• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

竹島、2008年ブッシュ大統領は韓国の要請でリアンクール島(竹島、韓国名独島)問題を検討するよう指示。それをうけ米国地名委員会はリアンクール島を韓国とし、その状況は今日まで継続。だがこの事実は日本の人はほとんど知らない。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

竹島、2008年ブッシュ大統領は韓国の要請でリアンクール島(竹島、韓国名独島)問題を検討するよう指示。それをうけ米国地名委員会はリアンクール島を韓国とし、その状況は今日まで継続。だがこの事実は日本の人はほとんど知らない。

2018-02-26 08:00
  • 10

米国に地名委員会(United States Board on Geographic Names)がある。地名委員会は1890年大統領令及び1947年法律により設置されている。外国を含め、地名に関する政策を扱う。竹島は日本名竹島、韓国名独島(Dokdo)、米国では、リアンクール島(Liancourt rocks)と呼ばれている。後者は1849年仏捕鯨船がこの島を発見しリアンクール島と命名し、その呼称が国際的に使用され、米国での公式名称である。この「Liancourt rocks」を地名委員会(BGN)GNS Searchで検索してみると所属国(Country Code)を大韓民国(South Korea)と表記している。「Take-shimaをクリックした場合にも所属国(Country Code)を大韓民国(South Korea)と表記している。

 多くの日本人にとっては驚きの

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
孫崎さんは、何故、この問題に拘泥されるのだろうか。日本人としては、気分が良いものではない。

1.米国は、北方領土、竹島、尖閣諸島が領土問題で係争関係にあることが好ましいと考えており、米国政府が一方に加担する立場をとることはないと認識すべきでしょう。

2.米国地理委員会は、日本の国土地理院に相当するものでしょう。地理委員会のデータベースでは「当該地域の主権に関する米国政府の立場を明示するものではない。米国政府が作成する文書に使用する地名を統一調整しているものに過ぎない」としている。
3.地理委員会の見解が出てすぐ、米国政府の立場として、アジア上級部長が、領土の帰属については、日韓両国の外交交渉によって決められるべきものであり、米国はどちらにも与しないといっている。

講和条約前に、韓国の問い合わせに回答されたラスク書簡は、実効支配を述べたものであり、領土帰属問題は、現在も未決定であるとみなすべきであり、孫崎さんの繰り返しのご投稿意図が図りかねる。領土問題の帰属に関し、日本に帰属しないなどということは絶対に考えられない。もし、米国が態度を明確にしたら、関係国を含め大きな国際問題になるし、日本における米国への信頼は一気に下落するでしょう。孫崎さんは、両刃の剣であることを承知されているのでしょうか。
33ヶ月前
×
>>2
たいていの日本人は何も知らず、政府の言うことを鵜呑みにしてるのだから
そのままにしておけばよい。

正しいモノの道理など教えるな。

そう読めますね。

>日本人としては、気分が良いものではない。

あなたは自分だけが日本人だ、とでも。

孫崎さんの主張に「気分を悪くし」ないやつなどは
日本人ではない、とでも。

いやあ、典型的な右翼の発想だ。
33ヶ月前
userPhoto
p_f
×
「米国は『完全に正確ではない情報』にもとづいて、単独で判断することを好む」(プーチン)、つまり問答無用のゴリ押し国家が本性ながら、あくまでルールに則った正当な振る舞いであると装うことにやたら拘る。
かつて、受付ロビーの壁一面が1000を超える取得パテントで埋め尽くされている新興米国企業のインタビュー記事を読んだが、社長曰く、実際に商品開発に結び付くのはせいぜい3件くらい。残りは全て訴訟対策用だと。
理論武装が奏功するお国柄、外国からすれば米国は外交努力の余地も残されている相手でないか。ここでは「理性より感性を重んずるのが日本人の特性」などと言ってる場合でない。

> 町村官房長官は重大な過ちを犯した。それは歴史的過ちと言える。

そういうことである。昨夜ご出演の番組絡みのtwitterでも山谷某議員の無知?とぼけ?ぶりが窺えたが、彼らのダメさ加減は上記「日本人の特性」故でない。「上に行けば行くほどバカが出てくる」日本の典型例に過ぎない。
33ヶ月前
×
吾等=
米国
中華民国
イギリス
ソ連
オーストラリア
カナダ
フランス
オランダ
ニュージーランド
33ヶ月前
×
 孫崎さんの言うとおり無条件降伏である以上、全てリセットで、連合国の決定に従わざるを得ない。それがいやだったら、亡国的戦争続行しかなかった。米国地理委員会はプロセスであって、問題の本質は無条件降服にある。この歴史的決定に今更、とやかく言うとは、「日本人―皇国史観」も、随分、未練がましい、往生際の悪いものだ。
33ヶ月前
×
孫崎先生ご提供のブッシュ大統領の決定と自民党保守本流の反応から判断されることは明らかに日本の保守が竹島は諦めているということですよ。

しからば、何故、日本の一部の人間が不満なのか?又、この孫崎先生のこの手の文脈に接するだけでも不快だと言うのは何故か?そして、いつまでもその手の不満が温存されるのか?

