• このエントリーをはてなブックマークに追加
<菊地成孔の日記 2022年11月18日午後5時記す>
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

<菊地成孔の日記 2022年11月18日午後5時記す>

2022-11-19 11:00
  • 24

 今、大阪湾岸にあるクラブパルティッタの控え室で書いている。ラジオデイズでも言ったが、どうして京都は普通に前売りが出ているのに、大阪が驚くほど少ないのだろうと思っていて、訳知り顔のバカどもは「近いからだよ(場所と日時が)」と言ったが、僕は自分が利口だと思って疑わないバカの言う事は一番耳を貸さない。天王寺のやばいホテル(東京では見たこともない大きさのドンキの上がホテル)から、ここまで移動して、クラブに着いて全てがわかった。会社が終わってここに踊りにこれる人は少ない。それは、場所が遠いから。だけではない。もう東京にはこうしたバイブスの場所はない。そうだよねベーグルヘッズ。 

 

*     *     *     *     * 

 

<昨日 某時某分 大久保 石森管楽器>

 

 

 長沼が楽器車で走るので、一人で新幹線移動し、大阪に前入りすることにした。仮眠2時間で重い体を引きづり起こし、タク
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く
他14件のコメントを表示

>>15
僕には浅田先生の教授に対する愛を感じました笑
Riot in lagosのような野蛮を作ってた方が、ここ10年来?あらゆることから身体性がなくなり、頭だけに極まっているように感じられ、それがちょっと悲しいのです。

No.16 2ヶ月前
userPhoto 菊地成孔(著者)

>>16

 いや僕だって坂本さんへの愛しか感じませんでしたよ笑

No.17 2ヶ月前

ラディカルな意志のスタイルズ を観て今帰宅路です。
WC日本代表は中米コスタリカに敗戦しました。

シンディケイトの関係であれば、ラディカルな意志のスタイルズは日本代表よりもコスタリカ代表に近しいと考えますし、そうなるべきそうなったと解釈をしています。
楽しい夜をありがとうございました。

No.18 2ヶ月前
userPhoto 菊地成孔(著者)

>>18

 こちらこそありがとうございました!W杯のことは、というよりフットボールのことを全く知らないので(ドイツに勝ったってすごいですよね。それぐらいの知っている感)、我々が日本代表に近しくないことだけは間違い無いと思います。

No.19 2ヶ月前

コスタリカ🇨🇷水で割ったらアメリカン、ジャップジャブジャブでムッシュかまやつ、スペイン戦には勝つんじゃない? 楽天が買収すると思う❣️
何にしろ、大坂京都歌舞伎町、歩く通路で座ってラジカル、encoreダーリンsaeco地下バンド、混沌世界にデジタルな意志に触れ、乙なprayサントゥール西アフリカンから急場かハイチに愛ランド、太鼓に鞭打つ菊地成孔還暦祝いイブ迄カウントダウンローダウンは、 Boz Scaggs、帰りの花園神社も良かったし、導入に台南滋養強壮リキュールに豚肝揚げ葱唐辛子大蒜チップ最高!ミックスマックスblaze周り最高峰❣️

No.21 2ヶ月前
userPhoto 菊地成孔(著者)

>>21

こうちゃん、来てたんだ笑。歌舞伎町楽しんだみたいで良かったです笑

No.22 2ヶ月前

反解釈1、たまらなかったです。とても素敵な体験を、思い出をありがとうございました。
回復や治療というセンテンスには、元の自分に戻るというニュアンスだけでなく、新しい自分に出会うというニュアンスが含まれていると、菊地さんに教えてもらいました。今は当たり前になりつつあったその感覚の、基礎工事をしていた日々を思い出しました。踊りながら。

No.23 2ヶ月前

反解釈1、最高でした。踊り狂って調子が出たので、つい、「歯大丈夫ですか〜?」と掛け声してしまいました!

僕が9月14日、25歳にして、生まれて初めて書いた追悼文で、ジャン=リュック・ゴダールの名前を半分、意識的に、一度も省略していなかったことを、菊地さんのMCで思い出しました。
反解釈2、楽しみにしています。

No.24 2ヶ月前
userPhoto 菊地成孔(著者)

>>23

 ありがとうございました!今この国は、治療が必要です。治り、戻るには、今の自分のある側面を殺すということを含意します。ほとんどの自死は、このことの誤解から起きます。昔からのファンの方かどうかはわかりませんが、僕が新しいバンドを作る際に、ここまで音楽的な構造や内容を口にしないことがなかったと思います。曲名すら言っていないわけです。いくつかのメディアが取材に来て「どう書いていいかわからないので」と、記事自体を書かなかった事に、僕は大きな満足を感じています。僕は音楽によって自分の一部を殺し、治し、戻ってきましたが、自分が治れば良いという訳にはいかない。というか、音楽をやり続けるというのは、そのことの連続性を知っているという事だと考えます。今我々が一番してはいけないことは、語るに落ちることです。その次が、不誠実であることだと思います。素敵なご感想をありがとうございました。

No.25 2ヶ月前
userPhoto 菊地成孔(著者)

>>24

 ありがとうございます!でも耳はほとんど潰れているので、昔のようにフロアからの言語メッセージが聞こえなくなってしまい、申し訳ありませんでした笑(昔は、「こんなのエレクトリックマイルスの」と、小声で話しているのも聞こえたので、背中から殺意と愛を発する技術まで身についてしまいました笑)。歯は、正直、片方の薬用アロンアルファが外れてしまったんですね笑、途中で、今週中に抜いて、貼り治します笑。

 はい、それが僕の最も言いたかったことなので、敢えて「誰がジャン=リュック・ゴダールを略した?」と言いませんでした。お若い方に伝わって嬉しいです。反解釈2をお楽しみに。

No.26 2ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。