• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

ランペイジ・ジャクソンとPRIDE愛憎劇、ついに完結へ……
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ランペイジ・ジャクソンとPRIDE愛憎劇、ついに完結へ……

2019-11-08 10:50
  • 1
この記事は「ヒョードルvsランペイジ」を語ったDropkickニコ生配信を編集したものです(語り:ジャン斉藤)




RIZINがバックアップする12月29日ベラトール日本大会のメインイベントとしてヒョードルvsランペイジが発表されました。

ベラトールのことを詳しくない方に説明すると、こういったレジェンド対決をメインに据えるのはベラトールの通常運転ではあるんですけど、ベラトールCEOのスコット・コーカーが素晴らしいのは「このカードは日本でやるから意味があるんだ」と。本当は1月のロサンゼルス大会でやるはずだったのをスタッフの反対を押し切って日本大会に持ってきたそうです。しかもベラトールはケージなのにリングでやるべきだと言っちゃうセンス。この2人は日本で育った、リングで生まれたレジェンドであるということがわかってるわけですね。実際にリングでやるかどうかは知らないですけど、その気持ちだけでなんだか嬉しくなるじゃないですか。

ただ、ヒョードルはともかくランペイジに深い思い入れを持っていない人はけっこう多いと思うんですよ。ヒョードルの相手ならジョシュ・バーネットのほうがいいんじゃないかとか。ボクはランペイジのPRIDE初参戦の頃から彼の試合を見ているし、何度かインタビューもしてるんですけど、ランペイジだからこそようやく「SARABAの宴」ができる……PRIDEとSARABAができると思ってるんですね。


どういうことか説明すると、そもそもランペイジは、ヴァンダレイ・シウバに敗れたばかりの桜庭和志の復帰戦の相手、つまり「倒されるべき相手」としてPRIDEに呼ばれたんです。
この続きと、カイvsウルカ、ケニー入国妨害事件、「真剣勝負」発言、山田恵一などの11月更新記事が550円(税込み)でまとめて読める「10万字・記事18本の詰め合わせセット」はコチラ 


この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!1記事85円から購入できます!

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
ランペイジは寅さんだったんですね笑笑
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。