• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

告知、4月6日夜8時ニコニコ孫崎チャネル、ジャーナリスト等2014年3月に秘密保護法の違憲確認を求め提訴。原告2名の話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

告知、4月6日夜8時ニコニコ孫崎チャネル、ジャーナリスト等2014年3月に秘密保護法の違憲確認を求め提訴。原告2名の話

2016-04-04 14:31
  • 1
4月6日(水)夜8時から、ニコニコ孫崎享チャネル生放映

ジャーナリスト、写真家、映画監督などフリーランス43名が、2014年3月に秘密保護法の違憲確認を求めて提訴した。4月26日、東京高裁で控訴審判決が出るのを前に、原告の寺澤有、林克明(ともにジャーナリスト)とあらためて秘密保護法について語る。
 
 元CIA職員のエドワード・スノーデン氏が記者らに接触し、内部告発を敢行して、ロシアへ亡命するまでを描いたドキュメンタリー映画『シチズンフォー』を、先日、マスコミ試写で鑑賞しました。記者らが秘密漏洩で逮捕されるのではないかと、ずっと恐怖心を抱きながら、取材、報道していたのが印象的でした。鑑賞後、日本もまったく同じ状況に陥ってしまったと、暗たんたる気持ちにさせられました。
 秘密保護法違憲訴訟が東京地方裁判所で審理されていたとき、私は原告本人尋問で証言台に立ちました。そこで、私は、秘密保護法が成立、施
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
国家秘密と言論の自由制限、極めて重い問題である。国家秘密>言論の自由がまかり通ると、線引きが極めて難しくなる。理性的判断が引っ込んでしまう傾向は否定できず、体制国家の道を突き進むことになってしまう。国家秘密<言論の自由になると、二極化した国際情勢の中で、丸裸状態といえる。国家の安全が不安定化することは、避けられない。冷静に考えれば、考えるほど、難しい問題を孕んでいる。どのように解きほぐすか、興味深い.是非、拝聴する予定です。
59ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。