• このエントリーをはてなブックマークに追加
時々聞かれる「オミクロン株のコロナが危険でない」は間違った説明。安倍元首相もそれに類した発言。入院者数対感染者の比率は減っても入院絶対数は多い。米国入院者数は過去最大。死亡者数の山は二番目で、現在増加中。イギリスとイタリア、1日のコロナ死者400人超。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

時々聞かれる「オミクロン株のコロナが危険でない」は間違った説明。安倍元首相もそれに類した発言。入院者数対感染者の比率は減っても入院絶対数は多い。米国入院者数は過去最大。死亡者数の山は二番目で、現在増加中。イギリスとイタリア、1日のコロナ死者400人超。

2022-01-20 07:53
  • 12
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く
他2件のコメントを表示

安倍元首相の日刊ゲンダイでの発言には一理あると思えます。彼の発言を次のように訂正すれば私は100点満点を彼に提供したい。

「オミクロン株への注意は必要だが、重症化を防ぐ薬が多々発見され、素晴らしい効果を発揮している現状に鑑み、効き目が期待出来ないのみならず副作用が危険極まりないワクチン接種を直ちに中止しコロナを5類に変更し保健所独占をやめて医者に全面的に治療を委ねるべきだ」

もし、ダボス会議、グレートリセットを主導したビルゲイツがその手始めとして人工的にパンデミックを起こし、その後、mRNAを注射して、ワクチンパスポートを交付し、全人類をコンピュータで管理し、人口増加を抑えるという壮大なプランを今実行していることを知った上で、安倍氏が5類発言するのであれば、私は座布団一枚彼に上げても良いと思うのです。

No.3 4ヶ月前

反ワクチン地下活動をダイナミックに押しすめている米国の医者団のネットワークを私は毎日覗いてますが、その中の次の諸項目がとても鮮烈な印象を私に与えています。何故なら、コロナ怖い怖いを喧伝する日本のテレビからは絶対に聞こえて来ません。

1.コロナの致死率は低い。コロナに罹って死ぬ確率の高い人は4つ以上の持病を抱えている人だ。この人達には感染させないように周囲が注意することが肝要。

2.マスクはウイルス予防には効き目が全く無い。

3.コロナ感染予防には自然免疫力を高度に維持することが肝要。その為に少なくともビタミンDと亜鉛をサプリとして毎日服用すること。

4.仮に、コロナウイルスが体内にあっても、自覚症状が無い限り、他人に感染させることは無い。

No.4 4ヶ月前

> 安倍元首相が読売新聞のインタビューで...(オミクロン株は)危険性が低い印象を与えている。

二度も政権を投げ出した輩が、何故しょっちゅう しゃしゃり出てくるのか。おかしくないか。
孫崎さんが主要メディアでの発言を望まれても、ご専門分野の話題でさえ、今や叶わなくなっている状況である。理由はカンタンだ。権力側にとって都合が悪いからだ。
一方、証拠は無いが、恐らくアベの専門分野はウイルス感染症でない。この人物の辞書には、無知、無能、無法、無責任、仮病と同様、感染症の「か」の字も無いからだ。
では、何故 今尚ひょいひょいメディアに出てくるのか。権力側にとって都合がいい、換言すれば、権力側に都合よく喋らせることができるからだ。要はDSのパペットだ。これまでと同様、一般大衆は、アベの言葉からDSの意図を読み解く必要があるということだ。
逸早くオミクロン株が出た南アフリカの感染数は、昨年12月中旬のピーク後、一気に終息に向かったが、ここへきて死者数が急増している。当初の感染数急増と同じような動きが1ヶ月のタイムラグで死者数に出ている。
やはり、オミクロン株は猶予を長くした「時限爆弾」だ。放置すれば、いずれ爆発(スパイクタンパクの致命的増殖)して取り返しがつかなくなる。

