• このエントリーをはてなブックマークに追加
ヒーロープロレス■渡辺宏志のインディ小話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ヒーロープロレス■渡辺宏志のインディ小話

2022-01-13 17:00
  • 4
ee52ce85d4152d01ea23772ee5da9691cbbe8a2b
クラシックなファイトスタイルで己の道を突き進むHEAT-UP所属のプロレスラー、インタビュー第4弾。今回はヒーロープロレスについて!(聞き手/ジャン斉藤)



1記事から購入できる渡辺宏志のインディ回顧録シリーズ



――
渡辺さんはウルトラマンロビンさんのSGP(スペシャリスト・グローバル・プロレスリング)に長らく所属してましたよね。

渡辺 ボクがPWCから離れて、IWA格闘志塾さんのほうで試合を出させていただいてるときに、ロビン選手と一緒になる機会が多かったんですね。それで一緒にやっていくうちに「よかったらウチに所属してやらない?」と誘われまして。そこからロビン選手から今後の計画といいますか、こういうことを企画してやっていきたいんだって話をしていただいて。

――
ロビンさんはどんな計画を練っていったんですか?

渡辺 
いまとなってはもうホント大きく風呂敷を広げたもんだなっていう感想ですけど、「ウルトラマンロビン・ワールドツアー」っていう企画でした。

――
たしかに大風呂敷。

渡辺 
その第1弾、第2弾を名古屋と東京ですでにやってるんですよ。日本の外に出てやるのはいつだと思っていたら、1人でロサンゼルスのインディ団体で試合をしたりしてて。

――
単独ワールドツアーではありますね(笑)。

渡辺 
そこから先が続かなかったんですよね。協力するっつったって、「何すればいいの?」っていう感じでしたけど。他には関東進出の機会をどんどん増やしていって、認知度を高めていきたいっていうこととか。

――SGPはロビンさんの地元・名古屋で興行をやられてましたけど、どれくらいのペースで大会をやられてたんですか。

渡辺 
SGPの自主興行自体は、もう年に1回あるかないかで。

――
あ、そんなもんなんですか。

渡辺 
たとえば地元でのイベントに便乗して、そのイベント内のプロレスをSGPプレゼンツというかたちでやっていたり。マンモスフリーマーケットという、テレビ愛知さんが主催する大きなイベントが毎年ゴールデンウィークにあって。その中にSGPのブースを作っていただいて、2日間試合をする。だからフリーマーケットの入場者は皆さん無料でプロレスが見られるんです。で、完全に売り興行ですから、SGPが赤字を出すことはないって。

――
なるほど! よくできてますね。

渡辺 
SGPはだいたいゴールデンウィークどきの試合がほとんどで、ヘタすると年にそれ1回だったりしたんですけど。あるときは名古屋テレビさん主催のイベントや、大手の玩具メーカーが主催した大きなイベントに招致されたりだとか。

――
ウルトラマンロビンさんって円谷プロ公認だったじゃないですか。他のおもちゃメーカーとのコラボは問題なかったんですか。

渡辺 
そこは大丈夫だったみたいですね。ただ問題があったのが、マンモスフリーマーケットのときだったんですけど。円谷プロのゲストキャラクターとして、怪獣ブースカの着ぐるみを出したんです。でもブースカはその当時朝日新聞のCMに出てたもんですから、電通を通して朝日新聞からクレームが来ちゃったんですよ。

――
電通やら朝日新聞が出張ってくる展開に!

渡辺 
結局ロビン選手が朝日新聞と話し合って「朝日新聞のブースカですよ」を強調することを条件に収まって。だから当時のブースカの着ぐるみは朝日新聞のたすきを掛けてたんです。

――
ウルトラマンを名乗る許可を得たこともそうですけど、そこらへんを収めちゃうロビンさんはすごいですね。

渡辺 
そうですね。ただ、ウルトラマンを名乗るっていうのは、これはもう亡くなられたその当時の社長だった円谷皐さんとの口約束みたいなもので。社長の意向だからっていうことで公認が通っていたと。

――
ロビンさんがラジオ番組にアテンドする仕事をしていたときに、円谷皐さんを呼んだんですけど。そこで「ウルトラマンになりたいんです」ってお願いしたら実現したと。そのとき一緒にいた社長お付きのマネージャーが「こんなこと絶対にありえないことです!」と念を押されたとか。そりゃそうですよね(笑)。

渡辺 
それでも初の公認を取ったわけですから、そこはすごいなと。メキシコから新日本に来日したウルトラマンは完全に無許可でしたから。

――初代タイガーマスクと戦ったウルトラマンですよね。

渡辺 あの初来日のときに、ウルトラマンの着ぐるみがエスコートするようなかたちで入場するシーンがテレビでも映されて。当時のウルトラマンを放送していたTBSからもクレームが来て、しばらくウルトラマン来日できなかったっていう裏話がありましたけど。メキシコじゃ普通にウルトラマンも活躍してれば、ウルトラマンタロウも出てきましたからね(笑)。

――
国境を越えれば関係のない時代ですね(笑)。

渡辺 
全日本プロレスで高杉正彦さんがやっていたウルトラセブンは公認ではないんですけど、許可は得たかたちだったんですよ。だから日テレの中継にも堂々と出てましたし。でも公認っていうかたちはロビン選手が初めてだったと。

――円谷の体制が変わったあとに使用料が設定されることになったけど、とても払える金額じゃないから認可が取り消されて。

渡辺 
ウルトラマンロビンのキャラクターは引き続き使い続けてもいいけど、いままでのようなウルトラマンの怪獣キャラクターを使うのは許可とお金がかかるよっていう。<会員ページへ続く> 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になれば入会月以降の記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
Dropkick
更新頻度: ほぼ毎日
最終更新日:2022-01-26 03:21
チャンネル月額: ¥550 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

コメント コメントを書く

毎回とても面白いです

No.1 2週間前

渡辺選手は業界通(驚)プロレスライターもできそう。佐山さんの話とか、ここだけの話を必ずいれてくるのも凄い。

No.2 2週間前

何故こんなに色々なことを知ってるんだろう笑
田村のタイガーマスク話あったなあ!

No.3 2週間前

毎回面白い
渡辺宏志レギュラー化して欲しいです

No.4 1週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。