• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「死ねばよかったのに」……デスマッチ大論争大勃発!■アメプロインディ通信「フリーバーズ」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「死ねばよかったのに」……デスマッチ大論争大勃発!■アメプロインディ通信「フリーバーズ」

2019-09-16 11:55
  • 1
アメリカのインディプロレスの“現在”を伝える連載! アメリカインディープロレス専門通販「フリーバーズ」(https://store.shopping.yahoo.co.jp/freebirds)を営む中山貴博氏が知られざるエピソードを紹介していきます! 今回のテーマは「死ねばよかったのに」…デスマッチ大論争大勃発!です!


<1記事から買える関連記事>

・米デスマッチをこよなく愛す、155センチ世界最小デスマッチレスラー佐久田俊行

・デスマッチファイターはタトゥーアーティスト

・怪物フランケンシュタインのYoutube

・勝つか死ぬか……超マジメ人間のデスマッチ論

・決勝戦が途中で中止!? GCW血まみれの奇跡

・ツイッターを凍結させれられた人喰いプロレスラー

・狂犬ディーン・アンブローズと呼ばれた男、その過去


・WWEのトップヒール、ケビン・オーエンズ……あの頃、クラブハウスで



8588f249e190fbad7277483dd48a6a4c63d2a2f6
「今の人たちは、皆、総批評家だ。そして、そういう人たちの声はでかい。デスマッチを嫌いな人に、デスマッチは素晴らしいと伝えるのは、とても難しいよ」

 GCW日本大会で人気を博したGレイバーに悲劇が訪れたのは、アメリカへと帰国した翌日8月30日(現地時間)のことだった。

 その日シカゴの会場では、GCWとBLPの共催大会「2 Cups Stuffed 」を開催していた。9人が参加するハードコア戦の試合中、Gレイバーは、同じく日本大会に参加していたジミー・ロイドと脚立に登るスポットを展開していた。

 2台並べた脚立の上には蛍光灯の束が横たわっている。高さ3メートルはあろう脚立の上からGレイバーをブレーンバスターで下に落とそうとするロイドだったがバランスを崩し、Gレイバーの左肘が蛍光灯に当たり、本来とは違うタイミングで割れてしまった。そして、運悪く、蛍光灯の割れた切っ先が、Gレイバーの左腕に突き刺さった。

 そのままリングに落下したGレイバーの腕からは、おびただしい量の血液が流れ出し、尋常でない出血と痛みに身の危険を感じたGレイバーは、試合途中であったが、リングを降り、よろけるような足取りで、バックステージへ急いだ。つい数日前まで、日本で大歓声を浴び、嬉しそうに顔をほころばせていたGレイバーの姿はそこにはなく、悶え苦しむ表情を見せていた。

 すぐさまジョーイ・ジャネラの運転する車で病院へと搬送され、応急処置をしたものの、左上腕部の内側を深く切り、神経が切断され、腕を動かすことができず、感覚すらなかった。想像以上に深刻な怪我に落ち込むGレイバーであったが、さらに追い討ちをかけるような醜いツイートを目にしてしまった。


「ファンはあの馬鹿(Gレイバーのこと)が、出血多量で死ぬところを見たかったんだろう」


 この問題発言ツイートの主は、ジム・コルネット。
この続きと、朝倉海、ケンドー・カシン、ボクシング解放、狂気GCW、AEWベルト盗難などの記事が550円(税込み)でまとめて読める「13万字・記事23本の詰め合わせセット」はコチラ 

https://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1817475

この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!1記事85円から購入できます!
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
経緯をリアルタイムで見てました。Tシャツ注文しようとしたら直ぐに消されていたので、残念です。
ともかく、レイバーの容態が早く良くなるよう祈っています。
4ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。