• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

竹田誠志、米デスマッチトーナメント出撃! 「アメリカのファンをドン引きさせたい」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

竹田誠志、米デスマッチトーナメント出撃! 「アメリカのファンをドン引きさせたい」

2018-08-14 18:13
    アメリカのインディプロレスの“現在”を伝える連載! アメリカインディープロレス専門通販「フリーバーズ」(https://store.shopping.yahoo.co.jp/freebirds)を営む中山貴博氏が知られざるエピソードを紹介していきます! 今回のテーマは竹田誠志、米デスマッチトーナメント出撃! 「アメリカのファンをドン引きさせたい」です!





    “真夏の祭典”G-1クライマックスは棚橋弘至が3度目の優勝を飾り、大盛況のうちに幕を閉じたが、アメリカでもデスマッチの熱いバトルがクライマックスを迎える。9月にGCWデスマッチトーナメント「ニック・ゲイジ・インビテーショナル3」が開催され、自他共に認める日本のデスマッチを背負う竹田誠志が参戦。竹田にとってアメリカ遠征は、昨年6月のGCW「トーナメント・オブ・サバイバル2」以来となる。

    「やはり日本のデスマッチ団体のベルトを2本巻いてるからには、アメリカのファンの見方も変わるだろうし、ヘタな試合したら『日本のチャンピオン、大したことねー』と思われるんで、いままでとは少し意識が違いますね。でも、基本的にベルトがあってもなくても、竹田誠志のデスマッチをやるだけなんで、アメリカのファンをドン引きさせるような戦いをしたいです」

    竹田がアメリカでのデスマッチに意気込むのはこんな理由がある。

    2014年6月14日――CZW(コンバット・ゾーン・レスリング)主催「トーナメント・オブ・デス(以下 TOD)13」のリングの上には、日本人初優勝という大偉業を達成した葛西純の姿があった。

    この続きと、シンサックの奥さん、堀口キック挑戦の真意、マサ斎藤、加藤清尚、レスナー…………などの記事がまとめて読める「10万字・記事21本の詰め合わせセット」はコチラ 

    http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1639388
    この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。