震災以外にも使い道が十分にあることを知れました。
    個人的には、備蓄食料への関心が今回のインフルエンザでむしろ上がったように思えます。
    5年の保存期間ですが、全然1年以内に使って定期的に触れる機会にもして使うと良いと思います。
    味に慣れておくことも重要ですし、いくら簡単だと思っても窮地に立たされるときは
    単純な思考さえ縛られることもあります。そういう時に手や目が覚えていると、
    思考停止気味になっても動きますから、大事なシミュレーションになるのではないかと感じます。
    もしインフルになったら、敢えてお粥がわりに備蓄食料を食べてみると
    ある意味では被害に遭った状況に少しでも近づけることができますので、
    興味があれば皆さんも試してみてください。少しイレギュラーな時にこういうのを試すと
    違った視点から発見ができるかもしれませんよ。


    今日の記事は以上です。
    皆さんの防災意識に少しでもプラスすることができたら嬉しいです。

    明日もどうぞお楽しみください。
    尚、感想はブロマガコメント欄でも放送内のコメントでもお気軽にどうぞ。
  • 【自然災害メモリアル】第140回:天正地震(1502)の日 [防災]人智を超えた大震災

    2019-01-18 21:001
    どうも、
    管理者のNDです。

    1月18日は、
    天正地震から517年です。


    この地震は、多数の被害記録が残っていて顕著な被害にも関わらず震源が不定な地震です。
    一説では濃尾地震よりもはるかに強いとされているようです。
    天正地震の特徴はまず、津波にあります。この地震は発生個所があまりにも広すぎていて、
    それが震源の特定に至っていない理由の一つになっています。まず、この地震では
    太平洋と日本海、双方で津波が発生してどちらも被害を受けていることがあり、
    それに加えて東北の沿岸や琵琶湖に津波襲来の記録が残っています。

    もう一つの特徴は地震による被害の大きさと膨大な範囲です。
    中部~近畿にかけて大名が2人が死亡し、城も2棟が全壊、倒壊した城は更に多くあります。
    特に著しい被害だったのが帰雲城で、ここは周辺集落ごと山崩れが起き、
    内ケ島氏理と一族もろとも滅亡しました。
    蟹江城や長島城といった愛知から三重にかけての伊勢湾周辺も大きな被害を受けており、
    更に京都では仏像が数百にわたって倒れるなどもしました。
    故にこの震災は、日本の歴史さえも揺るがすほどの自然災害と言えるでしょう。
    あまり歴史上で語られない地震なのですが、戦乱の戦国時代は地脈も乱れていたのかもしれません。

    今回は、
    「人智を超えた大震災」をテーマにお伝えしていきます。

    自然災害は、人の上に立つ自然界の恐怖を掻き立てます。時として、人の想像では知りえない形で
    大震災は起きるかもしれません。しかし、そのような事態が現実的であればまだしも、
    非現実的な要素であれば、そのような事態をいちいち考えるのは得策ではないです。

    この世は確かに"リスク0%"という楽園は存在しません。日本に住んでいるのであれば、
    どの地域にいても、差はあれどある日突然の大地震に見舞われる可能性は存在します。
    ただし、その限りなく0%に近いような確率まで皆さんは心配する必要が果たしてあるのか、
    そこは時として疑問に思う部分があります。

    先日話したような人災が巻き起こすネットや現実的に起こりうるトラブルですが、
    この場合は、0%に近くても比較的高い確率で想定は十分できるレベルですから、
    必要な想定とは言えると思います。

    しかし、例えば首都直下型地震と南海トラフ巨大地震が同時に起こるとか、
    M9の内陸直下型地震とか、想定もされていないような超巨大な災害、もしくはその連鎖といった
    事例は、無理矢理にでも考えることはただ単順に精神的な疲弊を起こすだけになってしまいます。
    もし、そのような事例が考えられるなら日本の未来は真っ暗どころか、光がなくなります。
    自然災害は何も地震に限った事ではありません。世紀末のような世界を想像するなら
    明日小惑星が発見されて、しかも1週間も猶予がないうちに日本など瞬時に壊滅してしまう――
    そんなことも0%ではないでしょう。しかし、それを突きつけられてあなたがどうするかというのを
    いちいち考えるのはどうかと思います。
    例えば、
    ・F4以上の竜巻が日本で起きる
    ・M7級の内陸直下型地震が数日のうちに複数箇所で起きる
    ・M9の地震が再来
    ・スーパー台風(いわゆる米国カテゴリー5)の襲来
    ・沖縄や小笠原で大雪
    ・隕石群が突如として日本の都市圏に次々落下
    ・新型で致死率の高い脅威のウイルスが東京から大流行しパンデミック
    ・富士山が大噴火し、別の火山も次々噴火
    ・ゲリラ豪雨で300mm/hの雨が首都圏を襲う
    ・太陽風で世界中のネットワークがダウンし文明の現代社会は滅亡

