• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

その高貴なる精神に心震えろ。『勇者様のお師匠様』はいまオススメの傑作!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

その高貴なる精神に心震えろ。『勇者様のお師匠様』はいまオススメの傑作!

2020-11-21 07:57
    q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B08

     『勇者様のお師匠様』という小説をご存知でしょうか。三丘洋さんのいわゆる「なろう小説」なのですが、あまり「なろう」らしくないというか、異彩を放つ物語です。ぼくは大好きで、じつに素晴らしい作品だと思っています。

     物語は魔王を打倒した「勇者」レティシアがウィンという少年を「師匠」と呼ぶところから始まり、波乱万丈の展開をたどります。

     で、このたび、その『勇者様のお師匠様』が漫画になりました。この漫画化が非常に出来が良い。なろう小説のコミカライズは全般に意外にクオリティが高く、日本の漫画業界のレベルアップを感じさせるのですが、そのなかでもこの作品は、まだ第一巻だけとはいえ、傑作といっても良いのではないかと思います。

     何が凄いって、第一巻を費やしてなお、まだなろう版の第一話に到達していない(笑)。先に書いた通り、この作品、「なろう」に発表されたときは魔王を斃したレティシアが王都に帰還するところから始まっているのですが、漫画版はまだそこまでたどり着いていないのですね。

     それでは、そんなにページを費やして何を描いているかというと、レティシアとウィンの子供時代。レティシアが魔王討伐に旅立つまで、そしてその旅の様子を克明に描いているのです。

     その描写自体は原作小説にもあるものですが、原作よりさらに詳細に描き込むことによって、物語は格段に重厚さを増しています。素晴らしい。

     レティシアは、人類の最後の希望ともいうべき勇者ではあるのですが、その常識を絶した圧倒的な力は、彼女が力を尽くして守っているはずの人々に恐怖を与えます。その人間を超越した力量を怖れた人間たちは、わずか十歳の可憐な子供に怪物を見るようなまなざしを向けるのです。

    09edbbc59f0be7f7b056bf8f26996fbebd5d8ab2

     命がけで守り抜いた人たちから怖れられるという絶望。孤独。それがレティシアが抱えた宿命です。彼女にしても決して軽々と戦っているわけではなく、戦闘と死の恐怖をギリギリのところで乗り越えているだけなのに。 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。