• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

米デスマッチをこよなく愛す、155センチ世界最小デスマッチレスラー佐久田俊行
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

米デスマッチをこよなく愛す、155センチ世界最小デスマッチレスラー佐久田俊行

2019-08-16 10:50
    d06491f5efe01463bc95c1f2b6fc6af36a44b1e6
    アメリカのインディプロレスの“現在”を伝える連載! アメリカインディープロレス専門通販「フリーバーズ」(https://store.shopping.yahoo.co.jp/freebirds)を営む中山貴博氏が知られざるエピソードを紹介していきます! 今回のテーマは
    米デスマッチをこよなく愛す、155センチ世界最小デスマッチレスラー佐久田俊行!


    【1記事から購入できるバックナンバー】

    元祖・大仁田信者が50歳で覆面レスラーになるまで〜ワイルド・セブンの告白〜

    【インディの怪人、ついに語る】サバイバル飛田「もう客を焼き払うしかなくなった……」

    【壮絶!!後編】シャーク土屋に病魔が襲う!! 「もっと生きたい…水が飲みたい!!」

    「FMWアイドル女子レスラー」の今はキリスト教伝道師……里美和ロングインタビュー

    高杉正彦インタビュー〜剛竜馬とウルトラセブンに愛をこめて〜

    上田勝次 FMWを支えたキックボクサー「アイツが死んで以来、ヒジは使ってないよ…」 

    金村キンタロー 
    理不尽小僧「インディで年収1500万……一銭も残ってないです!」 

     


    いまから6年前、当時の『米インディプロレス専門通販フリーバーズ』のメールマガジンは、お客様ひとりひとりのアドレスをいちいち打ち込み送信していた。そのため比較的注文の少ない場所や、珍しい名前のお客様を自然と記憶していた。その記憶の中に“大分県の佐久田さん”という方がいたのである。

    2014年8月6日、大日本プロレスに身長155センチのプロレスラーがデビューしたことを知った私は、その名前がなんとなく気になっていた。その“なんとなく”の理由が、ひょんな事から答えが出たのである。所用でお会いした大日本プロレスのアブドーラ小林選手から「ウチの佐久田がフリーバーズさんでDVD買っていたみたいで、今日は用事がなければ来たかったみたいです」と伝えられた。“大分県の佐久田さん”は大日本プロレスの佐久田俊行だった。プロレスラーになる前、大分県の大学に通っていた佐久田は、CZWなどのDVDを購入するために当店を利用していたのだった。


    自らを「サイコパスボーイ」「社会不適合者」と名乗り、試合になると危険な凶器を巧みに使い、危なっかしく狂ったデスマッチをする佐久田。中学2年のときにプロレス雑誌でデスマッチ特集を見て以来、血の流れるデスマッチに思い焦がれるプロレス少年になり、大日本プロレスの伊東竜二や葛西純に憧れて、いずれ自分もデスマッチをやってみたいと思うようになった。

    この続きと、朝倉未来、堀口vs海、ハーリー・レイス、クレーン・ユウ、扇久保博正などの記事が540円(税込み)でまとめて読める「15万字・記事22本の詰め合わせセット」はコチラ 

    https://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1805952

    この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!
    1記事85円で購入できます!

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。