• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

案内:アメリカに潰された政治家たち (河出文庫) 文庫化¥913、発売開始:第1章 岸信介と安保闘争の真相、第2章 田中角栄と小沢一郎はなぜ葬られたのか。増補:小沢潰し、鳩山潰し)、増補:隷属者が隷属せざる者を排除する、陰謀論なのか、潰される政治家は今後も必ず出る
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

案内:アメリカに潰された政治家たち (河出文庫) 文庫化¥913、発売開始:第1章 岸信介と安保闘争の真相、第2章 田中角栄と小沢一郎はなぜ葬られたのか。増補:小沢潰し、鳩山潰し)、増補:隷属者が隷属せざる者を排除する、陰謀論なのか、潰される政治家は今後も必ず出る

2021-05-08 17:00
  • 9

日本の戦後対米史は、追従の外交・政治史である。なぜ、ここに描かれた政治家はアメリカによって消されたのか。沖縄と中国問題から、官僚、検察、マスコミも含めて考える。岸信介、田中角栄、小沢一郎…
目 次
 文庫版のためのまえがきーー隷属者が隷属せざる者を排除する
 陰謀論なのか/アメリカに潰された海外の政治家たち/隷属体質国ニッポン
 序章 官邸デモの本当の敵
「日本国総理大臣」は誰が決めるのか/官邸デモが突きつける「野田政権打倒」
 1960年安保闘争との違い/原発依存も1960年に始まった
 第1章 岸信介と安保闘争の真相
 1. 安保闘争神話の大ウソ
 「岸信介=対米追随」の誤り/ 「アメリカは自分の力を借りに来る」
 安保という不平等条約/岸信介CIA工作員説の真相/対米追随の基礎を作った吉田茂
 安保闘争を工作したのは誰か/岸政権打倒のシナリオ
 2. 岸信介とCIAの暗闘
 CIAは岸を警戒していた/ 「中

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

userPhoto
p_f
×
孫崎さんの言を借りれば、こうした御著書も日本の8、9割の国民は冷ややかに見るのか。死んだ魚のような目で見るのだろう。1、2割側が自分のまともな感性を実感できる書だ。
1ヶ月前
×
大前研一のニュース時評(2021.1.24)

日本人がスパイ容疑でとらえられた場合、なぜとらえたのかと中国当局に問いたださなければならない。国民に対する義務でもある。ところが放置しておいて、新聞報道によるとなどと当事者意識が全く欠落している。

「チャイナスクール」といって中国語を研修言語とした「親中派」は最終目標が、中国大使であり、中国に対して当然問いたださなければならないこともといただせない。米国の同盟国日本の外務省が分割されていることは日本が分割されることにつながる。当然正していこうとする動きが出てくる。
1ヶ月前
×
米国が日本の内政干渉を行うこと事体を日本の右翼は「良し」としています。その右翼が自民党をほぼ乗っ取った状態に今在ると私は観測してます。早晩、「鬼畜中国」が日本のスローガンになるでしょう。日本のメデイア・メインストリームは殆ど全部米国勢に手なづけられ、その宣伝効果絶大となっておるのですから、その可能性は絶大と言えましょう。

例えば、コロナは治療体制を整えるだけで死者数を限りなくゼロに近づけることが出来るのに敢えて医療崩壊を招く事態を受け入れ、米国製ワクチン全体主義に突入しています。新聞・テレビの責任は重大です。

今はまだそこまでは達してませんが、今にも朝日新聞が先頭に立って、「鬼畜中国」を前面に押し出して来る臭いを私はぷんぷん嗅ぎ取ってます。特にコロナを中国が完全に克服しているのが朝日を始めとして日本の大勢を占める中国嫌いには癪に障ることなんです。その反動が私は恐い。

日本の大衆が立ち上がれば、もう戦争です。狂犬を狂犬に噛みつかせる、はアングロサクソンの常套手段ですから。勿論、台湾のトップもそのように日本の右翼を工作し、期待しているのです。

この流れにどうやって歯止めをかけるか?それがなかなかの難題です。


1ヶ月前
×
>>2
大前研一を読んでるのですか。やはり、彼は売文家ですから、嫌中族には気持ちいい文章を書くのでしょうね。

孫崎先生が米国の対日干渉をなされば、CHANGE先生は中国の悪口で応酬する。論題すり替えは安倍氏の国会答弁。安倍氏を真似しているのかな。或いは大物気取りから来るしゃれかな。

今日は日本の主権をどう維持するかです。CHANGE先生には日本の主権なんかどうでも良いという亡国論者ですか。愛国心は無いのですか?
1ヶ月前
×
>>4
日本の保守派は米国に骨抜きにされてますから何をて言っても無駄
です。
愛国心はないのですかって、米国を愛するのが彼らの愛国心です。
1ヶ月前
×
米国に反抗すればすなわち愛国心がある(十分条件)と考えるような考えは根本的にまちがっているとおもう。

とくに、日本史上、もっとも高度成長した時代に、米国の「恩恵」にどっぷりつかり、「イマジン」を反戦の歌だなどと勘違いしながらすごしてきたヒトビトが、日本史上もっとも恵まれた高齢者世代として言う米国にさからうことばなど、わたしは一切信用していない。ほれほれ、カラダはうそをついてないぞ、というやつだ 笑

日本は徹底的に敗戦した。その後日本を統治しているのは米国だが、ロシアも南北朝鮮も中共も台湾も、それぞれがそれぞれの方法で、一方ではそれぞれがリゾーム状につながりながら、米国による日本支配のおこぼれにあずかろうとしてきたのが、日本の戦後史だ。そのそれぞれの国に向けて、「友好的な」政治家がいる。そして今の政権与党のなかで最大派閥なのは、親中派だ。

そのなかで、アメリカにNOということの価値をどの程度に定位するというのだろう。あの石原慎太郎ですら、「NO」と言える日本 という本を書いたそうじゃないか、読んだことはないが。 本当の問題はどこにあるのかということだ。

ところで、この文庫版は増補されているようだが、孫崎さんはRCEPのことは書いたのだろうか。TPPには批判的なようだが。
1ヶ月前
×
>>6
笑 米

国だって日本の安い製品供給に恩恵を受けてインフレにもならずに世界で大きな顔して威張ることが出来たんだ。米国に何ら卑屈になることは無い。

自分の単なる中国コンプレックスに気が付かず、米国の三下を務めることに生きがいを感じるのはどういう倒錯なのか、笑うに笑えない。

一体どういう取引条件で親米を務めるのか?理解に苦しむ。
1ヶ月前
×
>>7
あなたにいちいち返答する気にあまりなりませんが、
①中国にコンプレックスをかんじてるのは、フレデイさんのほうだとおもいます。
➁何度も書きましたが、わたしは別に親米ではありません。
1ヶ月前
×
自民党の最大派閥は親中派とは清和会は親中派の派閥という認識なんですか?
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。