• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

UFC初の中国人チャンピオン、ジャン・ウェイリー、米国のビザを取得できず、ほか
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

UFC初の中国人チャンピオン、ジャン・ウェイリー、米国のビザを取得できず、ほか

2019-10-11 20:59
    Omasuki Fightの北米MMA抄訳コラム「MMA Unleashed」――今回のテーマはUFC初の中国人チャンピオン、ジャン・ウェイリー、米国のビザを取得できず、ほかです!!


    【1記事から購入できるバックナンバー】



    9月1日のUFC深セン大会で、UFC初の中国人チャンピオン、ジャン・ウェイリーが誕生したことは、まだ記憶に新しい。UFCが中国市場を侵略するためにも、地元の英雄の存在は非常に重要な意味を持つはずだ。数年後に振り返ったときに、実はあの大会が歴史の転換点だったと思わせる出来事だった可能性もある。

    実は深セン大会でウェイリーの対戦相手としてもともと白羽の矢が立っていたのは、“カラテホッティ”ことミシェル・ウォーターソンだったのだという。しかしウォーターソン陣営が、地味強だったウェイリーを回避した模様だ。

    ウェイリーは最近、UFCのメディア対応の仕事のため米国に行こうとして、ビザ申請が却下されたことで話題を呼んだ。自らのInstagramでウェイリーが次のように訴えたのだ。

    「私の米国のビザがまた却下された。理由が分からない。別の種類のビザを申し込む方がいいの? 私が独身女性だから? それとも米国大使館の職員の機嫌が悪かったのか。これが解決しないと、私は米国の友だちやファンに会いに行けない」

    この続きと、冨宅飛駈、朝倉海、チャーリー柏木、スターダム買、WWEペイジなどの記事が550円(税込み)でまとめて読める「13万字・記事23本の詰め合わせセット」はコチラ 

    https://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1828791

    この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!1記事85円から購入できます!
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。