• このエントリーをはてなブックマークに追加
レイザーラモンHG、裏レッスルマニアのLGBTQ(性的マイノリティ)イベントに電撃参戦!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

レイザーラモンHG、裏レッスルマニアのLGBTQ(性的マイノリティ)イベントに電撃参戦!

2020-01-01 00:00
  • 2
アメリカのインディプロレスの“現在”を伝える連載! アメリカインディープロレス専門通販「フリーバーズ」(https://store.shopping.yahoo.co.jp/freebirds)を営む中山貴博氏が知られざるエピソードを紹介していきます! 今回のテーマはレイザーラモンHG、裏レッスルマニアのLGBTQ(性的マイノリティ)イベントに電撃参戦!です!


<1記事から買える関連記事>

・「Bloodsport ブラッドスポート」を救った男は日本通

・アメリカンプロレス改編の余波も……内部告発に揺れるROH

・スマッシング・パンプキンズが古き良きNWAの世界を復活!!

・AEWを支えるヤングバックスのルーツ「プロ・レスリング・ゲリラ」

・デスマッチカメラマン “バーニング・ハンマー・フォトグラフィー”

・「死ねばよかったのに」……デスマッチ大論争大勃発!

・地獄の軍団GCW来日大作戦インサイドレポート



659cdb5b0b16341a3b0a8616193b2a46a1e823a9
昨年2019年に日本を騒がせたニュースに、吉本興業所属芸人らによる闇営業騒動があった。反社会的勢力の会合に芸人が参加し、金銭を受領していたことが発覚した事件だ。その渦中の一人でもあり、謹慎処分も受けていたレイザーラモンHGが、今年2020年4月にアメリカ・フロリダ州で開催される裏レッスルマニア(レッスルマニア・ウイーク)に参戦することが発表された。

その思いもよらぬ発表に、日本のプロレスファンたちは、皆、驚きの声を上げた。かつてハッスルで活躍したレイザーラモンHGを裏レッスルマニアの晴れ舞台に招待したのは、ゲイであることを公表している、Effy(エフィー)。GCWやFEST Wrestling等で活躍してきた、29歳の正真正銘のゲイレスラーだ。

そのエフィーが、フロリダ州タンパで4月4日の昼前11時から開催する興行「Big Gay Brunch ビッグ・ゲイ・ブランチ」に、レイザーラモンHGは参戦する。エフィーやHGのほか、LGBTQ(性的マイノリティ)のレスラーやドラァグクイーンの参加、ミュージックバンドのライブ演奏などが予定されている。昨年同様、40近い興行が予定されており、全世界から10万人近くのプロレスファンが集まる裏レッスルマニアの中でも、とりわけ異色かつ、メッセージ性の強いイベントとして注目されている。

LGBTQは、L=レズビアン(女性の同性愛者)、G=ゲイ(男性の同性愛者)、B=バイセクシャル(両性愛者)、T=トランスジェンダー(心と体の性が一致しない人)、そして、Q=クィア、もしくはクエスチョニングの頭文字をとった性的少数者を表した言葉である。クィア(Queer)とは、「不思議な」「風変わりな」「変わり者」などの意味で、LGBT以外の性的少数者全般を表す。クエスチョニング(Questioning)は、自身の性別や性的指向をはっきりと定義していない人々のことを指す言葉で、LGBTだけでは定義できない立場の人々を表している。

多様性への意識が高まる昨今は、プロレス界でもLGBTQであることを公言するレスラーも増えてきており、また、彼ら彼女らへの理解も、以前に比べ高まってきている。

この続きと、RIZIN大晦日、サイモン・ケリー、鈴木秀樹×阿部史典、新日本ドーム…などの1月更新記事が550円(税込み)でまとめて読める「12万字・記事23本の詰め合わせセット」はコチラ 


この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!1記事85円から購入できます!
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

クリス・ウルフ、Twitterの結婚報告でモロにお相手が女性だって画像出てたのに、日本語ではだれも言及してなくてもやもやしてました。

No.1 31ヶ月前

この記事を読んで、ふと「オーランド・ジョーダンは本物だったのかギミックだったのか」と思ったけど、そういう詮索そのものがタブーなのでしょう、きっと。

No.2 31ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。