• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

映画のサンプリングについて研究する:その9「なぜ映画のサンプリングは『パクり』と非難されないのか?」(1,964字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

映画のサンプリングについて研究する:その9「なぜ映画のサンプリングは『パクり』と非難されないのか?」(1,964字)

2020-02-06 06:00
    「デジャ・ビュー」という現象がある。初めて見る景色なのに、以前に見たことがあるように思ってしまう感覚のことだ。あるいは、夢で見たことがあるような感覚のときもある。日本語だと「既視感」という。

    このデジャ・ビューという現象は、いまだにどうして起こるのか、よく分かっていない。脳の中で起こっているのだが、その仕組みがよく分かっていないのだ。人間の脳は、これだけ科学が発達した世の中でも、依然として分からないことが多い。

    そして「映画」は、この「デジャ・ビュー」とよく似ている。
    まず、我々はいまだに「映画とは何か」がよく分かっていない。文化的な側面からは説明できても、なぜ脳がそれを魅力的に感じるかは説明が難しいのだ。

    また、すぐれた映画というのは、デジャ・ビューに似ている。なぜか、以前に見たことがあるような気がするのだ。あるいは、夢で見たことがあるような気もする。つまり、既視感を覚えさせるのである。
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。