• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

なぜあのギロチンは極まったのか? 堀口恭司マネジメントが語るコールドウェル戦大勝利の裏側!!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

なぜあのギロチンは極まったのか? 堀口恭司マネジメントが語るコールドウェル戦大勝利の裏側!!

2019-01-03 10:50
  • 6
f7394d13f850275afc25f3e4d990b2a6d684ad9c
堀口恭司を始めとして多くのMMAファイターのマネジメントを担当している石井史彦氏が語る「堀口恭司vsコールドウェル」の裏側です! 写真は
左からコーチのマイク・ブラウン、二瓶孔宇氏、仮想コールドウェルのジョシュア・スミス、石井史彦氏。



【1記事から購入できる関連企画】

・「おい、ウソだろ? 天心の左カウンターが当たらないって……」■山田武士




「デメトリアス・ジョンソンとの再戦はおいしいですね。ボクらは全然かまわないですが、コールドウェル戦を見たら、ONEがやらせたくないんじゃないですか?」


――
コールドウェル戦は本当に凄い試合でした……堀口選手の大勝利おめでとうございます!

石井 ありがとうございます。

――石井さんは堀口選手のマネジメントという立場なので、堀口選手が当然勝つことを信じていたと思うんですが……どういう試合展開になると見ていましたか?

石井 皆さんも当然予想していたと思うんですが、コールドウェルの狙いはテイクダウンですよね。堀口選手をサポートするアメリカン・トップチームのコーチ、マイク・ブラウンも試合前に言っていましたが、コールドウェルのレスリングはUFCフライ級王者のヘンリー・セフードより上ですからね。セフードはオリンピックの金メダルを獲ってますが、コールドウェルはオールアメリカンに2度選ばれて、NCAAを2回も優勝してますから。

――NCAAを2度勝ってるMMAファイターはジョニー・ヘンドリックス、ベン・アスクレン、そしてコールドウェルのようですね。

石井 あとベラトールで売出し中のエド・ルースですね。こないだネイマン・グレイシーに負けちゃいましたけど。

――コールドウェルはMMAでも屈指のレスラーであるという。

石井 なので今回のキャンプもレスリング強化だったんです。コールドウェルはスタンドで勝負にはこないだろうと。


・【フリー公開中】大晦日直前必読!! 堀口恭司のセコンドから見た難敵コールドウェル戦


――フライ級からバンタム級に上げた堀口選手、フェザー級からバンタム級に落としてきたコールドウェル。実質2階級の体格差も脅威じゃなかったですか?

石井 堀口選手は背が小さいので、対戦相手のほうが大きいのは今回に限ったことではないんですよね。それが5センチなのか、10センチなのかっていう話で。

――ああ、なるほど……いや、10センチはヤバイですよ!(笑)。

石井 体格差はまあ仕方ないとして、いかにテイクダウンされないようにするかってことが問題だったんですけど、ただどうしてもテイクダウンは取られるだろうと。そこで一番気をつけていたのは、テイクダウンされてもいいから、バックは絶対に取られないことです。ここが最大のポイントでした。

――手足があれだけ長くてントロール能力に長けたコールドウェルに背後に突かれたら、かなり厄介ですねぇ。

石井 コールドウェルがエドゥアルド・ダンタスに勝ってベラトールのチャンピオンになった試合では、ダンタスが簡単にバックに取られて、1〜3ラウンドを取られてしまったんです。そのあとコールドウェルがガス欠したことで、4ラウンドと5ラウンドはダンタスが取っていてもおかしくない内容だったんですが、結局前半戦が響いて判定負けだったんですよね。コールドウェルにバックを取られなければ堀口選手は立てますから、そこは絶対に死守しようという作戦でしたね。

――まあ背後を取られなければ立てますよね……って、コールドウェルに抑え込まれても立てるという自信があったということですか!(笑)。

石井 実際に立ちましたよね。レスリングは堀口選手がATTに移籍して以降、最も強化された部分です。UFCでデメトリアス・ジョンソン(以下DJ)に負けたのは、レスリングの差でしたし、あのときの堀口選手はレスリングの技術を身につけていなかったのに等しかったですから。