私は思うんです。竹島は北方領土や拉致問題(これはやや例外的要素を含んでいる。国交を行えば解決する面もある)や、尖閣を理性で解決出来ない背景と同じものを孕んでいると。

それは、端的に言えば、明治維新以降、しっかり日本民族の脳みそに植え付けられた中国人、朝鮮人、ロシア人蔑視だということです。

じゃ、その対策は如何?簡単なことです。福沢諭吉の脱亜思想を根本的に解体することです。
33ヶ月前
×
ポツダム宣言もサンフランシスコ講和条約も韓国は(北朝鮮も)もちろん当事国ではなく、その意味で、日韓関係は(日朝関係も)これらの条約に法理論的には規定されません。
もちろん米国の意向がどうであるかは、大きな枠組みとして重要で、実質的には日韓ともその枠組みには規定されるので、その点から孫崎さんの考察は価値がありますが、>>2でchangeさんがご指摘のように(2,3,ラスク書簡)反論されて終わりです。

また、仮にポツダム宣言で竹島が日本領土でないとしても、それは「日本領土でない」というだけで、ただちに韓国領土であることを意味するものでもありません。これについては「南沙諸島」(中国が勝手に軍事基地をつくって問題になっているあの南沙諸島です)について調べれば推認できることです。

そのうえでさらにいうなら、ポツダム宣言は対日停戦条件を示したものであり、最終的にはサンフランシスコ講話条約で日本の領土は決定されていますが(後法は先法を破る)、そこでは「済州島、巨文島、、鬱陵島の放棄」についてはいわれていますが、「竹島の放棄」についてはいわれていません(ここにラスク書簡や李承晩ラインがかかわり、日本漁民が韓国に殺戮されたり強制連行されたりしています。なんの補償も謝罪も今までありません)。

(そういえば、孫崎さんは、竹島領有権問題について、ポツダム宣言をもちだすばかりで、サンフランシスコ講話条約をもちだしませんね。なぜなんでしょう 笑)。

ソ連(ロシア)と中国はサンフランシスコ講話条約に参加していませんが、日中平和友好条約の交渉過程でも最終的な条約でも竹島がどこに帰属するかについて中国は問題にしていませんし、ロシアが現在問題にしているわけでもありません。

ひとことでまとめれば、戦後処理だけみても、韓国に有利な条件は何もありません。そして日韓間には竹島密約があるとされていますが、そうとう韓国に有利なその密約すら、韓国側から勝手に破っているのが現状ですね。

日本共産党はさすがにまともな左翼の源流をくむだけあって、「こうした経過から日本共産党は、竹島の日本の領有権の主張には歴史的にも国際法的にも明確な根拠があると考えています。」と述べています。(ただしそこから先に独自な主張がある)。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-09-11/2012091105_01_1.html

こういった理路がわからない劣化サヨクが、高齢になって抑制が効かなくなって、劣情をギラギラさせながら、竹島を「韓国に与えろー韓国に与えろー」と迫ってくるさまは、恐ろしくもあり、おかしくもあり、といったところですね。
33ヶ月前
×
孫崎さんはよく外国人の日本人論を話題に出しますが、日本人による日本人論というか、日本人による日本とはこういうものだと規定したもののなかで、非常に古く、今でもひとつの規範として成り立っているのは、聖徳太子が煬帝におくったという手紙じゃないですかね。

それはひとことでいえば、「日本は中国(あるいは大陸)ではない」ということです。

もちろん、その時点でそういうことをわざわざ言わねばならないほど、影響も受けていたし、マネもしていたし、ときには戦争もしていた。つまり交流はあったわけですが、しかし、「日本は中国(あるいは大陸)ではない」。

そして実際にその後交流をほとんど断った時期もありますが、日本は別に不幸にはなっていない。一方、「大陸は日本である」とやってしまった時代は結果として不幸でした。

日本はいまこそ「日本は中国(あるいは大陸)ではない」ことを再確認すべきですね。
33ヶ月前
×
>>2
こんにちは

>>孫崎さんの繰り返しのご投稿意図

日韓どちらが正しいか決めたいというよりも、これは一種のたたかい、大げさに言えば戦争で、
孫崎さんが韓国側の味方をしているということだとおもいます。
これは別に不思議なことではなく、自民党にもホンネでそういう人はたくさんいます。
ただ、孫崎さんは信念からでしょうが、自民党の人たちはだいたいカネかオンナで弱みを
握られてるのだとおもってます(証拠は何もありませんが)。
33ヶ月前
×
>>10
コメントありがとうございます。あなたの見方が的を得ているのでしょう。
私は、イスラエルとパレスチナの狭い領土を争っている姿は、生きていくためには領土が極めて大切なもの、「命」そのものに等しいことを教えていると考えています。また、私たちは、大国でありながら、大地を大切にする、大地に生きる中国の姿勢を見習うべきなのでしょう。
33ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。