• このエントリーをはてなブックマークに追加
WWE女子王者解雇の理由は危険すぎるホームページ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

WWE女子王者解雇の理由は危険すぎるホームページ

2023-01-16 19:02
  • 1
アメリカのインディプロレスの“現在”を伝える連載! アメリカインディープロレス専門通販「フリーバーズ」(https://store.shopping.yahoo.co.jp/freebirds)を営む中山貴博氏が知られざるエピソードを紹介していきます! 今回のテーマはWWE女子王者解雇の理由は危険すぎるホームページです!







「彼女を解雇したのは、HHHの失策だ」

大のWWEファンとして知られる俳優のフレディ・プリンゼ・ジュニアは、こう言ってHHH体制のWWEを批判した。フレディが言う彼女とは先月、NXT女子王者を陥落した翌日に突然WWEから契約解除を宣告されたマンディ・ローズのことである。

2021年10月からNXT女子王者として413日間君臨していたローズは、昨年9月には里村明衣子の持つNXT UK女子王座を奪い両女子王座を統一。また、トキシック・アトラクションのリーダーとして、NXT女子部門の中心選手として活躍してきた選手だった。

しかし、事態が急変。年明け1月10日の特別大会「ニュー・イヤーズ・イービル」の大舞台で予定されていたタイトル戦が突然、昨年12月13日のNXT通常放送回で組まれる。そして、ストーリーが書き換えられ、ローズはロクサーヌ・ペレスに敗れ、歴代3位となる413日の長期政権から陥落。その翌朝WWEから解雇されてしまう。

突然の解雇後、ローズはホームページにこう投稿する。

「みんな、たくさんのメッセージありがとう。あなたたちからの愛とサポートに感謝の気持ちでいっぱいです。そして、心配しないで。この“ホームページ”はこれからも更新するわ」

解雇の原因とされ、問題となったのは、その“ホームページ”であったのだ。
この続きと大晦日RIZIN、PRIDE、斎藤裕、タノムサク鳥羽、臼田勝美……などの1月更新記事が600円(税込み)でまとめて読める「13万字・記事14本」の詰め合わせセット」はコチラ

https://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar2137352

この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!1記事150円から購入できます!
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

マンディ・ローズ

No.1 13ヶ月前
コメントを書く
コメントをするにはログインして下さい。