• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

名門ハート一家の問題児テディ・ハートの転落
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

名門ハート一家の問題児テディ・ハートの転落

2021-04-21 18:00
    アメリカのインディプロレスの“現在”を伝える連載! アメリカインディープロレス専門通販「フリーバーズ」(https://store.shopping.yahoo.co.jp/freebirds)を営む中山貴博氏が知られざるエピソードを紹介していきます! 今回のテーマは名門ハート一家の問題児テディ・ハートの転落す!




    その事件は先日、アメリカ・フロリダ州タンパで行なわれていた“裏レッスルマニア”のインディー団体の試合会場で起きた。

    会場の外で、大男同士の怒声が飛ぶ。

    「お前が来るようなところじゃねぇんだ! わかったら出ていけ!!」

    「チケット持ってるんだぜ。入ったっていいじゃねぇか」

    「会場には入れさせねぇ! またぐなよ絶対に! このクソ野郎がっ!」

    4月9日(現地時間)、ICWノーホールズバードが開催していたケージマッチトーナメント「Pit Fighter X:Battle Of The Tough Guys」の試合途中、派手な格好をした男が会場に入ってきた。誰が見ても堅気には見えぬ独特の格好、マスクも着用せず、彼女同伴。我がもの顔で席に着席したのは、プロレス界きっての名門一家ハート・ファミリーの問題児、“切れたナイフ”ことテディ・ハートであった。

    ICWオーナーのダニー・デマントは、招かれざる客テディ・ハートの姿を見つけるや、すぐさま会場からの退去を命じる。会場から渋々と抜け出たテディ・ハートらに向かって、団体のエース、ジョン・ウェイン・マードックが、冒頭の言葉で罵ったため、険悪な雰囲気となる。マードックのかたわらには、腕っぷしに自信のある屈強なジャスティン・カイルが付き、もしものときに備えて臨戦態勢を取っている。

    さいわいにして最悪の事態は起こらなかったものの、一時は会場内外は凍りついたような空気で覆われた。テディ・ハートは、この前日にも、従兄弟のデイビー・ボーイ・スミス・ジュニアが参戦するGCWの「ブラッドスポート」大会を訪れており、その際もマスクなしで客席で観戦している姿がSNSで晒され、批判を受けていた。

    なぜ由緒あるハート・ファミリーの一員でもあり、プロレスラーとしての輝かしい実績もあるテディ・ハートが会場出入り禁止を言い渡されたのか。

    この続きと、RIZINバンタム級GP、AKIRA、佐藤光留、秋山準vs男色、女子格闘家の減量……などの4月更新記事が600円(税込み)でまとめて読める「13万字・記事21本の詰め合わせセット」はコチラ
    この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック! 1記事100円から購入できます!

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。