• このエントリーをはてなブックマークに追加
ジェイ・ブリスコよ、安らかに眠れ…追悼番組を巡るAEWの献身と戦い
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ジェイ・ブリスコよ、安らかに眠れ…追悼番組を巡るAEWの献身と戦い

2023-02-06 11:11
  • 2
アメリカのインディプロレスの“現在”を伝える連載! アメリカインディープロレス専門通販「フリーバーズ」(https://store.shopping.yahoo.co.jp/freebirds)を営む中山貴博氏が知られざるエピソードを紹介していきます! 今回のテーマはジェイ・ブリスコよ、安らかに眠れです!



<1記事から買えるバックナンバー>

WWE女子王者解雇の理由は危険すぎるホームページ


アメリカ・デラウェア州の南部サセックス郡を東西に走る州道24号線の真ん中あたり、ローレル町からミッション集落を結ぶ区間は、ローレル・ロードと名づけられ、のんびりとした田園地帯を通る、見通しの良い直線が続く片側一車線の道路である。

この長閑な田舎道で、忌まわしい悲劇的な事故が起きたのは、1月17日火曜日の夕方5時を回り、ちょうど日が暮れ、あたりが暗くなってきた頃だった。

27歳の女性が運転するシボレー社のピックアップトラックが、この道路を西方面へ向かっていたのと同じ頃、12歳と9歳の幼い娘を乗せた38歳の父親が運転するシボレー社のピックアップトラックが、反対車線を一路東へと向かっていた。

2台のピックアップトラックは、ローレル町とミッション集落のちょうど中間地点ですれ違うはずだった。しかし、女性の運転していたトラックが、突如センターラインを割り、反対車線へと入ってきてしまう。突然のことで避けきれなかった2台は正面衝突してしまったのだった。

警察が駆けつけたとき、運転手2人はすでに息がなかった。男性の運転していた車に乗っていた12歳と9歳の女の子は、幸い命はとりとめたものの、大きな怪我を負っていたため、すぐさま病院へと搬送された。即死した女性はシートベルトを締めていたが、男性はベルトを締めていなかった。

事故からおよそ3時間後、AEW/ROH社長のトニー・カーンの投稿したツイートによって、その悲劇は世界中に伝えられることになる。

正面衝突事故で亡くなった男性は、現ROH世界タッグ王者ブリスコ・ブラザーズの兄、ジェイ・ブリスコだった。
この続きと佐藤大輔、猪木側近、堀江圭功、梅野源治、清宮「顔面蹴り」……などの2月更新記事が600円(税込み)でまとめて読める「13万字・記事14本」の詰め合わせセット」はコチラ


この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!1記事150円から購入できます!
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

単純に近い人でも遠い人でも
好きな人には長く生きて欲しいなって、思いました。

No.1 15ヶ月前

どうか安らかに。
GHCタッグ戦は忘れないよ

No.2 15ヶ月前
コメントを書く
コメントをするにはログインして下さい。