• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

佐山聡に鉄拳指導された当事者が語る「地獄のシューティング合宿の真実」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

佐山聡に鉄拳指導された当事者が語る「地獄のシューティング合宿の真実」

2019-01-01 22:59
  • 4
55d3fdf77a0b3ed7d10ef495515d98af6790d16d
格闘技ファンなら一度は目にしたことがあるはずの「地獄のシューティング合宿」動画……

https://www.youtube.com/watch?v=tUsixfMLMUM

シューティング創始者の佐山聡に「殺すぞっ!!」と喝を入れられた当事者の
阿部勇司さんが取材を受けてくれました! 地獄のシューティング合宿で何が起きていたのか?(聞き手/ジャン斉藤)


【1記事から購入できる関連記事】

朝日昇インタビュー最終回……修斗分裂騒動の裏側、着せられたクーデターの汚名

村浜武洋“流浪と怒り”のロングインタビュー「やるか!? おう、コラ! ああん!?」

【和術慧舟會創始2万字語り】西良典インタビュー「総合格闘技がなかった時代の話をしよう」


運命のバリジャパ、安生道場破り、幻の長州戦真相――中村頼永インタビュー<ヒクソン来襲編>

木村浩一郎 
「FMWとリングスで俺はこの業界をナメてしまったんですよ」 

紀元前のシューティング……「スーパータイガー・ジムに通った高校生」/ソムチャーイ高津

山田学 初代シューターにしてパンクラシストの大冒険 

修斗初代王者/仮面シューター・スーパーライダー 渡部優一 

修斗、リングス、K−1、PRIDE…90年代を漂流した格闘家・本間聡

「佐山先生をUFCの殿堂に!」……川口健次✕朝日昇、青春のシューティング対談!!



aac3ef4ae9c2fa6952af373c72220c6f71f2dc6d

――
佐山聡先生の「本気で蹴ってみ?」動画の当事者に取材できるとは思いませんでした!

阿部 じつはあの動画の存在を知ったのは2〜3年前のことなんです。いまはホワイトボックスという主に医療機関の経営を支援するコンサルタント会社で働いているんですが、シューティングをやめてから格闘技をそこまでチェックしてなかったんですけど、ボクの知り合いが「これ、オマエじゃないの?」と。

――ああ、そうだったんですか。あの動画は昔から超有名なんですよね(笑)。

阿部 そうみたいですね。先日斉藤さんがツイートであの動画を触れられていたので、おもいきって名乗り出てみたんですけどね(笑)。

――ありがたいです! 阿部さんはいま何歳なんですか?

阿部 いま46歳ですね。シューティングをやっていたのは19歳のときですから、26年前の話になっちゃいますよね。

――どういう経緯でシューティングを始めたんですか?

阿部 もともと高校でレスリングをやってたんですよ。横浜高校のレスリング部なんですけど。

――おお、横浜高校レスリング部といえば由緒正しいですね!

阿部 鈴木みのるさんの4つ下で、宇野(薫)くんの3つ上。学校は違いますけど、同期でいえば山宮(恵一郎)ですね。

――パンクラスで活躍された山宮さんですね。当時の横浜高校って評判が悪いというか……(笑)。

阿部 面白かったですよね(笑)。ボクらの代は平和でしたけど、鈴木さんの頃は全盛期で。いまはレスリング部はなくなってますけど。なぜレスリングをやったかといえば、もともとウチの父親がボクシングをやっていて、後楽園ホールにボクシングを見に行ったりしてたんですよね。でも、中学のときにプロレスを見て高校ではレスリング部に入ろうと。慣れておくために木口道場に通ったんですよ。

――あの当時の木口道場ってヤバくないですか?(笑)。

阿部 まあ中学生だったので、そこまで危ないことをさせられませんでしたけど(笑)。朝日昇さんがいましたね。その後は「奇人」と呼ばれてましたけど、普通の方でした。週1回、三軒茶屋のスーパータイガージムにも行くようになったんですよ。

――シューティングの色が濃い中学生ですね!

阿部 そのときは中村(頼永)さんや北原(光騎)さん、平直行さんがインストラクターではなかったですね。横浜高校に入ったときが鈴木さんが新日本プロレスでデビューするときで。ボクもプロになりたかったんですけど、身長がそこまで伸びなくて。当時はプロの格闘家といえばボクシングしかなかったので、どうしようかなってときにシューティングがプロ化されたので「これだ!」と。大学進学は考えてなくて、1日も早くシューティングをやりたいなと。ホントは高校も行きたくなかったくらいなんですよ、当時は(笑)。

――ハハハハハハ! ずいぶんおもいきりましたね(笑)。

阿部 それで成田の関島(康人)さんのところで練習することになりまして。

――関島さんといえば、修斗初のチャンピオン(ミドル級)ですよね。いわば総合格闘技史上初の王者で、関島さんが戴冠したときは佐山先生が「これが真剣勝負のチャンピオンです!」と涙したという伝説のシューター。

阿部 関島さんは人間的にも凄かったというか、成熟されてましたよね。当時まだ25、26歳だったと思うんですけど。

――それにしても練習場所はどうして成田だったんですか?<続きは会員ページへ>



いま入会すれば読める1月更新記事

堀口恭司マネジメントが語るコールドウェル戦大勝利の裏側/佐山聡の鉄拳指導「地獄のシューティング合宿の真実」/メイウェザー「Aサイド劇場」とは何か?/リッキー・フジが語るFMWガイジンレスラー/アメリカで「邪道」争奪戦勃発!

https://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/201901

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
実に貴重なインタビューですね。
次は、関島さんにインタビューお願いします。

あと、渡部裕一さんではなく渡部優一さんなので修正お願いします。
7ヶ月前
userPhoto
TA
×
貴重なインタビューありがとうございます。
青山学園大学ではなく、青山学院大学ですね。
7ヶ月前
×
左のビンタが良い✋~
7ヶ月前
×
まさかこんなインタビューが読める時代が来るとは
うれしいような複雑な気持ち・・・次も期待してます
4ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。