    ――まず、これらのようなことを想像している人はやめてください。
    むしろこのような災害をいつも想定しているのは、もはや願望にすら聞こえますから、
    放送内でもこのような話題を出すことは控えていただきますようにお願いします。

    被害の想定はあらゆることを考える必要がありますが、まず非現実的な被害想定はしないようにし、
    どんな災害でも起こりうるようなことからまずは考えていくことをオススメします。

    このような思考でそこそこ良いのは、M6級の直下型地震で実際に起きている被害を
    想定することです。M6程度であれば、どの地方でも数十年あれば一度ぐらいは経験する規模で、
    どこでも被害の可能性が想像できます。場所については"現実的にありえない"という所は
    ありません。実際、北海道では留萌地方やオホーツク地方でさえも震度5を引き起こすような地震が
    起きています。普段ではまず考えられないような場所ですが、場所については人が推定で作った
    可能性ですから、0%に近くても実際には全然高いということは考えられるのです。
    話がずれてしまいましたが、M6程度の地震では例えば道路に亀裂が生じたり、
    都市圏であれば、その日の間は交通網が麻痺するなどといった事例が起こりえます。
    割と短期間で大きく影響を受けるのが特徴的な交通機関が、実際にどうなるのかを
    調べてみると良いかもしれません。最もいい事例としては、2005年に発生した千葉県北西部地震が
    あります。もちろん、3.11の関東地方の事例を見る分にも構いません。
    交通網以外であれば、家具が倒れる程度の被害を想定しなければなりませんが、
    大事な我が家が倒壊するほどの危険性は低くはなります。

    人知を超えた大震災は一生のうちで来るかどうかはわかりません。
    起きればさぞ東日本大震災を遥かに超えるような大災害が起きることだってあるかもしれないです。
    しかし、そのような限りなく0に近い非現実的な想定を考えたところで、限界があります。
    まずは大きい事を考えるよりも、起きやすい事例から対策を考えて、整えていくことが
    重要な防災においての考え方になるのです。中大規模の地震で役に立つ防災は、
    大震災のような規模の時でも、大半は無駄にはなりません。
    我々には、まず小さなところから考えていくことが防災の第一歩となるのです。

    今日の記事は以上です。
    皆さんの防災意識に少しでもプラスすることができたら嬉しいです。

    明日もどうぞお楽しみください。
    尚、感想はブロマガコメント欄でも放送内のコメントでもお気軽にどうぞ。
  • 【自然災害メモリアル】第139回:阪神・淡路大震災(1995)の日 [防災]大地震だけが契機じゃない

    2019-01-17 21:001
    どうも、
    管理者のNDです。

    1月17日は、最早言うまでもありません。
    阪神・淡路大震災から24年が経ちました。


    この地震、正式には兵庫県南部地震で、気象庁が命名した名前がこの正式名称になります。
    さて、その地震による死者は6434人、経済損失は10兆円にのぼり、
    兵庫県神戸市を中心に、福井地震後に震度7が制定されてから初めて使用されることになりました。
    もはや概要は別所に飽きるほどあるので、ここでは省略気味でいきます。
    ただ、この地震は不思議とそこまで多くの余震は伴わず、熊本地震や新潟県中越地震のような
    その後の地震活動が活発なイメージを持つような地震ではなかったとされています。

    尚、意外に知られているようで知られていないのですが、
    この地震災害ではあるひとつの横暴な出来事があとを断ちませんでした。

    その一つの出来事とは、緊急車両偽造です。
    兵庫県南部というだけあってそこは、大きな幹線道路にもなるために
    意地でもこの場所を通行しようとして、規制を乗り越えて通行した輩が後を断ちませんでした。

    震度6弱以上の地震が発生した場合には、
    直ちに環状線や主要の街道が通行止めになることがよく言われていますが
    この阪神地区も、当時はこの規制が災害対策基本法の規定に基づいて敷かれていました。

    規制除外車両には、標章たるものが存在してそれぞれ
    ・緊急輸送車両用標章
    ・社会的要求に応じる標章
    ・住民等の生活上必要な標章
    ・ガレキ運搬車輌用の標章
    の4つが存在していました。震災直後は標章が不足してしまい、警察署などで
    手書きやコピーによる公布が行われたのですが、
    ここで大量に公布されたことで、偽造や私製の標章が横行する自体に発展し、
    最悪なことに、主要幹線の渋滞解消が解決しないという、
    本末転倒の結果になった場所もありました。