――ATTに移籍して、別のファイターに進化していると言っても過言ではないという。

石井 はい。コールドウェルはテイクダウンしてもそんなに攻撃してくるタイプではなくて、最初のアームロック以外はそこまで積極的に仕掛けてこなかったですよね。なので、立てるんじゃないかと。

――たしかにアームロック以降は目立った仕掛けはなかったです。

石井 力で抑え込むことでコールドウェルは体力をかなり消耗したと思いますし、そうやってガス欠することも想定内でした。実際2ラウンド目も倒されたけど、堀口選手はマットに背中を付けず、尻をロープにもたれかけるようにしてたじゃないですか。完全に封じ込められていたわけじゃなく、コールドウェルは何もできないまま上に乗ってるだけでしたよね。

――コールドウェルは下からパンチをかなり嫌がってましたね。

石井 これは余談になりますが、あの体勢をRIZINのジャッジはどう見るのか気になりますね。いまのMMAは背中をつけないとコントロールしていると評価しないじゃないですか。コールドウェルは上に乗ってるだけで何も攻撃はしていない。下の堀口選手がパンチを何発も浴びせている。RIZINの判定基準はトータルマストですけど、たとえばラウンドマストに置き換えた場合、1ラウンドはコールドウェルだとしても、あの2ラウンドはどう評価するのかなって今後のためにも興味はありますね。ジャッジの見方によって戦略も変わってきますからね。 

――今度ジャッジ陣を取材します! 話を戻すと、堀口選手は「テイクダウンされてもバックを取らせない」ことを徹底できたんですね。

石井 完全にバックは取られませんでしたよね。ダンタスと堀口選手の決定的な違いはそこですね。

――とはいえ、2ラウンドを終わった段階では、堀口劣勢のムードはありましたよね。石井さんはどう思われていたんですか?

石井 最終3ラウンドにダウンを奪うとか決定的なシーンを作らないと判定では負けるという状況でしたよね。

――3ラウンド早々ボディに効かせて、コールドウェルをコーナーに追い詰めましたが、またしてもテイクダウンを奪われてしまいました。あのときは……。

石井 さすがに「ああ、やられた!」と思いました(苦笑)。

――そうですよねぇ。

石井 「これはマズイなあ」と。ただ、残り時間が4分もあったじゃないですか。2つの考えが頭をよぎったんですよ。「このラウンドも抑え込まれたら判定で負けるな」と、「まだ時間があるうちでよかったな」。これがもし残り時間2〜3分だったら、立つだけの動きで終わっちゃいますからね。

――そしてフィニッシュのギロチンチョークが……

石井 ボクはちょうど堀口選手がロープを背負った真後ろで試合を見てたんですよ。そこから見えるのは堀口選手の背中と、そしてコールドウェルの首だったんです。コールドウェルがまるで「さあ取ってください!」といわんばかりに首を差し出しているようで驚いたんですよ。

――信じられない光景だった。

石井 コールドウェルってそれまではテイクダウンしても、自分の顔を堀口選手のお腹につけてコントロールしてきたんですけど、あのときだけ首をグイと前に差し出していて。あれって相当、疲れてたからなんじゃないかなって。


この続きと、RIZIN大晦日特集、地獄のシューティング合宿、イッテンヨン、ケニー・オメガ…などの記事がまとめて読める「11万字・記事22本の詰め合わせセット」はコチラ 
 
この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
MMA団体のトップの判断で色々出来るんですね。
5ヶ月前
×
ベルトを巻く堀口の横の榊原さんの笑顔見ると、堀口がRIZIN、ベラトール、ONEの3冠チャンピオンになるのも夢物語じゃないな。
5ヶ月前
×
しかし、この記事は仕事早い。
5ヶ月前
×
堀口の凄いところは、常に会場で一番冷静なことと、対戦相手の株まで上げること。
堀口と対戦した相手の次の試合も見たくなる。
5ヶ月前
×
空手の師匠の死
Kidの死
堀口に負けて存在消された選手達

堀口は人のエネルギー吸いとって勝手に撒き散らす噴水発散型の人だと思う。
5ヶ月前
×
いやほんと、仕事早い。充実の記事、矢継ぎ早じゃないですか(笑)。最近、斎藤さんが元気そうで嬉しい限りです。これからもどうかお身体に気をつけつつ。
5ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。