• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【K-1!RISE!!】ムエタイ王者は日本でどう闘ったのか?■鈴木秀明
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【K-1!RISE!!】ムエタイ王者は日本でどう闘ったのか?■鈴木秀明

2019-03-18 11:00
  • 1
e166ff311da36258e96e49e429cab2771beded91
現役時代は「ムエタイキラー」として名を馳せ、「キックぼんやり層」にその面白さを解説してくる鈴木秀明氏。今回のテーマは、興行戦争となった3・10新生K-1&RISEに参戦するムエタイ王者たちの闘い方を解説します! ルールが違うだけで見方は全然変わる!




――
鈴木さん! 今回のテーマはK-1とRISEに大量参戦したムエタイファイターについてです。

鈴木 ラジャダムナンやルンピニーのチャンピオンがこんなに参戦するのは凄いことですよ。でも、ムエタイとはルールが違うので戦い方は変わってくるので、そのへんことを喋りたいですね。

――
まずはRISEの61キロトーナメントに登場した梅野源治選手です。梅野選手は「日本ムエタイ界の至宝」と呼ばれ、ラジャダムナンの王者にもなっています。

鈴木
 梅野選手はダウンを奪って判定で勝ちましたが、ムエタイルールのときと違ってなかなか厳しい戦いが強いられましたね。

――
RISEルールは首相撲を含むつかみからの攻撃は1回のみ、ヒジ打ちなしです。

鈴木
 このルールだと基本的にボクシングパンチが打てる選手のほうが適応しやすいと思うんですね。ただし、今回RISEに出たスアキムやルンキットはボクシングパンチではないし、別の形でフィットするタイプもいるんですけど。

――
ボクシングパンチが打てなくても、対応できればいいということですね。そして梅野選手はこのルールでは相性がよくないと。

鈴木
 よくないです。トーナメントなので、この先どう進化するかだと思うんですね。梅野選手ってムエタイでは変幻自在のファイトスタイルなんですよ。相手がパンチができなかったらパンチで攻めるし、ヒザが弱点ならヒザ、ローのカットができないのであればローで攻める。 相手の弱点を突いていくタイプ。今回は左ミドルを多用したところがポイントだと思うんですけど、このルールだとちょっと出しすぎなのかなと思いました。というのは、相手のステップワークで避けられたりするケースが多い。梅野選手の左ミドルが軽く見えちゃったんです。避けられないためにコンパクトに蹴ろうとすると、さらに弱く見えてしまう。ムエタイのルールだとポイント的に有効ですが、ダメージ優先のルールだとちょっと印象がよくないんですね。<続きは会員ページへ!>

この続きと追悼・ウォーリー山口、フジメグ、引退3連発GSP、飯塚高史、ミルコ…などの記事がまとめて読める「12万字・記事22本の詰め合わせセット」はコチラ 


この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック! 

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
武尊の相手は一階級下の選手だったので次回は同階級の王者とやってほしい。天心のボクシング企画は中止してほしい。天心がボクシングに転向して3年後に世界チャンピオンになって井上尚弥と試合するのが見たいです。
5ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。