• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

日常系四コマは百合エロ漫画の夢を見るか?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

日常系四コマは百合エロ漫画の夢を見るか?

2016-05-04 12:08
  • 2
桜Trick 1巻 桜Trick (まんがタイムKRコミックス)

 タチさんの百合四コマ漫画『桜Trick』を読んでいます。

 最近、我ながら良く読むなーと思うくらい色々と漫画を読んでいるのですが、当然、そのなかには傑作もあり、凡作もあります。

 で、この『桜Trick』はその中間くらい、悪くいえばそこそこ、良くいえばなかなかの作品だと思います。

 いや、ほんと、あまりたくさん読みすぎるのも一作への真摯さが欠けてくるのでどうかとは思うのだけれど、まあ、読まないとブログのネタがなくなるからね……。

 で、『桜Trick』。これはいわゆる無菌系四コマ(ほとんど一切男性が出てこない、女の子だけの楽園を描く四コマ漫画)とジャンル百合漫画の中間くらいにある作品ですね。

 無菌系のようでもあり、ピュアな百合漫画のようでもあるという、折衷的な一作といっていいかと思います。

 あるいは無菌系から百合に至るプロセスを象徴する作品であるのかもしれない。

 無菌系とは「男子を見たくない!」、「恋愛のライバルになる存在を物語に出してほしくない!」というところから生まれ、流行した作品群だと思います。

 ただ、そうやって男の子を物語から追放したその結果、女の子同士で恋愛することになってしまい(笑)、最近の無菌系ではわりと百合百合している作品が多いようです(最初期の『あずまんが大王』ですでにその傾向はありましたが)。

あずまんが大王1年生 (少年サンデーコミックススペシャル)

 ほかの男に女の子を奪われることは耐えられなくても、女の子同士で恋愛しているところは耐えられる、むしろ歓迎する、というところでしょうか。かってなものですね……。

 いずれにしろ、無菌系は男性の存在とともに、生々しい「性」の匂いを排除した作品たちでした。

 まあ、無菌系の女の子たちは同人誌ではそれはそれはえろえろな目に遭っているわけですが、それはあくまでアンダーグラウンドの話。

 表面的には無菌系はあくまでも無菌の清潔状態を保っていたはずなのです。

 ところが、『桜Trick』は思い切り「性」の匂いをただよわせています。

 女の子同士でキスするわ、するわ。ほとんど毎日エッチしている新婚夫婦か何かのよう(笑)。

 いやー、エッチいなあ。ここには、無菌系から追放されたはずの「肉体」があるんですよね。

 ただし、女の子同士での関係しか許されないことは何も変わってはいないわけですが。

 ちなみにペトロニウスさんとLDさんは、「日常-無菌系の果てに現れた微エロ作品」というふうにこの作品を定義しているようです。

 ちょっと「物語三昧」から引用してみましょう。

 あんまり、仕事が忙しくて、せっぱつまっているので、LDさんに苦しいよーーーって愚痴を言っていたら、『桜Trick』は癒されます(断言)といわれたので、見てみたら、、、、、びっくりです。

 ・・・・・・・これエロっ、、、って。

 いやぁーーーすっごいスイッチはいちゃいますよ、これ。。。。って、、、見ていたら、いや、なんか癒されるのと違くないか?って思ってしまって、、、、もちろん癒されるけど・・・・。

 これ日常系とか無菌系じゃないんじゃないか?

 って、思ったんですよね。ってでもよく考えてみれば、そもそも定義がしっかりしていないので、これが日常系や無菌系じゃないっていう理由もないんですよね。4コマによる時間の停止や、日常フレームアップ、関係性特化型、男性視点の主観欠如などなど、どう考えても、これまでの日常-無菌系の系列です。けど、この系統の『けいおん』とか『あずまんが大王』、『ゆゆ式』(ちなみに『ゆゆ式』、この系統の頂点の作品だと思っていますので、アニメを見ましょう!!)とか思いだしても、これを見ながら、Hなことって思いいたったことが全くないんですよね。あっ、Hな同人誌は、死ぬほど出てるけどねーこれらの作品。でも関係性特化型は、当然その延長線上を考えるので、そういう妄想が広がるのは当然だと思うんですよね。でも、オリジナルの部分で、そういうの感じたり考えて見てたってことなかったので、『桜Trick』あまりのエロさに、びっくりしてしまったのです(笑)。←初心です。


 まあ、そうなのです。『桜Trick』が日常系の枠内に入るかどうかは、じっさい微妙なところだと思う。

 もちろん、従来の日常系の文脈を満たしてはいるのだけれど、そこに「性」と「肉体」の要素が入ることによって、何か別物に見えてきているのもたしかなのです。

 とはいえ、これは必然的に出てくるべき作品ではあったでしょう。

 「性」の要素はほんとうは物語内から追放されたというより隠蔽されていただけなので(だから同人誌では18禁ネタにされる)、いつかは浮上してくるのが当然といえば当然。

 いまのところ、女の子同士の関係という限定された形でしか浮上していないけれど、理論的には男性×女性の微エロ日常系作品というものもありえるはず。

 ただ、男子が絡んじゃうと、どう考えてもキスだけじゃ終わらなくなってしまい、「平和な日常」が崩壊しかねない上に、「ネトラレのタブー」にひっかかっちゃうので、なかなかむずかしくはあるんだろうけれど。

 でも、 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
無菌系に同人でエロを求める層もいますが、エロを嫌がる層もかなりいるみたいで、ごちうさの二次創作はエロの割合が他の女性キャラが登場する作品と比べて低い。
ちなみにきららの作品ってアニメ化したものは無菌系と海燕さんが呼ぶものが目立ちますが、そうではないものも雑誌を読んでいると意外と出てきますよ。
43ヶ月前
×
「男の子と女の子がエッチ直前のいちゃいちゃを日常的にくり返す」に近いのはオムニバス形式では徒然チルドレンがそれになるかも?
後は有名なところではワーキングとホリミヤでしょうか。あれは男女同数の関係が深まりすぎないゆるいイチャラブが見れるのでおすすめ。
43ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。