• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「ミスター・プロレス」ハーリー・レイスの偉大さを知ろう■斎藤文彦INTERVIEWS
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「ミスター・プロレス」ハーリー・レイスの偉大さを知ろう■斎藤文彦INTERVIEWS

2019-08-16 11:06
  • 2
c7d8ecc9c3965b72f0d6682d0948245b904775e7
80年代からコラムやインタビューなどを通して、アメリカのプロレスの風景を伝えてきてくれたフミ・サイトーことコラムニスト
斎藤文彦氏の連載「斎藤文彦INTERVIEWS」。マット界が誇るスーパースターや名勝負、事件の背景を探ることで、プロレスの見方を深めていきます! 
今回のテーマは「ミスター・プロレス」ハーリー・レイスの偉大さを知ろうです! 




Dropkick「斎藤文彦INTERVIEWS」バックナンバー

■ウルティモ・ドラゴンの偉大なる功績を再検証する

■ネット社会に出現したニュータイプAEW、その可能性

■都市伝説的試合映像ブレット・ハートvsトム・マギー、ついに発掘される
 

■レッスルマニアウィーク現地取材レポート

■平成という「アントニオ猪木が去った時代」

■アメリカの新団体AEWは脅威になりえるか

■それでもケニー・オメガは新日本プロレスに残るか


【追悼・爆弾小僧】すべてはダイナマイト・キッドから始まった


■“怪物脳”に覚醒したケニー・オメガ


■怪物デイブ・メルツァーと『レスリング・オブザーバー』


■新日本プロレスのMSG侵攻は「WWE一強独裁」に何をもたらすのか


■怪物ブロック・レスナーを通して見えてくる「プロレスの作り方」


■追悼・マサ斎藤さん……献杯はカクテル「SAITO」で


■皇帝戦士ビッグバン・ベイダーよ、永遠に

■ジャイアント馬場夫人と親友サンマルチノ、2人の死――

■ベルトに届かず…されど「世界に届いた中邑真輔」のレッスルマニアを語ろう 

■ステファニー・マクマホン、幻想と現実の境界線がない生活

■ロンダ旋風、中邑&ASUKAダブル優勝!! ロイヤルランブル1万字総括

■アメリカンドリーム、ゴールダスト、コーディ……ローデス親子それぞれの物語

■ジェリコvsケニー実現で考える「アメリカから見たプロレスの国ニッポン」


旭日双光章受賞!! 白覆面の魔王ザ・デストロイヤー

■みんなが愛した美人マネージャー、エリザベス!

■職業は世界チャンピオン! リック・フレアー!!

■怪死、自殺、大事故……呪われた鉄の爪エリック一家の悲劇

■ミスターTからメイウェザーまで! WWEをメジャー化させたセレブリティマッチ

■馬場、猪木から中邑真輔まで!「WWEと日本人プロレスラー」

■WWEの最高傑作ジ・アンダーテイカー、リングを去る

■『1984年のUWF』はサイテーの本!
■伝説のプロレス番組『ギブUPまで待てない!!』 

■「現場監督」長州力と取材拒否

■ジェイク“ザ・スネーク”ロバーツ…ヘビに人生を飲み込まれなかった男


■追悼ジミー・スヌーカ……スーパーフライの栄光と殺人疑惑

■ドナルド・トランプを“怪物”にしたのはビンス・マクマホンなのか



――
“ミスタープロレス”と呼ばれた往年の名レスラー、ハーリー・レイスさんがお亡くなりになりました。

フミ “ミスタープロレス”というニックネームで讃えられたレスラーはハーリー・レイスだけなんです。のちに日本人では天龍(源一郎)さんもそう呼ばれていましたが、20世紀のアメリカのプロレス界にはルー・テーズやカール・ゴッチ、ドリー・ファンク・ジュニアといったミスター・プロレス的な名プロレスラーたちがいながらも、レイスが“ミスタープロレス”と呼ばれていたわけですからね。

――
錚々たるメンツを押しのけて。

フミ
 いまはなき世界最高峰のプロレス組織NWAの“公認チャンピオン”という存在も、いまのファンからすれば、リック・フレアーの印象が強いものになっていますよね。でも、そのリック・フレアーはハーリー・レイスがいなければ存在しえないチャンピオンなんです。そもそもファイトスタイルが丸っきり同じですからね。相手のオデコにコツンと落ちてくるニードロップ、デッドリードライブで投げられるためにトップロープに上がる“名人やられ芸”、バーティカル・スープレックスと呼ばれるブレーンバスターの投げ方、 そしてNWAのチャンピオンとして60分間フルタイム戦い切れるスタミナや、揺るぎない試合の設計図を持っていることも同じなんです。

――
“プロレスの達人”じゃないと務まらないのがNWA王者だと。

フミ
 ハーリー・レイスは試合のクオリティがメチャクチャ高いんです。70~80年前からプロレス界に伝わる格言で「ホウキが相手でも試合ができる」というものがありますが、それはハーリー・レイスのプロレスそのものなんです。アメリカや日本、ヨーロッパやメキシコ、南半球、どこへ行っても誰とでも名勝負を演じることができる。

