• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

北方領土に対する私の案。1956年の日ソ共同宣言に基づき平和条約を締結する。その際 ロシアは共同宣言に基づき、歯舞色丹を日本に引き渡す。国後・択捉については「サンフランシスコ講和条約、および国連憲章等を基礎に解決する」と合意する。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

北方領土に対する私の案。1956年の日ソ共同宣言に基づき平和条約を締結する。その際 ロシアは共同宣言に基づき、歯舞色丹を日本に引き渡す。国後・択捉については「サンフランシスコ講和条約、および国連憲章等を基礎に解決する」と合意する。

2019-12-15 07:42
  • 18

北方領土に対する私の案。1956年の日ソ共同宣言に基づき平和条約を締結する。その際ロシアは共同宣言に基づき、歯舞色丹を日本に引き渡す。国後・択捉については「サンフランシスコ講和条約、および国連憲章等を基礎に解決する」と合意する。

1:参考:日ソ共同宣言9 日本国及びソヴィエト社会主義共和国連邦は、両国間に正常な外交関係が回復された後、平和条約の締結に関する交渉を継続することに同意する。

ソヴィエト社会主義共和国連邦は、日本国の要望にこたえかつ日本国の利益を考慮して、歯舞群島及び色丹島を日本国に引き渡すことに同意する。ただし、これらの諸島は、日本国とソヴィエト社会主義共和国連邦との間の平和条約が締結された後に現実に引き渡されるものとする。

2:関連記事

東京新聞「北方領土「2島引き渡し」も困難 安倍政権、日ロ長門会談から3年」

安倍政権内で14日までに、北方領土交渉の落としどころとして検討

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他8件のコメントを表示
×
孫崎さんは北方領土についてこのブログでも何度も書いてきたが、いま検索してみると、ほかで発表したこの文章が短くまとまった形で孫崎さんの従来の主張を伝えているとおもう。
https://biz-journal.jp/2018/11/post_25682.html

従来の主張を前提に今回の記事を読むと、少し「あれ?」とおもうところがある。今回の「国後・択捉については「サンフランシスコ講和条約、および国連憲章等を基礎に解決する」と合意する」というところは、従来の主張であれば、孫崎さんは、「サンフランシスコ講和条約で日本は国後・択捉を放棄している」と主張していた。それに対してわたしは、ロシア(ソ連)はサンフランシスコ講和条約の当事国ではないので、ロシアに対しては必ずしも日本はサンフランシスコ講和条約にしばられない旨主張してきた(なお、孫崎さんは日ソ共同宣言が日ソ間の実質的平和条約であると主張しており、そこに国後・択捉の帰属についての規定はない)。

ここで、今回「国後・択捉については「サンフランシスコ講和条約、および国連憲章等を基礎に解決する」と合意する」と孫崎案はなっていても、孫崎私見では「サンフランシスコ講和条約で日本は国後・択捉を放棄している」のだから、結局「日本は国後・択捉を放棄」することになるのだとすれば、孫崎さんの主張は以前と同じである。

一方、「国後・択捉については「サンフランシスコ講和条約、および国連憲章等を基礎に解決する」と合意する」結果、国後・択捉について日本はさらにロシアと交渉の余地があるのだとすれば、孫崎さんは従来とは説を変えたことになる。

孫崎さんの説明が待たれるところである。

なお、細かい文言はともかく、大筋では、二島返還論というのは、すくなくとも今年(2019年)のはじめには、日本政府(安倍首相)の案でもあった。その点を理解していないコメントもみられるようにおもう。
4週間前
×
ところでいま、いささか唐突に孫崎さんから北方領土問題が出てくるのはなぜだろうか。
直截的には12月17日から茂木外相がロシアを訪問することがある。そこで平和条約締結問題も議題にあがることになっている。

しかしその背景には、「北極圏油田で三菱商事などに出資打診 ロシア資源大手」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53194740Q9A211C1EA1000/
という事情があるとわたしは想像している。

つまり、北方領土問題については、ラブロフが本年(2019年)5月に「北方領土は戦争の結果ロシアのものになった」旨発言し、日本側の世論は完全に冷え切った。このままでは日本側から現在締結している以上の投資はあやうい。しかしカネが欲しいロシア側としては、油田を投資の誘い水にしており、そこに北方領土をまた絡めてくるのだろうとおもわれる。

今回の記事中にもある共同の配信は、それに対する日本政府側の「手の込んだ返事」、つまりロシアのその手には乗りませんよという意思表示だと想像している(というか、日本政府はそのくらいであってほしいという願望も正直ある)。

ロシア側としては、このたび華為など中国の投資を受け入れることにしたことも関連あるであろう。ソ連史からロシアの現代史をたどってみればわかるが、ロシア流の保険というかバランス感覚というか、こういうことをかれらはやるのだ。その一方で、中国には、「日本にカネを出させてパイプラインを中国までひいた時点でサハリン2のようにうまいことやりますよ」くらいは平気で言っていることと考える。

なんにせよ、レイムダック化しつつある安倍内閣、いままで精いっぱい北方領土でがんばった安倍内閣が、これ以上北方領土をやることはない。北海道も、いまは中国のサイレント・インベイジョンやそれと結びついたアイヌ利権の問題があり、その意味でも時期が悪い。
中露協力は、互いの国民性の違いから、まずうまくいかない。まして中国はドイツと一体なのだ。今後数十年のうちには、かならず日本のチャンスはあるとおもう。
4週間前
×
>>10
数十年?長い。一寸先は闇なのに。

中露協力は上手く行かない。中国はドイツと一体。この二つの勝手な断定で何を引き出したいのか不明。

日本のチャンスとは一体何なの?

相変わらず、話のポイントが無い人だ。
4週間前
×
一寸先が闇なのは老人の人生。
4週間前
×
>>11
わたしも思いました。

日本のチャンスって一体なんのチャンス?って。

北方四島を取り返すチャンス?
その話題なのだからきっとそうなのだろうと思い
ましたがどうも違う気もする。
だって中国だのドイツだのが出てくるわけですから。

きっと書いてる本人もわかってないのでしょう。

数十年後には日露のGDPが逆転すると予想する
シンクタンクもあるのですが「小学生」の夢を
壊さない方がいいかもしれません。
4週間前
×
ドイツと「中国」が一体とはとても思えませんが
イギリスの抜けたEUは一気に中国に接近するかも
しれないとは思いますね。

国際関係は国民性の違いなんかでは決まらない。
ひたすら利害の一致、損得で決まりますから。
4週間前
×
米国の仲間はファイブアイズと日本だけになるでしょう。
勝手にこしらえた自国の法で世界を裁くようなデタラメな
国が衰退するのは良いことです。
4週間前
×
疑問があれば、「どういう意味ですか」と丁寧に聞けばいいだけなのに。小学校で教わるのに。
まず否定からはいり、罵り、蔑み、つきまとう、かわいそうな、老人たち。
4週間前
×
>>16
お気持ちよくわかります。意見が違えば、違う点を指摘し、ご自分の考えを言えばいいのですが、文章を理解してまともに議論を挑まず、単語で絡んだり、蔑みの言葉を言って、留飲を下げようとする。小学生を馬鹿にして言っているが、本人が小学生未満ということわかっていないのです。社会からはみ出るとこうなってくるという見本とも言えます。
4週間前
×
>>17
コメントありがとうございます。
4週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。