    また、厳しい取締を行うにも困難を極め、迂回した車が脇道から戻ってくるなどして
    避けていたものもいたようです。結果的に、1ヶ月以上経って2種類の標章になり、
    厳格化されるまでは抜け道だらけ、そして自分勝手な輩ばかりが横行する悲しい事態が
    続きました。

    しかし、一部はそのような事態が発生してしまうことを頷ける要素もあります。
    震災時規制自体は覚悟している人は多いと思いますが、
    その時に発表された規制期間は実に1ヶ月です。
    例えば、首都圏の環七や青梅街道、日光街道といった主要幹線が使えなくなると
    経済的にも莫大な影響を及ぼすことになるでしょう。このように現実的な影響が強くなる意味で
    ストレスが溜まる生活を強いられることは、震災時には決して珍しいことではありません。
    通れる道なのに、優先順位に阻まれて通らせてくれない――
    そういった不満に皆さんは果たして打ち勝つことができるでしょうか。
    某位置情報ゲームでも抜け道を探し、その方法が一瞬でネットで拡散される時代ですし、
    ある意味やったもん勝ちになりつつあるこの世界は、
    "自分もやらないと負ける世の中"が如実に表れています。
    震災では特にそのような人々の愚かな部分が露呈しやすくなります。
    将来起こりうるその震災、大都市圏を直撃した時にそのような混乱と闘わなければなりません。
    実際に近代の都市型大震災で、形は違えどすでに起きているのです。
    世論に左右される混乱に塗れた震災というケースも、しっかりと覚悟し、
    想定しておく必要があるのです。

    今回は、
    「大地震だけが契機じゃない」をテーマにお伝えしていきます。

    今では全国の市町村に各地の震度が知られるようになりましたが、
    実はこの震災がきっかけで全市町村に地震計が設置されるきっかけにもなっています。
    というのも、やはりこの地震を始めとして局地的な被害をもたらすこともある地震は、
    もっと細かく情報が必要であることが、この地震で認識させられました。
    今でも言われるように、あの現場からこっちの方角はあまり被害がなかったとよく言われます。
    また、震災当初は大阪で震度4、京都で震度5ぐらいしか情報がなく、
    神戸では7と報道されたのは、後日の話です。朝になって神戸市の被害状況がわかり
    震度6とされましたが、この情報でも足りなかったぐらいなのです。
    また体感震度と被害の程度で震度も決まっていましたが、この翌年から全て機械で
    自動検知されるようになりました。これまで長野県西部地震や今市地震も震度4でしたが、
    もっと早くからこのシステムがあれば、日本の気象庁に残されている震度は、
    直下型地震を中心にもっと震度6や7が残されているはずなのです。

    日本に限らず世界中どこでもそうですが、人類はどうしても
    災害の発生で痛い思いをして、それが契機になって初めて対策に取り組まれていくことが多いです。
    故に時々「構えている時に大地震来てほしい」と懇願する輩にわずかながら同情したくなる場面も
    管理者である自分さえも時々思うことがあります。もちろん、文字だけではそういった意図が
    早々伝わらないので、不安を煽ることとして基本は全て放送内で願望系はNGにさせて頂いていますが
    地震の実態がわからないからといって、防災に取り組むきっかけを作れないわけではありません。

    過去の経験談を聞いて、その恐怖が伝わってこれたならばそれが契機になっても良いのです。
    特に今日は阪神淡路大震災の日ですから、明日から―― いえ、今日から何か地震に対する
    意識を定期的に持ってみるというのはいかがでしょうか。

    ただし、既に不安な人が持っても意味はありません。むしろ不安を抱えているのであれば、
    しっかり対策を取る為にまず行動しましょう。今まで放送内でもここでもずっと言い続けています。
    震災が怖いなら今動くのです。だから怖いままになるのです。大地震は突発的に起こり、
    前兆など「もうすぐ」という概念はかなり大雑把なものでしかありません。
    その1秒前まで平和な世界が突如として一変するのです。その認識をしっかりもちましょう。
    地震を契機に強くなる文化に流されてはいけません。一人一人なら自由なタイミングでできます。
    災害の多かったつい去年の1年間を風化させてはいけないのです。

    今日の記事は以上です。
    皆さんの防災意識に少しでもプラスすることができたら嬉しいです。

    明日もどうぞお楽しみください。
    尚、感想はブロマガコメント欄でも放送内のコメントでもお気軽にどうぞ。