• このエントリーをはてなブックマークに追加
「手を差し伸べてしまった」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「手を差し伸べてしまった」

2022-01-17 07:00
  • 2

 通学路で娘が転んだ。

 駆けだした途端に足が縺れて転んだ。すぐにわっと泣き出した。自分でもびっくりしたのだろう。五メートル後方を歩いていた僕自身も驚いた。咄嗟に駆け寄ろうとしていた。だけどすぐに踏みとどまった。娘は反射的に両手をついていた。膝小僧を擦り剥いたくらいだろう。ひとりで立ち上がれるかどうか見守るべきだ。そう思った。だが、娘は泣き続けたまま立ち上がろうとしない。

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

おはようございます。

転んだ子どものもとに思わず駆け寄るお父さん。
愛ある風景ですね。ほっとします。

「無条件に自分を助けてくれる確かな存在がある」という実感が持てている人は、逆境でも、自分の力で立ち上がれると思います。
最近の陰惨な事件のニュースを見るたびに、特にそう感じます。

つむぎさんはきっと、小原さんが近くにいらっしゃらない時は、泣きながらでも自分の力で立ち上がって、保育所とおうちのどちらが近いか考えて、歩き出せるのではないでしょうか。このブログをこれまで読ませていただいてきて、私はそう思いました。

朝から、あたたかい気持ちになれました。ありがとうございました。

No.1 4ヶ月前
userPhoto 小原信治(著者)

>>1
ありがとうございます!そう言って頂けると救われます。

No.2 3ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。