>「オミクロン株のコロナが危険でない」

これは日本人大衆への攻撃を躊躇わないDSの罠ということだ。

No.6 4ヶ月前

>>4
 毎日覗いておられる「反ワクチン地下活動」をしている「米国の医者団」の名前をお教え下さい。

No.7 4ヶ月前

>>7
PATRICK GENTENPO
CHRISCHAN NOETHRUP
RASHID BUTTAR
JAMES NEUENSCHWANDER
PATRICIA NUEENSCHWANDER
CAMMY BENTON
CARRIE MADEJ
JENNIFER MARGULIS
PAUL THOMAS
ANDREW KAUFMAN
LAWRENCE MALEVSKY
LEE MERRITT
PETER OSBORNE
HENRY EALY
JUDY MIKOVITS
MARK SHERWOOD
AARON GROSSKOPF
ROBET BELL
PAUL BARATTIERO
DANIEL NUZUM
他8名
尚、彼らの講演活動を地下活動と称したのは、米国のジャーナリズム、出版界、悪名高いGAFA,及びAMAZONが反ワクチン運動を徹底的に締め出し弾圧しているからです。米国は中世期のあの暗黒時代にあるということです。日本の方々は米国が開かれた民主国家と思っているが、ヒットラーが独裁した第三帝国と同じ様相を呈していると私は観測してます。

No.8 4ヶ月前

>>8
上記の勇気ある医者たちをまとめオピニオン伝達を支援している人物はROBERT F.KENNEDY Jrです。団体活動のプロモーターは独立系ジャーナリストのJONATHAN OTTOです。

No.9 4ヶ月前

1月20日時事によると、<「反ワクチン」が産業に収益40億円、雇用も生み出すNGO>

米英拠点のNGO「デジタルヘイト対抗センター(CCDH)の調査によるとSNS上でワクチンに反対し誤情報を広げる中心的な12人は少なくとも計3,600万ドル(約40億円)の収益を上げている。雇用も生まれ、産業の体成してきた。こうした現象が根強くワクチン反対を広げている。
最も収益を上げたのはジョセフ・マーコラ医師で721万ドル(約8億円)、ロバート・F・ケネディ・ジュニアも活動家で294万ドル(約3.2億円)も稼いだ。
この12人はSNS上で影響力を持つ「インフルエンサー」で反ワクチン投稿の3分の2をこの12人が作成し、フォロアーは6、200万人で266人の雇用を生んでいる。
巨大IT企業にも広告収入など11億ドル(約1,200億円)の経済価値をもたらしていると計算できる。
CCDHはSNSが発信、動員、資金調達の戦略拠点になっていると指摘している。SNS企業が危険なデマの拡散に加担し利益を得ている。

No.10 4ヶ月前

>>10
時事ですか?

CHANGEさんを喜ばす記事を書く記者がこの時事には沢山居そうですね。勿論、ワクチン接種を拡大したい、例えば、ファイザーとかから時事が支援を受けていると観るのが通常なんですが、CHANGEさんにはその辺のメカニズムは分からないでしょうね。或いは分かりたくないとか心理が働くのではないでしょうか。

反ワクチンに回って来る金なんて小さい小さい。個人の献金ですよ。高がしれてますよ。ファイザーやモデルナのインチキ商売が手にする金の額は天文学的数字を超えてますよ。バイデンなんかを買収するなんて朝飯前です。

反ワクチンの正義の運動が功を奏して、英国のジョンソンはワクチンパスポートの野望を放棄しました。英国が降参したので、イスラエルも米国もmRNAを断念するでしょう。その確率は100%だと断言しましょう。

No.11 4ヶ月前

ワクチンによって得られる収入が多いから悪い奴、少ないから問題ないという論理はどこか狂っている。

ワクチンに反対であれば、多くの人から得られた寄付金は、ワクチンでなくなった方たちの支援に充てるべきでしょう。

No.12 4ヶ月前

>>12
面白いな、CHANGEさんは。正義、いや真実と言った方が適切か、を主張する人はおうおうにして経済に苦しむ。小林多喜二、親鸞等等々、托鉢を求めるしかない状況に追い込まれるものです。

ワクチンの副作用で亡くなった方を損害賠償はそのワクチンを推奨した政府の責任において償われるべきです。税金とは納税者、皆が償うと言うことになりますが。

収入が多いから悪い奴、なんてことは言ってませんが、貴殿の幻聴がそうさせてんのかな。

CHANGEさん、大丈夫?診てもらった方がよろしいんじゃないかな。

言葉尻を捉えるのは本意ではないが、亡くなった方達の支援、とはどういう意味ですか?天国に逝ってしまった方達にどう手を差し伸べるのでしょうか?

No.13 4ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。