――世界中を股にかけて防衛戦活動をしなければいけないのがNWA王者としての仕事ですもんね。

f0151307528528f3c50f86741f493843ab562016

フミ
 新しいプロレスファンや、新しい世代のプロレスマスコミはハーリー・レイスのその偉大さをもっともっと知るべきだと思うんですよ。ハーリーが亡くなったことを受けて『レスリング・オブ・ザーバー』のデイブ・メルツァーといろいろと話をしたら、彼はアメリカのプロレスメディアに苦言を呈していた。ハーリー・レイスが亡くなったという訃報が世界中を駆け巡りましたが、まずメディアよりも先にプロレスラーや関係者がSNSでハーリーの死を追悼していたんです。それから各マスコミがあとを追ったんですが、その内容は「WWEで活躍したハーリー・レイス」という見出しの記事ばかりで。ハーリー・レイスがWWEで活躍したのは彼が晩年のことですよ。

――
ハーリーにWWEのイメージはそこまでないですよね(笑)。

フミ
 もしくは「WWEホール・オブ・フェイムのハーリー・レイス」。 そうやってアメリカで報じられたことを後追いの後追いでそのまま和訳しちゃっている日本のメディアも多かったんです。元NWA世界王者がプロフィールのひとつにしか過ぎなかったりする。ハーリー・レイスが“ミスタープロレス”と呼ばれる由縁はNWA王座を8度も獲得したからなんですけどね。

――
NWAという3文字が伝わりづらくなっているところもあるんでしょうねぇ。

フミ
  NWA幻想は40代後半あるいは50代以上の世代にしか響かなくなっていますからね。NWAが崩壊してWWEが世界征服を遂げてしまったことで 、アメリカのプロレスのニュースは総じてWWEのことという前提ができていますよね。一方、そのWWEのトリビュートビデオは大変素晴らしい内容だったんですけどね。古今東西のプロレス団体の映像アーカイブをどんどん買い取っていることもあって、ハーリー・レイスが初めてドリー・ファンク・ジュニアに勝ってNWA チャンピオンになったときの試合も入っていたりして。

――
そんなお宝映像が残ってるんですねぇ。

フミ
 それだけじゃなくて、カナダ・トロントでテリー・ファンクを破って2度目のNWA世界王者になった試合や、83年の第1回スターゲートのケージマッチでリック・フレアーに王座を明け渡した有名な試合も入ってましたし、WCW時代にレックス・ルーガーやベイダーのマネージャーとして活躍する姿もきっちり抑えている。それ以外にもジョン・シーナやストーンコールドがハーリーへの追悼のコメントを寄せていましたね。 

https://www.youtube.com/watch?v=yb6yJvqwie8&feature=youtu.be

――
WWEにしか編集できない豪華映像!!

フミ
 ハーリー・レイスの輝かしいキャリアの話をすれば、彼は1943年生まれです。ということは戦中派ですよね。中学3年のときに先生を殴って退学処分を受けて家出をして。15歳でプロレスラーデビューしてるんです。

――
しかし、とんでもない経歴ですね(笑)。

フミ
 ここからも凄い経歴なんですが、20世紀のプロレスの夜明けを作った歴史の証人スタニスラウス・ズビスコの農場で働くようになったんです。

――
神話の出来事ですね、もう(笑)。

フミ
 そこでレスリングを学び、最初はデビューさせてもらえるかはわからなかったんですが、ハッピー・ハンフリーというプロレスラーの運転手として雇われたんです。

――
ハッピー・ハンフリーって名前しか聞いたことないです!

フミ
 ハッピー・ハンフリーは1960年代に一世を風靡した「人間空母」と言われた超巨漢プロレスラーです。一説には体重800ポンド、 400キロ近くあったと言われ、当時世界一体重が重い男としてギネスブックにも載っていたんです。全盛期には「オバケかぼちゃ」ヘイスタック・ カールホーンとの超巨漢対決が話題を呼んで。1960年代のレスラーは飛行機ではなく、広大なアメリカ大陸を車で移動してたんですが、 あの巨体ですからいまで言うところのバンに乗っていたんじゃないかと言われてますね。そのバンをハーリーが運転していたんです。

――
ハッピーハンの付き人を経てデビューしたんですね。

フミ はい。プロレスラーとしてデビューしたハーリー・レイスは、はじめはジョニー・ロングというリングネームを名乗っていました。ところがテキサスのアマリロの流れたときにドリー・ファンク・シニアから「ジョニーロングより本名のハーリー・レイスのほうがいいじゃないか」とアドバイスされて、そこからハーリー・レイスとしてリングに上がるようになりました。

この続きと、朝倉未来、堀口vs海、ハーリー・レイス、クレーン・ユウ、扇久保博正などの記事が540円(税込み)でまとめて読める「15万字・記事22本の詰め合わせセット」はコチラ 

https://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1805952

この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック! 
1記事95円で購入できます!

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
良いですね。素晴らしいレスラーだった。
1ヶ月前
×
僕が最後に見たのは、wcw で hit man vs クリス ベノワ でのリングサイドですよ❗
3週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。